ジアゼパムの効能・用量・副作用など

ジアゼパムの基本情報

精神安定薬を処方されると,自分はノイローゼではないと考え,服用しない人がいます。しかし,ベンゾジアゼピン系の薬剤には精神安定化作用のほかに,病人が気づかない緊張感を和らげたり,自律神経を安定させたりする作用があります。自分の判断で勝手に服用を中止したりしてはいけません。
人によっては眠けが強く出ることがありますが,眠けが少ない製剤もあるので処方医と相談してください。また,アルコールとの併用は効果が増強されたりするので避けてください。

処方薬/市販薬 処方薬/ジェネリック
分類 精神安定薬>ベンゾジアゼピン系安定薬>ジアゼパム/長期作用型
形状 錠剤
製造販売会社 東和
保険薬価 錠剤2mg 1錠 5.60円
錠剤5mg 1錠 5.60円
同じ分類の薬 先発薬: コンスタン  ソラナックス    ジェネリック薬: カームダン  メデポリン  アルプラゾラム 

ジアゼパムの効果・効能

心身症(消化器疾患,循環器疾患,心臓神経症,内分泌系疾患,更年期障害,腰痛症,頸肩腕症候群,自律神経失調症)における身体症候ならびに不安・緊張・焦躁・抑うつ・睡眠障害など(クロラゼプ酸2カリウム,トフィソパムを除く)/神経症における不安・緊張・抑うつ・神経衰弱・強迫・恐怖・睡眠障害など(トフィソパム,クロチアゼパム,フルタゾラム,アルプラゾラム,フルジアゼパムを除く)
[エチゾラム,ブロマゼパム,クロルジアゼポキシド,ジアゼパムのみ]うつ病における不安・緊張・睡眠障害
[クロチアゼパム,ブロマゼパム,クロキサゾラム,ジアゼパム,オキサゾラムのみ]麻酔前投薬,術前の不安除去
[エチゾラムのみ]統合失調症における睡眠障害/頸椎症・腰痛症・筋収縮性頭痛における不安・緊張・抑うつ・筋緊張
[クロチアゼパムのみ]自律神経失調症におけるめまい・肩こり・食欲不振
[ジアゼパムのみ]脳脊髄疾患に伴う筋けいれん・疼痛
[トフィソパムのみ]以下の疾患における頭痛・頭重,倦怠感,心悸亢進,発汗などの自律神経症状→自律神経失調症,頭部・頸部損傷,更年期障害・卵巣欠落症状

ジアゼパムの用法・用量

神経症,うつ病,心身症:1回2~5mg(シロップ 2~5mL)を1日2~4回。小児は処方医の指示通りに。筋けいれん患者:1回2~10mgを1日3~4回。

ジアゼパムの使用上の注意と副作用

基本的注意

*エチゾラム(デパス),ジアゼパム(セルシン)の添付文書による

(1)服用してはいけない場合……急性狭隅角緑内障/重症筋無力症
[ジアゼパム]リトナビルエイズ治療薬(2)の服用中
(2)慎重に服用すべき場合……心機能障害/肝機能障害,腎機能障害/脳の器質的障害/中等度の呼吸障害または重い呼吸障害(呼吸不全)/小児,高齢者,衰弱している人
(3)依存性……作用持続型の製剤(フルトプラゼパム,ロフラゼプ酸エチル,プラゼパム)も出現していますが,依存性には特に注意してください。
(4)アルコール(飲酒)……アルコールと併用すると,精神機能, 知覚・運動機能の低下をおこすおそれがあるので,服用するときはできるだけ飲酒を控えてください。
(5)危険作業は中止……本剤を服用すると,眠け,注意力・集中力・反射運動能力などの低下がおこることがあります。服用中は,自動車の運転など危険を伴う機械の操作は行わないようにしてください。
(6)その他……
・妊婦での安全性:有益と判断されたときのみ服用。
・授乳婦での安全性:原則として服用しない。やむを得ず服用するときは授乳を中止。
・小児での安全性:未確立。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

(1)薬物依存,服用量の急激な減少や服用中止による離脱症状(けいれん発作,せん妄,ふるえ,不眠,不安,幻覚,妄想など)。(2)呼吸抑制。
[エチゾラムのみ](3)本剤の服用,本剤の急激な減量・中止,抗精神病薬などとの併用による悪性症候群(発熱,強度の筋強剛,嚥下(えんげ)困難,頻脈,血圧の変動,発汗など)。(4)肝機能障害,黄疸。(5)横紋筋融解症(筋肉痛,脱力感など)。(6)間質性肺炎(発熱,せき,呼吸困難など)。
[ジアゼパムのみ](7)(統合失調症などの精神障害での服用で)刺激興奮,錯乱。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

ジアゼパム - PC

PCD  説明(別ウィンドウ表示)

ジアゼパムに効果効能が似た薬

ジアゼパムが気になる人向けのコラム

【髪がきれいな人の習慣10選】白髪、薄毛、パサつきを手軽にレスキュー

こんな髪の悩み、あなたの生活習慣が原因です!
「髪の美しさは、加齢とともに失われると思っている人が多いのですが、原因は別にもあります」と、アンチエイジングドクターの日比野佐和子先生。 「実は整髪剤をつけたまま寝てしまうなど、日々のケ... 続きを読む

顔筋トレはシワを増やす? シワを増やさない表情筋トレーニングのコツ

顔の筋肉は皮膚にくっついているため、むやみに動かすとシワが増加してしまいます。シワにならないケア方法を伝授!ポイントは数を重ねるより、じっくり数回行うこと! 顔の筋肉を刺激しすぎるとシワを増やすことに 体の筋肉と同様に、顔の筋肉もたく... 続きを読む

広汎性発達障害(PDD)とは? 特徴や症状‐何歳から診断できる?

脳の障害である広汎性(こうはんせい)発達障害。いちはやく気づくことで、その人の特性を生かした環境作りや、苦手なことへの対処法を身につけるなどして、生活上で困難なことを解消できます。症状の特徴や診断方法をまとめました。 コミュニケーショ... 続きを読む

発達障害の“二次障害”とは? 周囲の理解不足からなる障害の予防法

二次障害とは、周囲に理解されないために不適切な対応が積み重なることにより、さらに別の障害が起きてしまうもの。二次障害が起こると、発達障害の療育も、より難しいものになっていきます。どんな障害が起こるのか、その予防法をまとめました。 自分に... 続きを読む

チック症と発達障害の関係とは? てんかんとの違い|症状や原因

咳払いや肩をすくめることが繰り返し起こるチック症。チック症と似た症状がてんかんにもありますが、この2つの原因は異なります。症状や違いをまとめました。 チック症が慢性化しているとトゥーレット症候群と診断 4~11歳頃に発症することが多い... 続きを読む