アロングの効能・用量・副作用など

アロングの基本情報

交感神経の受容体には,α(アルファ)とβ(ベーター)の2種類があります。アドレナリンがα受容体と結合すると,α効果として末梢血管の収縮,血圧の上昇,散瞳,腸管の弛緩などがおこります。いっぽう,β受容体と結合すると,末梢血管の拡張,心拍数と心筋収縮力の増加,冠血管拡張などがおこります。
ベーター・ブロッカーはβ受容体と結合してβ作用を打ち消します。そのため心拍数の減少,心筋収縮力の減少,血圧低下などを示します。したがってベーター・ブロッカーは高血圧,不整脈,狭心症などのときに処方されます。
プロプラノロール塩酸塩は,最初に用いられたベーター・ブロッカーです。その処方目的は広いので,薬だけで自分の病気を決めることはできません。病気の種類については処方医と十分に相談しなければなりません。
ベーター・ブロッカーを長期服用中に急に服用を中止すると,突然死がおこることが報告されているので,自分勝手に服用をやめてはいけません。また,副作用をみつけるための血圧測定,心電図,レントゲン,血液検査,肝・腎機能検査はきちんと受けることが必要です。
*ここでは,許可された適応症が狭心症と高血圧で,不整脈のないものをまとめてあります。

処方薬/市販薬 処方薬/ジェネリック
分類 虚血性心疾患の薬>ベーター・ブロッカー(適応症が狭心症と高血圧のもの)>ベタキソロール塩酸塩
形状 錠剤
製造販売会社 テバ製薬
保険薬価 錠剤5mg 1錠 19.80円
錠剤10mg 1錠 28.20円
同じ分類の薬 先発薬: ハイパジールコーワ  セレクトール  ケルロング    ジェネリック薬: スロンタクス  セルトップ 

アロングの効果・効能

本態性高血圧症(軽症~中等症),狭心症
[セリプロロール塩酸塩,ベタキソロール塩酸塩,カルベジロールのみ]腎実質性高血圧症
[カルベジロールのみ]虚血性心疾患または拡張型心筋症に基づく慢性心不全で,アンジオテンシン変換酵素阻害薬,利尿薬,ジギタリス製剤などの基礎治療を受けている人

アロングの用法・用量

本態性高血圧症:1日1回5~10mg,最大1日1回20mg。腎実質性高血圧症:1日1回5mg,最大1日1回10mg。狭心症:1日1回10mg,最大1日1回20mg。

アロングの使用上の注意と副作用

警告

[カルベジロール]本剤を慢性心不全の人が服用するときは,慢性心不全治療の経験が十分にある医師のもとで治療を受けなければなりません。

基本的注意

*カルベジロール(アーチスト)の添付文書による

(1)服用してはいけない場合……気管支ぜんそく,気管支けいれんのおそれのある人/糖尿病性ケトアシドーシス,代謝性アシドーシス/高度の徐脈(著しい洞性徐脈),房室ブロック(Ⅱ・Ⅲ度),洞房ブロック/心原性ショック/強心薬または血管拡張薬を静脈内投与する必要のある心不全/非代償性の心不全/肺高血圧による右心不全/未治療の褐色細胞腫/本剤の成分に対するアレルギーの前歴/妊婦または妊娠している可能性のある人
(2)慎重に服用すべき場合……特発性低血糖症,コントロール不十分な糖尿病,絶食状態,栄養状態が不良の人/糖尿病を合併した慢性心不全/重い肝機能障害・腎機能障害/房室ブロック(Ⅰ度)/徐脈/末梢循環障害(レイノー症候群,間欠性跛行(はこう)症など)/過度に血圧の低い人/高齢者
(3)服用初期・増量時……慢性心不全の人が本剤の服用初期や増量したときには,心不全の悪化,むくみ,体重の増加,めまい,低血圧,徐脈,血糖値の変動,腎機能の悪化がおこりやすくなります。異常を感じたら,すぐに処方医へ連絡してください。
(4)急な服用中止……狭心症などの虚血性心疾患の人が本剤の服用を急に中止すると,狭心症発作の頻発・悪化,まれに心筋梗塞,および短時間に過度の突然の血圧上昇をおこす可能性があります。虚血性心疾患の人はもちろん,そうでない人でも自己判断で服用を中止しないようにしてください。
(5)小児……服用についての安全性は確立されていません。重症心不全の幼児・小児において,本剤の服用により重い低血糖症状が現れ,死亡に至ったとの報告があります。
(6)定期検査……本剤を長期に服用の場合は,定期的に心機能検査(脈拍,血圧,心電図,X線など),肝機能・腎機能・血液などの検査を受ける必要があります。
(7)危険作業は中止……本剤を服用すると,めまいやふらつきなどがおこることがあるので,自動車の運転など危険を伴う機械の操作は行わないようにしてください。
(8)その他……
・授乳婦での安全性:服用するときは授乳を中止。
・小児での安全性:未確立。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

(1)高度な徐脈,ショック,完全房室ブロック,心不全,心停止。(2)肝機能障害,黄疸。(3)アナフィラキシー様症状。(4)急性腎不全。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

アロング - PC

PCC  説明(別ウィンドウ表示)

アロングが気になる人向けのコラム

【医師が解説】酵素ドリンクから酵素は補給できない!? 本当の効果とは

酵素をドリンクやサプリメントなどから補う食品がブームですが、実際のところ本当に効果があるのでしょうか? 酵素の体内での働きや上手な補い方などを、医師が解説いたします! 生きていく上で体の中の酵素は欠かせない 私たちは食べなければ生きて... 続きを読む

LAで「コンブチャ」が大人気! 酵素たっぷりの紅茶キノコが流行

マドンナやミランダ・カーも飲んでいると言われる「KONBUCHA」。独特の酸味が苦手という人も多かったのですが、今ロサンゼルスでは「生KONBUCHA」が登場して大人気になっているんです。 ヘルシードリンクの定番になった「KONBUC... 続きを読む

急死した前田健。死因となった「虚血性心疾患」とは?【芸能人の健康まとめ】

タレント前田健さんが44歳の若さで急死されました。 発表された死因は虚血性心疾患。突然死を招く危険をはらむ心疾患と、普段からの予防法について取り上げます。 「虚血性心疾患」ってどんな病気? 心臓の筋肉(心筋)に血液を送っている動脈(冠... 続きを読む

検診と健康診断の違いってなに? 意外と知らない検診についての基礎知識

検診は自覚症状が出てから受けるもの? 自覚症状がない人が受けるのが検診。症状がある人は病院で受診しましょう。 「健診」と「検診」は目的が違うが、どちらも無症状の人が対象 「健診」と「検診」。どちらもケンシンですが、それぞれの違いは意外... 続きを読む

いざというときのために!知っておきたいAEDの基礎知識

最近、駅や商業ビル、公共施設などの街中でAEDを目にすることが増え、実際にAEDのおかげで命が助かった人の話もよく聞きます。AEDは使い方を知らなくても、音声ガイダンスに従えば操作できるようにつくられていますが、いざというときに慌てない... 続きを読む