ジプレキサの効能・用量・副作用など

ジプレキサの基本情報

ジプレキサ錠2.5mg

ジプレキサ錠2.5mg

ジプレキサ錠5mg

ジプレキサ錠5mg

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


統合失調症における妄想・幻覚などの陽性反応と,感情的引きこもり・自閉などの陰性反応の両方に改善効果を示します。
なお,クロザピンは服用禁忌や使用上の注意などが多い薬剤のため,他の治療では効果がない場合に限り,厚労省が認定した医療機関でのみ使用されます(「警告」を参照)。本項目では,主にオランザピンを中心に解説しています。

処方薬/市販薬 処方薬/先発品
分類 統合失調症の薬>ベンゾジアゼピン系抗精神病薬>オランザピン
形状 細粒剤
製造販売会社 イーライリリー
保険薬価 細粒剤1% 1g 472.20円
錠剤2.5mg 1錠 138.30円
錠剤5mg 1錠 258.50円
錠剤10mg 1錠 489.90円
同じ分類の薬 先発薬: ジプレキサザイディス  クロザリル   

ジプレキサの効果・効能

[オランザピン]統合失調症,双極性障害における躁(そう)症状・うつ症状の改善
[クロザピン]他の抗精神病薬治療に抵抗性を示す統合失調症(治療抵抗性統合失調症)

ジプレキサの用法・用量

統合失調症:5~20mgを1日1回。双極性障害における躁症状の改善:10~20mgを1日1回。

ジプレキサの使用上の注意と副作用

警告

[オランザピン]本剤の服用によって,著しい血糖値の上昇から糖尿病性ケトアシドーシス,糖尿病性昏睡などの重い副作用がおこり,死に至る場合があります。服用中は血糖値の測定とともに,口渇,多飲,多尿,頻尿など血糖値の上昇が疑われる症状が現れたら,ただちに処方医へ連絡してください。
[クロザピン](1)本剤の投与は,統合失調症の診断・治療に精通し,無顆粒球症,心筋炎,糖尿病性ケトアシドーシス,糖尿病性昏睡などの重篤な副作用に十分に対応でき,かつクロザリル患者モニタリングサービス(CPMS)に登録された医師・薬剤師のいる登録医療機関・薬局において,登録患者に対して,血液検査などのCPMSに定められた基準がすべて満たされた場合にのみ行われます。
(2)本剤の投与に際しては,治療上の有益性が危険性を上回っていることを常に検討し,投与の継続が適切であるかどうか定期的に判断することが必要です。
(3)糖尿病性ケトアシドーシス,糖尿病性昏睡などの死亡に至ることのある重大な副作用が現れるおそれがあるので,本剤服用中は定期的に血糖値などの測定が行われます。また,臨床症状の観察を十分に行い,高血糖の徴候・症状に注意するとともに,糖尿病治療に関する十分な知識と経験をもつ医師と連携して適切な対応を行うことが求められます。
(4)本剤の投与にあたっては,患者またはその代わりの者に本剤の有効性および危険性を文書によって説明し,文書で同意を得てから投与を開始します。
(5)無顆粒球症などの血液障害は投与初期に現れることが多いので,原則として服用開始後18週間は入院し,十分な管理のもと服用しなければなりません。

