フルイトランの効能・用量・副作用など

フルイトランの基本情報

フルイトラン錠1mg

フルイトラン錠1mg

フルイトラン錠2mg

フルイトラン錠2mg

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


本剤は,腎臓に作用して多量の水分を体外へ排泄させるので,高血圧,心不全,ある種の腎臓病,肝臓病に対して用いられます。

処方薬/市販薬 処方薬/先発品
分類 利尿降圧薬>チアジド系薬剤>トリクロルメチアジド
形状 錠剤
製造販売会社 塩野義
保険薬価 錠剤1mg 1錠 9.60円
錠剤2mg 1錠 9.60円
同じ分類の薬 ジェネリック薬: クバクロン  クロポリジン  トリスメン  フルトリア  ニュートライド 

フルイトランの効果・効能

高血圧症(本態性,腎性など)
[トリクロルメチアジドの適応症]悪性高血圧/心性浮腫(うっ血性心不全),腎性浮腫,肝性浮腫/月経前緊張症
[ヒドロクロロチアジドの適応症]悪性高血圧/心性浮腫(うっ血性心不全),腎性浮腫,肝性浮腫,薬剤(副腎皮質ステロイド,フェニルブタゾンなど)による浮腫/月経前緊張症
[ベンチルヒドロクロロチアジドの適応症]悪性高血圧/心性浮腫(うっ血性心不全),腎性浮腫,肝性浮腫
[メフルシドの適応症]慢性浮腫(心性浮腫, 腎性浮腫, 肝性浮腫)における利尿
[ベハイドRA配合錠の適応症]悪性高血圧

フルイトランの用法・用量

1日2~8mgを1~2回に分けて服用。高血圧症の場合,少量より開始して徐々に増量する。

フルイトランの使用上の注意と副作用

警告

[ベハイドRA配合錠]重症のうつ状態が現れることがあるので,服用には厳重な注意が必要です。

基本的注意

*トリクロルメチアジド(フルイトラン),インダパミド(ナトリックス)ほかの添付文書による

(1)服用してはいけない場合……無尿状態/急性腎不全/体液中のナトリウム,カリウムが明らかに減少している人/チアジド系薬剤またはその類似化合物(たとえばクロルタリドンなどのスルホンアミド誘導体)に対するアレルギーの前歴
(2)慎重に服用すべき場合……進行した肝硬変症,肝疾患,肝機能障害/重い冠硬化症または脳動脈硬化症/重い腎障害/本人,両親,兄弟に痛風,糖尿病のある人/下痢,嘔吐のある人/高カルシウム血症,副甲状腺機能亢進症/ジギタリス製剤・糖質副腎皮質ホルモン薬・ACTHの服用中/減塩療法中/交感神経切除後の人/乳児,高齢者
(3)服用時間……[トリクロルメチアジド]夜間の休息が特に必要な人は,本剤による夜間の排尿を避けるため,午前中に服用するようにしてください。
(4)食物……カリウムの体外への排出量が増えるので,服用中はカリウムの豊富な食物(バナナ,かんきつ類,トマトなど)をとることを心がけてください。
(5)定期検査……連用すると電解質失調がおこることがあるので,定期的に血液や電解質(ナトリウム,カリウムなど)の検査を受ける必要があります。
(6)危険作業に注意……本剤を服用すると,めまい,ふらつきなどがおこることがあります。服用中は,高所作業や自動車の運転など危険を伴う機械の操作は十分に注意してください。
(7)その他……
・妊婦(妊娠末期)での安全性:有益と判断されたときのみ服用。
・授乳婦での安全性:服用するときは授乳を中止。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

[すべての製剤](1)低ナトリウム血症,低カリウム血症。
[トリクロルメチアジド,ヒドロクロロチアジド,ベンチルヒドロクロロチアジド](2)再生不良性貧血。
[ヒドロクロロチアジド,メチクラン](3)間質性肺炎,肺水腫。
[ヒドロクロロチアジド](4)溶血性貧血。(5)壊死性血管炎。(6) SLE(全身性エリテマトーデス)の悪化。(7)アナフィラキシー。(8)急性近視(霧視,視力低下などを含む),閉塞隅角緑内障。
[ベンチルヒドロクロロチアジド](9)うつ状態。
[インダパミド](10)皮膚粘膜眼症候群(スティブンス-ジョンソン症候群),多形滲出性紅斑。
[メチクラン](11)血小板減少。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

フルイトラン - PC

PCC  説明(別ウィンドウ表示)

フルイトランが気になる人向けのコラム

女性にも急増! 自覚症状なく進む「膵臓」の病気 7つの危険な症状

地味ながら、消化液を作りインスリンを分泌する重要な消化器 膵臓と聞いて、どこにあるかすぐにわかる人は少ないのではないのでしょうか。膵臓は長さ15cmぐらいのタラコのような形をした臓器で、胃の裏側にあります。触診が難しい位置で、異常があ... 続きを読む

お腹が痛い!どこがどんな風に痛い? 痛む場所から疑われる病気をイラストで解説

「腹痛」といっても、痛みの種類や痛む場所によって原因はさまざま。ときには、その腹痛が病気の前兆の場合もあります。腹痛で疑われる病気をまとめてご紹介します。 腹痛から原因の病気が特定できる 腹部は、体の中心で重要な臓器が集まっている場所... 続きを読む

ノロウイルスと牡蠣の関係 食中毒を起こしやすい牡蠣は生食用or加熱用?

ノロウイルスは牡蠣に蓄積している場合がありますが、適切に処理されたものなら安心して食べられます。牡蠣鍋に牡蠣フライと、冬は牡蠣のおいしい時期。正しい情報を身につけて、安全に楽しみましょう。 「生食用=新鮮=安全」ではない 冬になるとニュ... 続きを読む

精神的な落ち着きや血圧低下も?チョコレートの意外な効能

チョコレートに含まれるカカオポリフェノールには、美白効果や動脈硬化の予防など、体に良いはたらきがあることが知られています。その効果を検証する大規模な実証研究が行われ、チョコレートの健康効果が明らかになりました。 血圧低下や善玉コレステ... 続きを読む

実は「うがい」は不要だった?【インフルエンザの予防法】最新情報

2011-2012年の冬シーズンから、国の公的機関におけるインフルエンザ予防法の中にあった「うがいの励行」が消えました。最近アップされた首相官邸のホームページにある「(季節性)インフルエンザ対策」にも、マスクや手洗いの励行はあっても、「... 続きを読む