トピナの効能・用量・副作用など

トピナの基本情報

本剤の単独服用は認められていません。必ず他のてんかん薬と併用して処方されます。

処方薬/市販薬 処方薬/先発品
分類 けいれん・てんかんの薬>トピラマート>トピラマート
形状 錠剤
製造販売会社 協和キリン
保険薬価 錠剤25mg 1錠 63.90円
錠剤50mg 1錠 105.60円
錠剤100mg 1錠 172.40円
細粒剤10% 1g 191.90円

トピナの効果・効能

他の抗てんかん薬で十分な効果が認められないてんかん患者の部分発作 (二次性全般化発作を含む)に対する抗てんかん薬との併用療法

トピナの用法・用量

1回50mgを1日1~2回の服用で開始。徐々に増量し,1日200~400mgを2回に分けて服用。1日最大600mg。

トピナの使用上の注意と副作用

基本的注意

(1)服用してはいけない場合……本剤の成分に対するアレルギーの前歴
(2)慎重に服用すべき場合……閉塞隅角緑内障/アシドーシスの素因を持つ,またはアシドーシスを来しやすい治療を受けている人/腎機能障害・肝機能障害/うつ病で自殺企図の前歴,自殺念慮のある人
(3)急な減量・中止……本剤を連用中に服用量を急激に減らしたり中止したりすると,てんかん発作の頻度が増加する可能性があります。自己判断で減量や中止をしないようにしてください。
(4)水分を十分に……(1)本剤を服用すると腎・尿路結石が現れることがあるので,結石を生じやすい人は十分に水分を摂取し,腹痛などがおこったらすぐに処方医に連絡してください。(2)また,発汗が減少することがあります。特に夏季に体温が上昇することがあるので,高温環境下をできるだけ避けるようにしてください。あらかじめ水分を補給しておくと症状が緩和される可能性があります。発汗減少,体温上昇などの症状が現れたらすぐに処方医に連絡してください。
(5)体重減少……本剤の服用中,特に長期服用時に体重が減少することがあります。定期的に体重を計測し,減少が認められた場合はすぐに処方医に連絡してください。
(6)セイヨウオトギリソウ(セント・ジョーンズ・ワート)含有食品……本剤を服用しているときは摂取してはいけません。本剤の代謝が促進され,血中濃度が低下するおそれがあります。
(7)危険作業は中止……本剤を服用すると,眠け,注意力・集中力・反射運動能力などの低下がおこることがあります。服用中は,自動車の運転など危険を伴う機械の操作は行わないようにしてください。
(8)その他……
・妊婦での安全性:有益と判断されたときのみ服用。
・授乳婦での安全性:服用するときは授乳を中止。
・小児での安全性:未確立。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

(1)続発性閉塞隅角緑内障およびそれに伴う急性近視。(2)腎・尿路結石。(3)代謝性アシドーシス(過換気,不整脈,昏睡など)。(4)乏汗症(発汗減少)およびそれに伴う高熱。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

トピナ - PC

PCC  説明(別ウィンドウ表示)

トピナに効果効能が似た薬

トピナが気になる人向けのコラム

砂糖の摂りすぎが健康を害する、砂糖依存に注意! 5つの脱砂糖テク

甘くて美味しい砂糖が実は、とても依存性が高いと言われていることをご存知ですか? 砂糖依存になるとどんな影響が体にあるのか、また砂糖依存になる人が多いアメリカで開発された、無理なく砂糖から卒業できる5つの方法をご紹介します! 砂糖は快楽... 続きを読む

チック症と発達障害の関係とは? てんかんとの違い|症状や原因

咳払いや肩をすくめることが繰り返し起こるチック症。チック症と似た症状がてんかんにもありますが、この2つの原因は異なります。症状や違いをまとめました。 チック症が慢性化しているとトゥーレット症候群と診断 4~11歳頃に発症することが多い... 続きを読む

寝ているときに起こる脚のムズムズ-治療法や受診する病院は?

太ももやふくらはぎなど脚の奥のほうに、まるで虫がはい回っているような「むずがゆさ」や「ピリピリ感」があって、じっとしていられない、一晩中眠れなかった――などという症状を訴える患者さんが、この数年で目立つようになってきました。不眠を訴えて睡... 続きを読む

早めの妊活がおすすめの人とは-妊娠のためにしたほうがいい事

子どものいる人生を思い描くカップルにとって「いつ子どもを産むか」はとても重要なことです。一般的に、30歳頃には一人目を出産するように計画したほうが有利です(「高齢妊娠、高齢出産のデメリットとメリット」参照)。
不妊治療で排卵誘発剤の反... 続きを読む

食べすぎ・飲みすぎに効くツボ-胃腸にいいツボをイラストで解説

クリスマスに忘年会、お正月、新年会と楽しい行事が続く年末年始は、つい食べすぎ飲みすぎで胃腸に負担をかけてしまいがち。
おいしく食べられることは健康な証拠ですが、胃の疲れや食欲不振といった未病(病気までいかないけれど不調を感じている状態)... 続きを読む