イーケプラの効能・用量・副作用など

イーケプラの基本情報

イーケプラ錠500mg

イーケプラ錠500mg

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


すでに70カ国以上の国で承認または販売されている,新しい抗てんかん薬です。肝臓で代謝されずに排泄されるため,他の薬剤の影響を受けないことから,併用療法をしていくうえで使いやすく,他の抗てんかん薬にみられることのある認知機能低下が少ない薬です。欧米では,成人てんかん患者の部分発作に対する併用療法においては標準的な治療薬とされています。

処方薬/市販薬 処方薬/先発品
分類 けいれん・てんかんの薬>レベチラセタム>レベチラセタム
形状 錠剤
製造販売会社 UCB=大塚
保険薬価 錠剤250mg 1錠 145.50円
錠剤500mg 1錠 237.60円
同じ分類の薬 先発薬: イーケプラドライシロップ   

イーケプラの効果・効能

他の抗てんかん薬で十分な効果が認められない,てんかん患者の部分発作(二次性全般化発作を含む)に対する抗てんかん薬との併用療法

イーケプラの用法・用量

1日1,000~3,000mg(ドライシロップ2~6g)を2回に分けて服用。小児は体重・症状により1日20~60mg/kg(50kg以上は大人用量)を2回に分けて服用。

イーケプラの使用上の注意と副作用

基本的注意

(1)服用してはいけない場合……本剤の成分またはピロリドン誘導体に対するアレルギーの前歴
(2)慎重に服用すべき場合……腎機能障害/重い肝機能障害/高齢者
(3)精神症状に注意……本剤を服用すると,易刺激性,錯乱,焦燥,興奮,攻撃性などの精神症状が現れ,自殺企図に至ることもあります。患者および家族はそのリスクについて十分な説明を受け,服用中は処方医と緊密に連絡を取り合うことが必要です。
(4)急激な減量・中止……本剤の連用中に服用量を急激に減らしたり,服用を中止したりすると,てんかん発作の増悪またはてんかん重積状態が現れることがあります。自己判断で減量や中止をしないようにしてください。
(5)危険作業は中止……本剤を服用すると,眠け,注意力・集中力・反射運動能力などの低下がおこることがあります。服用中は,自動車の運転など危険を伴う機械の操作は行わないようにしてください。
(6)その他……
・妊婦での安全性:有益と判断されたときのみ服用。
・授乳婦での安全性:服用するときは授乳を中止。
・小児での安全性:未確立。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

(1)皮膚粘膜眼症候群(スティブンス‐ジョンソン症候群),中毒性表皮壊死融解症(TEN)。(2)重い血液障害(汎血球減少,白血球減少,好中球減少,血小板減少)。(3)肝不全,肝炎などの重い肝機能障害。(4)膵炎(激しい腹痛や発熱,吐きけ・嘔吐など)。(5)精神症状(易刺激性,錯乱,焦燥,興奮,攻撃性など),自殺企図。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

イーケプラ - PC

PCC  説明(別ウィンドウ表示)

イーケプラが気になる人向けのコラム

認知症の治療に効果的な方法とは-予防するための10の習慣

認知症といえば、本人の記憶力をはじめとする認知機能の変化に気をとられがちです。これに対して最近では、本人の心身の状態から生活の質(QOL)全体を見据えた対応、さらには本人だけでなく介護者をはじめとする家族のQOLまで含めた対応が重要視され... 続きを読む

チック症と発達障害の関係とは? てんかんとの違い|症状や原因

咳払いや肩をすくめることが繰り返し起こるチック症。チック症と似た症状がてんかんにもありますが、この2つの原因は異なります。症状や違いをまとめました。 チック症が慢性化しているとトゥーレット症候群と診断 4~11歳頃に発症することが多い... 続きを読む

年齢ごとに異なる理想的な睡眠時間は? 昼寝は健康にいい?

私たちは睡眠によって脳や体の疲れを回復させています。睡眠時間が不足したり、時間は足りていても深い眠りが得られないような場合、生活習慣病やうつ病などにつながることがわかってきました。
一言で「理想的な睡眠」といっても、人によって、また世... 続きを読む

その痛み【うつ病】が原因かも?4つのチェックポイントで確認

頭痛、便秘、肩こり、吐き気、動悸、体重減少、腹痛、腰痛、下痢、背部痛、しびれ、筋肉痛、胸痛、歯痛、呼吸困難……これはうつ病によって引き起こされる、身体症状の一部です。 うつ病によって、痛みをはじめ、これほどさまざまな身体症状が現れること... 続きを読む

寝ているときに起こる脚のムズムズ-治療法や受診する病院は?

太ももやふくらはぎなど脚の奥のほうに、まるで虫がはい回っているような「むずがゆさ」や「ピリピリ感」があって、じっとしていられない、一晩中眠れなかった――などという症状を訴える患者さんが、この数年で目立つようになってきました。不眠を訴えて睡... 続きを読む