アイデイトの効能・用量・副作用など

アイデイトの基本情報

他の痛風治療薬と違って,この項の薬剤は体内で尿酸が合成されるのを阻害して,高尿酸血症になるのを防ぎます。尿酸排泄薬のプロベネシドプロベネシドやベンズブロマロンベンズブロマロンと同様に,急性痛風発作がおさまるまでは使用してはいけません。

処方薬/市販薬 処方薬/ジェネリック
分類 リウマチ・痛風の薬>尿酸合成阻害薬(キサンチンオキシダーゼ阻害薬)>アロプリノール
形状 錠剤
製造販売会社 鶴原
保険薬価 錠剤50mg 1錠 6.00円
同じ分類の薬 先発薬: ザイロリック    ジェネリック薬: アロシトール  サロベール  リボール  アイデイト 

アイデイトの効果・効能

[アロプリノール]痛風,高尿酸血症を伴う高血圧症における高尿酸血症の是正
[フェブキソスタット,トピロキソスタット]痛風,高尿酸血症

アイデイトの用法・用量

1日200~300mgを2~3回に分けて服用。

アイデイトの使用上の注意と副作用

基本的注意

*アロプリノール(ザイロリック)の添付文書による

(1)服用してはいけない場合……本剤の成分に対するアレルギーの前歴
(2)慎重に服用すべき場合……肝疾患またはその前歴/腎機能障害/6-メルカプトプリン水和物・アザチオプリン・ペントスタチンの服用中/高齢者
(3)服用法……(1)本剤は,急性痛風発作がおさまってから服用を始めます。服用初期に,尿酸の移動により痛風発作が一時的に強くなることがあります。(2)服用中は水分を多めにとり,1日の尿量が2L以上になるようにしてください。
(4)その他……
・妊婦での安全性:有益と判断されたときのみ服用。
・授乳婦での安全性:原則として服用しない。やむを得ず服用するときは授乳を中止。
・小児での安全性:未確立。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

[アロプリノール](1)ショック,アナフィラキシー様症状(顔面蒼白,四肢冷感,血圧低下,チアノーゼ,呼吸困難など)。(2)皮膚粘膜眼症候群(スティブンス-ジョンソン症候群),中毒性表皮壊死融解症(TEN),剥脱(はくだつ)性皮膚炎,過敏症症候群,過敏性血管炎。(3)再生不良性貧血,無顆粒球症,汎血球減少,血小板減少。(4)腎不全,腎不全の悪化,間質性腎炎を含む腎機能障害。(5)間質性肺炎(発熱,せき,呼吸困難など)。(6)重い肝機能障害(劇症肝炎など),黄疸。(7)横紋筋(おうもんきん)融解症(筋肉痛,脱力感,手足に力が入らない,尿が赤褐色になるなど)。
[フェブキソスタット](1)肝機能障害。(2)過敏症(全身性皮疹,発疹など)。
[トピロキソスタット](1)肝機能障害。(2)多形紅斑。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

アイデイト - PC

PCC  説明(別ウィンドウ表示)

アイデイトが気になる人向けのコラム

2016‐2017年に流行するインフルエンザの特徴・症状・予防対策

今年もインフルエンザの季節がやってきました。 2016~2017年にかけて流行するインフルエンザの特徴と予防対策について、まとめました。 12月末から患者数が急増する見込み 年末に向けて、日に日に寒くなってくるこの時期に気をつけたいの... 続きを読む

インフルエンザと風邪の症状の違い|うがい・手洗い・マスク選びのコツ

具合が悪い時、「風邪かなと思っていたらインフルエンザだった」という経験ありませんか?
風邪とインフルエンザの違いと、インフルエンザから身を守る方法をご紹介します。 急に高熱がでるインフルエンザ 風邪とインフルエンザの違いは、いくつかあ... 続きを読む

O型の血液が誰にでも輸血できる理由- 型の違う輸血をするとどうなる?

性格や相性判断のためではない「血液型が大切な理由」。血液型は赤血球の表面の目印で決まり、Aの目印を持てばA型、BならB型、両方持っていればAB型、どちらも持たなければO型となります。 有名なABO血液型のほかにも実は数十種類もの血液型... 続きを読む

30歳以降の男性の30%は高尿酸血症‐痛風の症状や新薬治療

定期健診や人間ドックなどの血液検査のなかに、「尿酸値」という項目があるのをご存じですか。血液中に溶け出している尿酸という物質の量をみるものですが、男女とも血清1dl中に7mgを超える量が検出されると「高尿酸血症」と診断されます。日本では3... 続きを読む

発達障害とは? 症状や原因-子どもの1割弱は発達障害?

脳の発達が通常と違っているために起こる特性が発達障害。学校だと1クラスあたり2~3人の割合と身近な存在です。生まれつきの特性で「病気」とは異なり、その特性を家族や周囲がよく理解することが大切です。 症状の現れ方に個人差が大きい発達障害... 続きを読む