基本的注意

*オランザピン(ジプレキサ)の添付文書による

(1)服用してはいけない場合……昏睡状態の人/バルビツール酸製剤バルビツール酸誘導体などの中枢神経抑制薬の強い影響下にある人/アドレナリンの服用中/本剤の成分に対するアレルギーの前歴/糖尿病またはその前歴
(2)慎重に服用すべき場合……糖尿病の家族歴,高血糖・肥満などの糖尿病の危険因子がある人/自殺念慮または自殺企図の既往のある人,自殺念慮のある人/脳の器質的障害のある人/衝動性が高い併存障害のある人/尿閉,麻痺性イレウス(腸閉塞),閉塞隅角緑内障/てんかんなどのけいれん性疾患またはこれらの前歴/肝機能障害,肝毒性のある薬物の服用中/本剤のクリアランスを低下させる要因(非喫煙者,女性,高齢者)をあわせもつ人/高齢者
(3)外国での報告……高齢者を対象とした臨床試験で,死亡および脳血管障害(脳卒中,一過性脳虚血発作など)の発現頻度がプラセボ(偽薬)群と比較して高かったとの報告があります。
(4)服用初期……起立性低血圧がおこることがあります。急に立ち上がったとき,ふらつきやめまい,動悸,眼前暗黒感などがあるようなら,処方医へ連絡してください。
(5)かくされる嘔吐……本剤には嘔吐を抑える作用があるので,薬物中毒,腸閉塞,脳腫瘍などによる嘔吐症状をかくすことがあります。
(6)突然死……服用中,原因不明の突然死が報告されています。
(7)体重の増加……服用によって体重が増加することがあります。肥満に注意し,その徴候が現れたときは,すぐに処方医へ連絡してください。
(8)高血糖……本剤の服用によって高血糖が現れ,糖尿病性ケトアシドーシス(血液が酸性になる状態),糖尿病性昏睡から死亡に至るなどの致命的経過をたどることがあります。定期的に血糖値を測定し,口渇,多飲,多尿,頻尿などの症状が現れたら,ただちに処方医に連絡してください。
(9)低血糖……本剤の服用によって低血糖が現れることがあります。脱力感,倦怠感,冷汗,ふるえ,傾眠,意識障害などの低血糖症状が現れたら,ただちに糖分を補給し,処方医に連絡してください。
(10)悪性症候群……本剤の服用によって悪性症候群がおこることがあります。無動緘黙(かんもく)〈緘黙=無言症〉,強度の筋強剛, 嚥下(えんげ)困難, 頻脈, 血圧の変動, 発汗などが発現し,引き続いて発熱がみられたら, 服用を中止して体を冷やす, 水分を補給するなどして,ただちに処方医へ連絡してください。高熱が続き, 意識障害, 呼吸困難, 循環虚脱, 脱水症状, 急性腎不全へと移行して死亡した例が報告されています。
(11)危険作業は中止……本剤を服用すると,眠け,注意力・集中力・反射運動能力などの低下がおこることがあります。服用中は,自動車の運転など危険を伴う機械の操作は行わないようにしてください。
(12)その他……
・妊婦での安全性:未確立。有益と判断されたときのみ服用。
・授乳婦での安全性:服用するときは授乳を中止。
・小児での安全性:未確立。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

(1)高血糖,糖尿病性ケトアシドーシス,糖尿病性昏睡。(2)悪性症候群。(3)けいれん(てんかん発作,ミオクローヌス発作など) 。(4)肝機能障害,黄疸,劇症肝炎。(5)腸閉塞,麻痺性イレウス。(6)無顆粒球症,白血球減少。(7)肺塞栓症,深部静脈血栓症などの血栓塞栓症。
[オランザピンのみ](8)低血糖(脱力感,倦怠感,冷汗,ふるえ,傾眠,意識障害など)。(9)口周部などの不随意運動(遅発性ジスキネジア)。(10)横紋筋(おうもんきん)融解症(筋肉痛,脱力感など)。
[クロザピンのみ](11)好中球減少症。(12)心筋炎,心筋症,心膜炎,心のう液貯留。(13)起立性低血圧,失神,循環虚脱からの心停止・呼吸停止。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

ジプレキサ - PC

PCC  説明(別ウィンドウ表示)

ジプレキサが気になる人向けのコラム

すぐに治療を!統合失調症は身近な病

統合失調症はどういう病気

統合失調症は、さまざまな刺激を伝えあう脳をはじめとした神経系が障害される慢性の疾患です。詳細は不明な部分もあるものの、ドーパミン系やセロトニン系といった、緊張‐リラックスを司る神経系や、意欲やその持続に関連... 続きを読む

【スマホうつ】になりやすいスマホの使い方 ワースト3

最近、イライラしたり、原因のわからない不安感が続くといったココロの不調がありませんか?
あなたがスマホユーザーで、1日2時間以上スマホをいじっているなら、それは「スマホうつ」かもしれません。 首のコリからくる「スマホうつ」 「スマホ... 続きを読む

うつ病自己診断チェック表‐うつかもと不安を感じたらまずは症状を確認

仕事の過度なストレスでうつ病になったなど、最近よく耳にします。実際、患者数は2000年以降、急増。「私、うつ病かも?」と思ったら、早期に治療するためにも、まずセルフチェックで判断してみましょう。 気分の落ち込みが激しい状態が続く 近年... 続きを読む

「うつかも?」そんなとき受診するのは、精神科?心療内科?心理カウンセラー?

新年度が始まって2カ月が過ぎ、まもなく梅雨入りを迎えます。職場や学校、住まいなど新しい環境へ適応しようとがんばった分、「ココロの疲れ」が見えてきやすい時期です。雨が続くなど、お天気が気分に影響することも少なくないようです。 しかし、心... 続きを読む

統合失調症治療には、メタボ対策も大切-抗精神病薬の副作用とは

統合失調症はかつて「精神分裂病」と呼ばれていましたが、2002年の世界精神医学総会(横浜市)で現行の名称に変更されました。これはかねてより患者さんから、偏見をなくして患者さんの社会復帰を促すためには名称を変更してほしいとの強い要望に応じた... 続きを読む