ペントイルの効能・用量・副作用など

ペントイルの基本情報

アスピリン(サリチル酸系),ピリン系薬剤,アントラニル酸誘導体,アリール酢酸誘導体,アリールプロピオン酸誘導体,インドール酢酸誘導体,オキシカム系NSAIDなどを「酸性抗炎症薬」と呼ぶのに対し,ここで取り扱う薬剤を「塩基性抗炎症薬」と呼びます。塩基性抗炎症薬は,酸性抗炎症薬より抗炎症作用が少し弱いのですが,副作用も軽いといわれています。ただし,日本以外ではほとんど使用されていません。
なお,製剤名中のエモルファゾンは酸性抗炎症薬,塩基性抗炎症薬のいずれにも属さず,主としてブラディキニンという炎症発現に関与するホルモンを抑制することで効果を発揮すると考えられています。学会では「非酸性鎮痛消炎薬」と名付けていますが,本書では便宜上,塩基性抗炎症薬として分類しました。

処方薬/市販薬 処方薬/先発品
分類 解熱鎮痛薬>塩基性抗炎症剤>エモルファゾン
形状 錠剤
製造販売会社 サンド
保険薬価 錠剤100mg 1錠 7.80円
錠剤200mg 1錠 13.10円
同じ分類の薬 先発薬: メブロン  ソランタール    ジェネリック薬: セラピエース 

ペントイルの効果・効能

腰痛症,頸肩腕症候群の消炎・鎮痛/手術後,外傷後の消炎・鎮痛
[エピリゾールのみの適応症]関節症,神経痛,子宮付属器炎,歯髄炎,関節リウマチの消炎・鎮痛
[エピリゾール,エモルファゾンのみの適応症]会陰裂傷の消炎・鎮痛
[エピリゾール,チアラミド塩酸塩のみの適応症]膀胱炎,智歯(親知らず)周囲炎の消炎・鎮痛/抜歯後の消炎・鎮痛/急性上気道炎の鎮痛
[エモルファゾンのみの適応症]肩関節周囲炎,変形性関節症の消炎・鎮痛
[チアラミド塩酸塩のみの適応症]骨盤内炎症,軟産道損傷,乳房うっ積,帯状疱疹,多形滲出性紅斑,副睾丸炎,前眼部炎症の消炎・鎮痛

ペントイルの用法・用量

1回200mgを1日3回。

ペントイルの使用上の注意と副作用

基本的注意

*チアラミド塩酸塩(ソランタール)の添付文書による

(1)服用してはいけない場合……消化性潰瘍/重い血液異常・肝機能障害・腎機能障害/本剤の成分に対するアレルギーの前歴/アスピリンぜんそく,またはその前歴
(2)慎重に服用すべき場合……けいれん発作・消化性潰瘍・アレルギーの前歴/血液異常・肝機能障害・腎機能障害またはその前歴/気管支ぜんそく/高齢者
(3)その他……
・妊婦での安全性:未確立。有益と判断されたときのみ服用。
・授乳婦での安全性:原則として服用しない。やむを得ず服用するときは授乳を中止。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

(1)ショック,アナフィラキシー様症状(呼吸困難,じん麻疹,血管浮腫など)。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

ペントイルに効果効能が似た薬

ペントイルが気になる人向けのコラム

親知らずが生えたらどうすればいい? 抜いたほうがいい場合とは

大人になった頃、あごの一番奥に生えてくるいわゆる「親知らず」は、子どもの歯が生えてきたときのように喜ばれることもありません。反対に、「抜かなきゃいけないのか」と不安がられたり迷惑がられたりする始末。「腫れて痛い思いをした」とか「抜くのにひ... 続きを読む

乳がんのセルフチェックの仕方-自己検診で乳がんを早期発見

乳がんは自分で見て触って、かなり初期のうちに発見することができるがんです。これは、進行して自覚症状が出るまで気づきにくいほかのがんにはない利点。この利点を活かすには、定期的に自己検診を行うことが決め手です。ぜひ正しい自己検診の方法を身につ... 続きを読む

統合失調症ってどんな病気? 罹りやすい人の傾向があるって本当?

「統合失調症」という病名を聞いて、「どんな病気?」と首をひねる人は少なくないでしょう。実は、日本ではつい最近まで「精神分裂病」と呼ばれていました。この病名なら聞いたことがある人が多いと思いますが、ではどんな病気かと尋ねられたら、これまた首... 続きを読む

乳がんのリスクが高い人は? 15の危険因子|検診や検査方法

近年、日本での乳がん罹患率は急増し、毎年新しく6万人近い人が乳がんにかかっています。年齢別に見ると、乳がんの罹患率は30歳代後半から増え始めて40歳代に急増し、40歳代後半でピークに達します。続いて、50歳代、60歳代が乳がんにかかりやす... 続きを読む

乳がん早期発見のために-5つの危険因子と3つのセルフチェック

10月は「乳がん月間」です。乳がん啓発活動のシンボルマークである「ピンクリボン」を目にしたことがある人も多いでしょう。今年も全国各地で、乳がん検診の普及促進をはじめ、さまざまな啓発活動を行うピンクリボン運動が、患者団体や行政、企業などによ... 続きを読む