セルシンの効能・用量・副作用など

セルシンの基本情報

セルシン錠2mg

セルシン錠2mg

セルシン錠5mg

セルシン錠5mg

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


精神安定薬を処方されると,自分はノイローゼではないと考え,服用しない人がいます。しかし,ベンゾジアゼピン系の薬剤には精神安定化作用のほかに,病人が気づかない緊張感を和らげたり,自律神経を安定させたりする作用があります。自分の判断で勝手に服用を中止したりしてはいけません。
人によっては眠けが強く出ることがありますが,眠けが少ない製剤もあるので処方医と相談してください。また,アルコールとの併用は効果が増強されたりするので避けてください。

処方薬/市販薬 処方薬/先発品
分類 精神安定薬>ベンゾジアゼピン系安定薬>ジアゼパム/長期作用型
形状 散剤
製造販売会社 武田
保険薬価 散剤1% 1g 17.30円
錠剤2mg 1錠 5.90円
錠剤5mg 1錠 9.20円
錠剤10mg 1錠 18.00円
シロップ剤0.1% 1mL 17.60円
同じ分類の薬 先発薬: コンスタン  ソラナックス    ジェネリック薬: カームダン  メデポリン  アルプラゾラム 

セルシンの効果・効能

心身症(消化器疾患,循環器疾患,心臓神経症,内分泌系疾患,更年期障害,腰痛症,頸肩腕症候群,自律神経失調症)における身体症候ならびに不安・緊張・焦躁・抑うつ・睡眠障害など(クロラゼプ酸2カリウム,トフィソパムを除く)/神経症における不安・緊張・抑うつ・神経衰弱・強迫・恐怖・睡眠障害など(トフィソパム,クロチアゼパム,フルタゾラム,アルプラゾラム,フルジアゼパムを除く)
[エチゾラム,ブロマゼパム,クロルジアゼポキシド,ジアゼパムのみ]うつ病における不安・緊張・睡眠障害
[クロチアゼパム,ブロマゼパム,クロキサゾラム,ジアゼパム,オキサゾラムのみ]麻酔前投薬,術前の不安除去
[エチゾラムのみ]統合失調症における睡眠障害/頸椎症・腰痛症・筋収縮性頭痛における不安・緊張・抑うつ・筋緊張
[クロチアゼパムのみ]自律神経失調症におけるめまい・肩こり・食欲不振
[ジアゼパムのみ]脳脊髄疾患に伴う筋けいれん・疼痛
[トフィソパムのみ]以下の疾患における頭痛・頭重,倦怠感,心悸亢進,発汗などの自律神経症状→自律神経失調症,頭部・頸部損傷,更年期障害・卵巣欠落症状

セルシンの用法・用量

神経症,うつ病,心身症:1回2~5mg(シロップ 2~5mL)を1日2~4回。小児は処方医の指示通りに。筋けいれん患者:1回2~10mgを1日3~4回。

セルシンの使用上の注意と副作用

基本的注意

*エチゾラム(デパス),ジアゼパム(セルシン)の添付文書による

(1)服用してはいけない場合……急性狭隅角緑内障/重症筋無力症
[ジアゼパム]リトナビルエイズ治療薬(2)の服用中
(2)慎重に服用すべき場合……心機能障害/肝機能障害,腎機能障害/脳の器質的障害/中等度の呼吸障害または重い呼吸障害(呼吸不全)/小児,高齢者,衰弱している人
(3)依存性……作用持続型の製剤(フルトプラゼパム,ロフラゼプ酸エチル,プラゼパム)も出現していますが,依存性には特に注意してください。
(4)アルコール(飲酒)……アルコールと併用すると,精神機能, 知覚・運動機能の低下をおこすおそれがあるので,服用するときはできるだけ飲酒を控えてください。
(5)危険作業は中止……本剤を服用すると,眠け,注意力・集中力・反射運動能力などの低下がおこることがあります。服用中は,自動車の運転など危険を伴う機械の操作は行わないようにしてください。
(6)その他……
・妊婦での安全性:有益と判断されたときのみ服用。
・授乳婦での安全性:原則として服用しない。やむを得ず服用するときは授乳を中止。
・小児での安全性:未確立。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

(1)薬物依存,服用量の急激な減少や服用中止による離脱症状(けいれん発作,せん妄,ふるえ,不眠,不安,幻覚,妄想など)。(2)呼吸抑制。
[エチゾラムのみ](3)本剤の服用,本剤の急激な減量・中止,抗精神病薬などとの併用による悪性症候群(発熱,強度の筋強剛,嚥下(えんげ)困難,頻脈,血圧の変動,発汗など)。(4)肝機能障害,黄疸。(5)横紋筋融解症(筋肉痛,脱力感など)。(6)間質性肺炎(発熱,せき,呼吸困難など)。
[ジアゼパムのみ](7)(統合失調症などの精神障害での服用で)刺激興奮,錯乱。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

セルシン - PC

PCD  説明(別ウィンドウ表示)

セルシンに効果効能が似た薬

セルシンが気になる人向けのコラム

ナイナイ岡村や武田鉄矢が経験した「うつ病」って?【芸能人の健康まとめ】

うつ病の病歴を公表している芸能人にはナインティナイン・岡村隆史さん、武田鉄矢さん、丸岡いずみさん、ユースケ・サンタマリアさんがいます。 さてこの「うつ病」ってどんな病気なんでしょう? うつ病は、まだわからないことが多い病気です。脳の... 続きを読む

その症状、自律神経失調症かも? 主な症状と自律神経を整える方法

急に動悸がしたり、なんとなくだるかったり。原因はわからないけど、不定愁訴が多くなってきたら、自律神経失調症を疑ってみた方がいいかもしれません。 生理機能がうまく操作できない
自律神経失調症とは 私たちの体に備わっている自律神経は、体を無... 続きを読む

お腹が痛い!どこがどんな風に痛い? 痛む場所から疑われる病気をイラストで解説

「腹痛」といっても、痛みの種類や痛む場所によって原因はさまざま。ときには、その腹痛が病気の前兆の場合もあります。腹痛で疑われる病気をまとめてご紹介します。 腹痛から原因の病気が特定できる 腹部は、体の中心で重要な臓器が集まっている場所... 続きを読む

精神的な落ち着きや血圧低下も?チョコレートの意外な効能

チョコレートに含まれるカカオポリフェノールには、美白効果や動脈硬化の予防など、体に良いはたらきがあることが知られています。その効果を検証する大規模な実証研究が行われ、チョコレートの健康効果が明らかになりました。 血圧低下や善玉コレステ... 続きを読む

薬は緑茶で飲んでも大丈夫? やっちゃいけない薬との飲み合わせは?

薬と食品の飲み合わせには注意が必要なものがあります。特定の飲み物と一緒に飲むと、効果が弱くなったり強くなったり副作用を引き起こすものもあるので注意しましょう。 薬を液体と一緒に飲むのは粘膜の保護のため そもそも、飲み薬はなぜ、そのまま... 続きを読む