リーマスの効能・用量・副作用など

リーマスの基本情報

リーマス錠100mg

リーマス錠100mg

リーマス錠200mg

リーマス錠200mg

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


躁病に対する唯一の治療薬ですが,薬の効果が出る量と副作用が発生する量とがあまり離れていないため,厳格な管理が必要な薬です。下痢,嘔吐,身体のふるえ,倦怠感などを感じたら,すぐに処方医に連絡してください。

処方薬/市販薬 処方薬/先発品
分類 その他の精神神経科の薬>躁病に用いる薬>炭酸リチウム
形状 錠剤
製造販売会社 大正製薬=大正富山
保険薬価 錠剤100mg 1錠 12.70円
錠剤200mg 1錠 20.90円
同じ分類の薬 ジェネリック薬: リチオマール  炭酸リチウム 

リーマスの効果・効能

躁病・躁うつ病の躁状態

リーマスの用法・用量

1日200~1,200mgを1~3回に分けて服用。維持量1日200~800mg。

リーマスの使用上の注意と副作用

基本的注意

*炭酸リチウム(リーマス)の添付文書による

(1)服用してはいけない場合……てんかんなどの脳波異常/重い心疾患/リチウムの体内貯留をおこしやすい状態にある人(腎機能障害,衰弱,脱水,発熱,発汗,下痢,食塩制限)/妊婦または妊娠している可能性のある人
(2)慎重に服用すべき場合……脳の器質的障害/心疾患の前歴/リチウムの体内貯留をおこすおそれのある人(腎機能障害の前歴,食事・水分摂取量の不足,高齢者)/肝機能障害/甲状腺機能亢進症または低下症/リチウムに異常な感受性を示す人
(3)指示を厳守……本剤は,処方医の厳格な管理下で服用しなければいけません。自分勝手に服用を中止したり,服用量を変えたりしないでください。
(4)定期検査……本剤はリチウム中毒をおこしやすいので,服用初期や増量時は1週間に1回,維持量の服用中は2~3カ月に1回程度,血清リチウム濃度を測定する必要があります。中毒の初期症状(食欲低下,吐きけ,嘔吐,下痢,ふるえ,傾眠,錯乱,運動障害,運動失調,発熱,発汗など)が現れた場合には,すぐに処方医の診察を受けてください。
(5)悪性症候群……向精神薬(抗精神病薬,抗うつ薬など)との併用によって悪性症候群がおこることがあります。無動緘黙(かんもく)〈緘黙=無言症〉,強度の筋強剛, 嚥下(えんげ)困難, 頻脈, 血圧の変動, 発汗などが発現し,引き続いて発熱がみられたら, 服用を中止して体を冷やす, 水分を補給するなどして,ただちに処方医へ連絡してください。高熱が続き, 意識障害, 呼吸困難, 循環虚脱, 脱水症状, 急性腎不全へと移行して死亡した例が報告されています。
(6)急な中止……服用量を急に中止すると,甲状腺中毒症(甲状腺機能亢進症)の症状が悪化することがあります。自己判断で中止しないでください。
(7)危険作業は中止……本剤を服用すると,眠け,めまいなどがおこることがあります。服用中は,自動車の運転など危険を伴う機械の操作は行わないようにしてください。
(8)その他……
・授乳婦での安全性:服用するときは授乳を中止。
・小児での安全性:未確立。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

(1)リチウム中毒(食欲低下,吐きけ,嘔吐,下痢,ふるえ,傾眠,錯乱,運動障害,運動失調,発熱,発汗など)。(2)洞不全症候群,高度な徐脈。(3)無動緘黙(かんもく)(緘黙=無言症),強度の筋強剛,嚥下(えんげ)困難,頻脈,発汗などの悪性症候群。(4)腎性尿崩症(多飲,多尿など)。(5)認知症様症状,昏睡に至るような意識障害。(6)急性腎不全,間質性腎炎,ネフローゼ症候群。(7)甲状腺機能低下症,甲状腺炎。(8)副甲状腺機能亢進症。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

リーマス - PC

PCD  説明(別ウィンドウ表示)

リーマスに効果効能が似た薬

リーマスが気になる人向けのコラム

薬は緑茶で飲んでも大丈夫? やっちゃいけない薬との飲み合わせは?

薬と食品の飲み合わせには注意が必要なものがあります。特定の飲み物と一緒に飲むと、効果が弱くなったり強くなったり副作用を引き起こすものもあるので注意しましょう。 薬を液体と一緒に飲むのは粘膜の保護のため そもそも、飲み薬はなぜ、そのまま... 続きを読む

理解されていない躁うつ病-適切な治療を受けないと悪化することも

双極性障害(躁うつ病:そううつびょう)は躁状態とうつ状態をくり返す脳の病気です。日本国内では「全人口の1,000人に7人が発症する」といわれており(*)、けっして珍しい病気ではありません。(*厚生労働科学研究費補助金(心の健康科学研究事業... 続きを読む

「ヨーグルト」が菌による膣の炎症に効果あり!

「カンジダ」とはどのような病気?

真菌(しんきん)(カビ)の一種であるカンジダは腟内の常在菌のひとつです。
カンジダが異常増殖することによって、外陰部の皮膚に症状を来す疾患を外陰カンジダ症といいます。通常、腟炎(ちつえん)を合併す... 続きを読む

心の病気の診断を補助する光トポグラフィー その検査方法とは?

体の病気の診断は、血液検査などの「客観的な」根拠に基づいて行われます。これに対して、これまでうつ病などの心の病気は、医師の問診によって得られた患者さんの言動・症状を診断基準に当てはめたり、医師のそれまでの診療経験に照らして診断するほかなく... 続きを読む

うつ病は抗うつ剤を飲まずに完治できる? 抗うつ剤の副作用-うつに効く漢方

以前より治療法が増えてきているうつ病ですが、治療の中心となるのは、薬物療法。抗うつ剤を用いた治療が多く行われています。軽い症状の場合は、漢方が有効に働くことも。この代表的な2つの治療薬についてまとめました。 薬で不足した脳内神経伝達物... 続きを読む