アザルフィジンENの効能・用量・副作用など

アザルフィジンENの基本情報

アザルフィジンEN錠500mg

アザルフィジンEN錠500mg

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


サルファ剤サルファ剤の誘導体なので,サルファ剤に対する注意が必要です。
本剤は,潰瘍性大腸炎の治療薬サラゾスルファピリジンとしても使われます。

処方薬/市販薬 処方薬/先発品
分類 リウマチ・痛風の薬>サラゾスルファピリジン>サラゾスルファピリジン
形状 錠剤
製造販売会社 ファイザー=参天
保険薬価 錠剤250mg 1錠 38.70円
錠剤500mg 1錠 65.60円
同じ分類の薬 先発薬: サラゾピリン  サラゾピリン坐剤    ジェネリック薬: スラマ  サフィルジンEN  ソアレジン 

アザルフィジンENの効果・効能

関節リウマチ

アザルフィジンENの用法・用量

1日1,000mgを2回に分けて服用。

アザルフィジンENの使用上の注意と副作用

基本的注意

*サラゾスルファピリジン(アザルフィジンEN)の添付文書による

(1)服用してはいけない場合……サルファ剤・サリチル酸製剤に対するアレルギーの前歴/新生児,低出生体重児
(2)慎重に服用すべき場合……血液障害/肝機能障害/腎機能障害/気管支ぜんそく/急性間欠性ポルフィリン症/グルコース-6-リン酸脱水素酵素(G-6-PD)欠乏の人/他の薬物に対するアレルギーの前歴/妊婦または妊娠している可能性のある人,授乳婦,高齢者
(3)服用法……本剤は腸で溶ける薬剤なので,噛んだり砕いたりせずに服用してください。
(4)定期検査……服用開始後最初の3カ月は2週間に1回,次の3カ月は4週間に1回,その後は3カ月ごとに1回の割合で,血液や肝機能・腎機能検査を定期的に受ける必要があります。
(5)皮膚などに着色……本剤の成分により皮膚や爪,尿・汗などの体液が黄色~黄赤色に着色することがあります。また,ソフトコンタクトレンズが着色することがあります。
(6)動物実験……ラットで甲状腺腫・甲状腺機能異常をおこすとの報告があります。
(7)日焼け……本剤服用中は日焼けしやすくなるので,強い直射日光は避けます。
(8)効果の発現……本剤は遅効性で,ふつう効果が現れるまでに1~2カ月かかります。あせらずに処方医の指示にしたがってください。
(9)その他……
・妊婦での安全性:原則として服用しない。
・授乳婦での安全性:原則として服用しない。やむを得ず服用するときは授乳を中止。
・小児での安全性:未確立。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

(1)再生不良性貧血,血小板減少,貧血,汎血球減少症,無顆粒球症,播種性血管内凝固症候群(DIC)。(2)皮膚粘膜眼症候群(スティブンス-ジョンソン症候群),中毒性表皮壊死融解症(TEN),紅皮症型薬疹。(3)間質性肺炎,PIE症候群,薬剤性肺炎,線維性肺胞炎(発熱,せき,呼吸困難など)。(4)急性腎不全,ネフローゼ症候群,間質性腎炎。(5)消化性潰瘍(出血,穿孔(せんこう)を伴うことがある),S状結腸穿孔。(6)意識障害,けいれんなどを伴う脳症。(7)伝染性単核球症様症状,過敏症症候群(発熱,発疹,感冒様症状,リンパ節の腫れなど)。(8)SLE(全身性エリテマトーデス)様症状(発熱,紅斑,筋肉痛,関節痛,リンパ節の腫れ,胸部痛など)。(9)無菌性髄膜炎(発熱,頭痛,悪心・嘔吐,意識混濁など)。(10)劇症肝炎,肝炎,肝機能障害,黄疸。(11)心膜炎,胸膜炎(呼吸困難,胸痛など)。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

アザルフィジンEN - PC

PCB  説明(別ウィンドウ表示)

アザルフィジンENが気になる人向けのコラム

空腹でないのに何か食べたくなる ニセ食欲を撃退する3つのコツ

空腹でないのにお腹がすくニセ食欲は、“お疲れ脳”のせい?!空腹とは関係なくお腹がすいたり、口さびしいのは自律神経やホルモンバランスの乱れが影響。撃退法を紹介します。 食事の時間や量に関係なくお腹がすくのはなぜ? 旬の果物に脂ののった... 続きを読む

胸の痛みから考えられる13の病気と対処法 緊急を要する症状は?

心臓や肺など、大きな臓器がある胸部。胸が痛くなると、大きな病気では?と不安になります。どんな痛みの時が危険なのか、受診する科についてまとめました。 どんな痛みか医師に説明できるとベスト 胸や胸の近くが痛い時に考えらえるのは、心臓や肺の... 続きを読む

指のこわばりは関節リウマチの初期症状かも? 早期発見が大事

起床時、手の指が曲げづらくありませんか?
この「朝のこわばり」は、関節リウマチの初期症状としてよく知られています。
関節リウマチとは、複数の関節に慢性的な炎症が起こり、関節が腫れたり、痛みが生じる病気です。症状がよくなったり悪くなっ... 続きを読む

関節リウマチ患者、女性は男性の4倍-専門医の早期診断が決め手

日本での関節リウマチの患者数は、70~100万人と推定され、30~50歳代で最も多く発症しています。10歳代や20歳代での発症もあります。女性に多く、男性の約4倍とみられています。
関節リウマチの原因は、まだ明らかではありませんが、自... 続きを読む

関節リウマチは30代の女性にも発症する? 進化した治療法とは

関節リウマチは、免疫の異常によって全身の関節に慢性的な炎症が起こる病気です。炎症によって腫れや痛みが生じ、放置すれば骨や軟骨が徐々に破壊されて変形することもあり、そうなると日常生活や仕事に支障を来します。
関節以外にも、呼吸器の病気や動... 続きを読む