ストラテラの効能・用量・副作用など

ストラテラの基本情報

この薬は,注意欠陥/多動性障害(AD/HD)の診断治療に精通した医師だけが処方するものです。また,AD/HDの診断は,米国精神医学会の精神疾患の診断・統計マニュアルなどの標準的で確立した診断基準に基づき慎重に実施し,基準を満たす場合のみ服用することになっています。

処方薬/市販薬 処方薬/先発品
分類 その他の精神神経科の薬>アトモキセチン塩酸塩>アトモキセチン塩酸塩
形状 カプセル剤
製造販売会社 イーライリリー
保険薬価 カプセル剤5mg 1カプセル 272.50円
カプセル剤10mg 1カプセル 324.70円
カプセル剤25mg 1カプセル 409.50円
カプセル剤40mg 1カプセル 461.20円
液剤0.4% 1mL 209.20円

ストラテラの効果・効能

注意欠陥/多動性障害(AD/HD)

ストラテラの用法・用量

18歳未満:1日維持量 1.2~1.8mg/kg(体重),2回に分けて服用。18歳以上:1日維持量80~120mg,1回または2回に分けて服用。

ストラテラの使用上の注意と副作用

基本的注意

(1)服用してはいけない場合……本剤に対するアレルギーの前歴/モノアミン酸化酵素阻害薬(セレギリン塩酸塩セレギリン塩酸塩)を服用中あるいは服用中止後2週間以内の人/重い心血管障害/褐色細胞腫またはその前歴/閉塞隅角緑内障
(2)慎重に服用すべき場合……肝機能障害/腎機能障害/けいれん発作またはその前歴/心疾患(QT延長を含む)またはその前歴/先天性QT延長症候群の人,またはQT延長の家族歴のある人/高血圧またはその前歴/脳血管障害またはその前歴/起立性低血圧の前歴/精神病性障害,双極性障害/排尿困難
(3)服薬指導……患者および保護者またはそれに代わる人は,服用前に医師から本剤の治療上の位置づけおよび本剤の服用による副作用発現のリスクについて十分な情報と適切な使用方法の指導を受けてください。
(4)定期検査……本剤の服用中は,定期的に血液検査,脈拍・血圧の検査を受けてください。
(5)攻撃性・敵意……本剤の服用中に攻撃性や敵意の発現・悪化が報告されています。十分に注意を払い,異常を感じたらすぐに処方医に連絡してください。
(6)成長遅延……小児において本剤の服用初期に成長遅延,体重増加の抑制が報告されています。患児の成長に注意し,身長や体重の増加が思わしくないときは減量したり服用を中止します。
(7)危険作業は中止……本剤を服用すると,眠け,めまいなどがおこることがあります。服用中は,自動車の運転など危険を伴う機械の操作は行わないようにしてください。
(8)その他……
・妊婦での安全性:未確立。有益と判断されたときのみ服用。
・授乳婦での安全性:服用するときは授乳を中止。
・6歳未満の幼児での安全性:未確立。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

(1)肝機能障害,黄疸,肝不全。(2)アナフィラキシー(血管神経性浮腫,じん麻疹など)。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

ストラテラ - PC

PCC  説明(別ウィンドウ表示)

ストラテラに効果効能が似た薬

ストラテラが気になる人向けのコラム

毛髪ミネラル検査

血液検査、尿や便の検査など、体内を調べる検査はいろいろありますが、有害なミネラルの蓄積量がわかると注目されているのが、「毛髪ミネラル検査」。 ... 続きを読む

女性の4割が90歳まで生きる? 年代別健康チェック&予防接種一覧

平成20年の生命表を見てみると、女性の場合、40歳まで生きる人の割合は98.7%、65歳までは93.4%です。では、75歳まで、あるいは90歳まで生きられるのは何パーセントでしょうか。答は、75歳まで86.0%、90歳まで44.8%です。... 続きを読む

発達障害の“二次障害”とは? 周囲の理解不足からなる障害の予防法

二次障害とは、周囲に理解されないために不適切な対応が積み重なることにより、さらに別の障害が起きてしまうもの。二次障害が起こると、発達障害の療育も、より難しいものになっていきます。どんな障害が起こるのか、その予防法をまとめました。 自分に... 続きを読む

妊活にも、健康管理にも  知っておきたい基礎体温キホンのキ

“妊娠希望の29歳です。基本的なことはネットで勉強したのですが、まだよくわかっていない部分があるので教えてください” (質問者
wtpmjgda98765さん) 教えて!goo 妊娠を計画し始めたら、基礎体温をつけるのは妊活の第一歩!... 続きを読む

ADHD 注意欠陥・多動性障害(発達障害)とは? 年齢別に見る症状

じっとしていられない、忘れ物が多いなどの症状が現れる発達障害「ADHD(注意欠陥・多動性障害)」。年齢ごとに現れる症状の特徴についてまとめました。 ADHDの中でもさらに細かな分類がある 発達障害には、大きく分けて3つの分類があります... 続きを読む