レグナイトの効能・用量・副作用など

レグナイトの基本情報

今までの抗てんかん薬とは異なる新しい作用機序(詳しいことはまだ解明されていません)をもつ抗てんかん薬です。
抗けいれん薬には,三叉(さんさ)神経痛に対する適応が認められているカルバマゼピンカルバマゼピンのように,消炎鎮痛薬では効かない慢性疼痛に効果があり,ガバペンチンも海外では,帯状疱疹後神経痛やさまざまな神経因性疼痛(慢性疼痛)に用いられています。
ガバペンチン エナカルビルはガバペンチンのプロドラッグで,服用すると生体内で直ちにガバペンチンに変換されるように設計されている薬です。適応はてんかんではなく, 一般に「むずむず脚症候群」と呼ばれているレストレスレッグス症候群です。

処方薬/市販薬 処方薬/先発品
分類 けいれん・てんかんの薬>ガバペンチン>ガバペンチン エナカルビル
形状 錠剤
製造販売会社 アステラス
保険薬価 錠剤300mg 1錠 101.30円
同じ分類の薬 先発薬: ガバペン   

レグナイトの効果・効能

[ガバペンチン]他の抗てんかん薬で十分な効果が認められないてんかん患者の部分発作(二次性全般化発作を含む)に対する抗てんかん薬との併用療法
[ガバペンチン エナカルビル]中等度から高度の特発性レストレスレッグス症候群(下肢静止不能症候群)

レグナイトの用法・用量

1日1回600mgを夕食後に服用。

レグナイトの使用上の注意と副作用

基本的注意

*ガバペンチン(ガバペン)の添付文書による

(1)服用してはいけない場合……本剤の成分に対する過敏症の前歴
[ガバペンチン エナカルビルのみ]重い腎機能障害(クレアチニンクリアランス30mL/分未満)
(2)慎重に服用すべき場合……腎機能障害/高齢者
(3)肥満……本剤を服用すると体重が増加することがあります。肥満に注意し,肥満の徴候が現れた場合は処方医に連絡し,食事療法,運動療法などによって肥満を解消してください。
(4)急な減量・中止……本剤を連用中に服用量を急激に減らしたり中止したりすると,てんかん発作の増悪またはてんかん重積状態が現れることがあります。自己判断で減量や中止をしないようにしてください。
(5)危険作業は中止……本剤を服用すると,眠け,注意力・集中力・反射運動能力などの低下がおこることがあります。服用中は,自動車の運転など危険を伴う機械の操作は行わないようにしてください。
(6)その他……
・妊婦での安全性:有益と判断されたときのみ服用。
・授乳婦での安全性:服用するときは授乳を中止。
・3歳未満の小児での安全性:未確立。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

(1)急性腎不全。(2)皮膚粘膜眼症候群(スティブンス-ジョンソン症候群)。(3)薬剤性過敏症症候群(発疹,発熱,肝機能障害などの臓器障害,リンパ節腫脹,白血球増加,好酸球増多,異型リンパ球出現など)。(4)肝炎,肝機能障害,黄疸。(5)横紋筋融解症(筋肉痛,脱力感など)。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

レグナイト - PC

PCC  説明(別ウィンドウ表示)

レグナイトに効果効能が似た薬

レグナイトが気になる人向けのコラム

意外と身近なてんかん(癲癇)とはどんな病気

てんかん(癲癇)てどんな病気
てんかんとは、突然意識を失い痙攣を引き起こす怖い病気であると誤解されることの多いてんかん(癲癇)ですが、その症状や程度は人によりさまざまで、必ずしも痙攣や意識消失を伴うわけではありません。


現在、... 続きを読む

脂肪吸引なら部分ダイエットが可能

脂肪吸引
脂肪吸引は美容外科で行っている脂肪細胞を除去する医療行為です。
代表的な脂肪吸引の方法として、ウェットメソッドと呼ばれるものがあります。これは、脂肪細胞に薬剤を注入し、脂肪細胞をふやかして柔らかくした上で、カニューレと呼ばれ... 続きを読む

がん患者数No.2の“大腸がん”を徹底追及

男女ともに増えているがん"大腸がん”
日本でかかる人が増えているがんは、「大腸がん」です。食生活が欧米化し、脂肪や蛋白の摂りすぎ、食物繊維の不足などが原因と考えられています。


日本人では、1万5000〜1万7000人に1人発症... 続きを読む

寝ているときに起こる脚のムズムズ-治療法や受診する病院は?

太ももやふくらはぎなど脚の奥のほうに、まるで虫がはい回っているような「むずがゆさ」や「ピリピリ感」があって、じっとしていられない、一晩中眠れなかった――などという症状を訴える患者さんが、この数年で目立つようになってきました。不眠を訴えて睡... 続きを読む

乱れがちな生活のリズム-体内時計を整える5つのテクニック

私たちの体には、意識しなくてもきまった周期で体の働きを変動させる「生体リズム」が備わっています。たとえば夜暗くなると眠くなり、朝になると目が覚める24時間周期の睡眠・覚醒のリズム、レム睡眠とノンレム睡眠を約90分周期でくり返す睡眠のリズム... 続きを読む