ミオナールの効能・用量・副作用など

ミオナールの基本情報

ミオナール錠50mg

ミオナール錠50mg

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


構造的には骨格筋弛緩薬の一つで,プリジノールメシル酸塩プリジノールメシル酸塩に近いものです。作用は中枢性と考えられています。
英米では,プリジノールメシル酸塩も本剤も使われていません。効果についての再評価が必要な薬と思われます。類似薬にエペリゾン塩酸塩があります。

処方薬/市販薬 処方薬/先発品
分類 肩こり・筋肉痛・腰痛の薬>トルペリゾン塩酸塩>エペリゾン塩酸塩
形状 顆粒剤
製造販売会社 エーザイ
保険薬価 顆粒剤10% 1g 44.50円
錠剤50mg 1錠 18.60円
同じ分類の薬 先発薬: ムスカルム    ジェネリック薬: ニチペリゾン  ベスノリン  アチネス  エペソ 

ミオナールの効果・効能

スモン,痙性脊髄麻痺,筋萎縮性側索硬化症,脊髄小脳変性症,頸部脊髄症,外傷後遺症(脊髄損傷,頭部外傷),術後後遺症による痙性麻痺/頸肩腕症候群,腰痛症による筋緊張状態の改善
[トルペリゾン塩酸塩のみの適応症]脳卒中後遺症,脳性麻痺,多発性硬化症,後縦靱帯(じんたい)骨化症による痙性麻痺/変形性脊椎症による筋緊張状態の改善
[エペリゾン塩酸塩のみの適応症]脳血管障害,脳性小児麻痺,脊髄血管障害,その他の脳脊髄疾患による痙性麻痺/肩関節周囲炎による筋緊張状態の改善

ミオナールの用法・用量

1日150mg(顆粒剤は1.5g)を3回に分けて服用。

ミオナールの使用上の注意と副作用

基本的注意

*トルペリゾン塩酸塩(ムスカルム),エペリゾン塩酸塩(ミオナール)の添付文書による

(1)服用してはいけない場合……本剤の成分に対するアレルギーの前歴
(2)慎重に服用すべき場合……薬物過敏症の前歴/肝機能障害
(3)危険作業は中止……脱力感,眠け,ふらつきなどが現れることがあるので,服用中は自動車の運転など危険を伴う機械の操作は行わないようにしてください。
(4)その他……
・妊婦での安全性:未確立。有益と判断されたときのみ服用。
・授乳婦での安全性:原則として服用しない。やむを得ず服用するときは授乳を中止。
・小児での安全性:[エペリゾン塩酸塩]未確立。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

(1)ショック,アナフィラキシー様症状(発赤,かゆみ,じん麻疹,顔面などのむくみ,呼吸困難など)。
(2)[トルペリゾン塩酸塩]胸内苦悶,呼吸障害。
(3)[エペリゾン塩酸塩]皮膚粘膜眼症候群(スティブンス-ジョンソン症候群),中毒性表皮壊死融解症(TEN)。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

ミオナールに効果効能が似た薬

ミオナールが気になる人向けのコラム

【スマホうつ】になりやすいスマホの使い方 ワースト3

最近、イライラしたり、原因のわからない不安感が続くといったココロの不調がありませんか?
あなたがスマホユーザーで、1日2時間以上スマホをいじっているなら、それは「スマホうつ」かもしれません。 首のコリからくる「スマホうつ」 「スマホ... 続きを読む

その症状、自律神経失調症かも? 主な症状と自律神経を整える方法

急に動悸がしたり、なんとなくだるかったり。原因はわからないけど、不定愁訴が多くなってきたら、自律神経失調症を疑ってみた方がいいかもしれません。 生理機能がうまく操作できない
自律神経失調症とは 私たちの体に備わっている自律神経は、体を無... 続きを読む

風邪のひき始めの薬は効果なし? 薬剤師が教える薬を飲むことの危険性

薬を飲めば飲むほど
病気に弱い体になっていく? 「薬の目的は症状を一時的に抑えること。治すものではありません」と話すのは、薬剤師の宇多川久美子さん。ちょっと具合が悪いからと“カジュアルに飲んでいる”と、深刻な不調を引き起こすこともある... 続きを読む

お腹が痛い!どこがどんな風に痛い? 痛む場所から疑われる病気をイラストで解説

「腹痛」といっても、痛みの種類や痛む場所によって原因はさまざま。ときには、その腹痛が病気の前兆の場合もあります。腹痛で疑われる病気をまとめてご紹介します。 腹痛から原因の病気が特定できる 腹部は、体の中心で重要な臓器が集まっている場所... 続きを読む

この症状、もしかしたら脳卒中?まずは正しい知識を身につけて

脳卒中が大部分を占める脳血管疾患の患者数は、約134万人(厚生労働省2008年患者調査)。がん、心疾患に次いで、日本人の死因の第3位を占め、年間約12.8万人(厚生労働省2008年人口動態統計)が亡くなっています。高齢者のますますの増加、... 続きを読む