ベハイドRA配合錠の効能・用量・副作用など

ベハイドRA配合錠の基本情報

本剤は,腎臓に作用して多量の水分を体外へ排泄させるので,高血圧,心不全,ある種の腎臓病,肝臓病に対して用いられます。

処方薬/市販薬 処方薬/先発品
分類 利尿降圧薬>チアジド系薬剤>レセルピン・ベンチルヒドロクロロチアジド・カルバゾクロム配合剤
形状 錠剤
製造販売会社 杏林
保険薬価 錠剤   1錠 5.60円
同じ分類の薬 先発薬: フルイトラン    ジェネリック薬: クバクロン  クロポリジン  トリスメン  フルトリア 

ベハイドRA配合錠の効果・効能

高血圧症(本態性,腎性など)
[トリクロルメチアジドの適応症]悪性高血圧/心性浮腫(うっ血性心不全),腎性浮腫,肝性浮腫/月経前緊張症
[ヒドロクロロチアジドの適応症]悪性高血圧/心性浮腫(うっ血性心不全),腎性浮腫,肝性浮腫,薬剤(副腎皮質ステロイド,フェニルブタゾンなど)による浮腫/月経前緊張症
[ベンチルヒドロクロロチアジドの適応症]悪性高血圧/心性浮腫(うっ血性心不全),腎性浮腫,肝性浮腫
[メフルシドの適応症]慢性浮腫(心性浮腫, 腎性浮腫, 肝性浮腫)における利尿
[ベハイドRA配合錠の適応症]悪性高血圧

ベハイドRA配合錠の用法・用量

1回1~2錠を1日1~2回。安定化した場合は,維持量として1日1~2錠。

ベハイドRA配合錠の使用上の注意と副作用

警告

[ベハイドRA配合錠]重症のうつ状態が現れることがあるので,服用には厳重な注意が必要です。

基本的注意

*トリクロルメチアジド(フルイトラン),インダパミド(ナトリックス)ほかの添付文書による

(1)服用してはいけない場合……無尿状態/急性腎不全/体液中のナトリウム,カリウムが明らかに減少している人/チアジド系薬剤またはその類似化合物(たとえばクロルタリドンなどのスルホンアミド誘導体)に対するアレルギーの前歴
(2)慎重に服用すべき場合……進行した肝硬変症,肝疾患,肝機能障害/重い冠硬化症または脳動脈硬化症/重い腎障害/本人,両親,兄弟に痛風,糖尿病のある人/下痢,嘔吐のある人/高カルシウム血症,副甲状腺機能亢進症/ジギタリス製剤・糖質副腎皮質ホルモン薬・ACTHの服用中/減塩療法中/交感神経切除後の人/乳児,高齢者
(3)服用時間……[トリクロルメチアジド]夜間の休息が特に必要な人は,本剤による夜間の排尿を避けるため,午前中に服用するようにしてください。
(4)食物……カリウムの体外への排出量が増えるので,服用中はカリウムの豊富な食物(バナナ,かんきつ類,トマトなど)をとることを心がけてください。
(5)定期検査……連用すると電解質失調がおこることがあるので,定期的に血液や電解質(ナトリウム,カリウムなど)の検査を受ける必要があります。
(6)危険作業に注意……本剤を服用すると,めまい,ふらつきなどがおこることがあります。服用中は,高所作業や自動車の運転など危険を伴う機械の操作は十分に注意してください。
(7)その他……
・妊婦(妊娠末期)での安全性:有益と判断されたときのみ服用。
・授乳婦での安全性:服用するときは授乳を中止。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

[すべての製剤](1)低ナトリウム血症,低カリウム血症。
[トリクロルメチアジド,ヒドロクロロチアジド,ベンチルヒドロクロロチアジド](2)再生不良性貧血。
[ヒドロクロロチアジド,メチクラン](3)間質性肺炎,肺水腫。
[ヒドロクロロチアジド](4)溶血性貧血。(5)壊死性血管炎。(6) SLE(全身性エリテマトーデス)の悪化。(7)アナフィラキシー。(8)急性近視(霧視,視力低下などを含む),閉塞隅角緑内障。
[ベンチルヒドロクロロチアジド](9)うつ状態。
[インダパミド](10)皮膚粘膜眼症候群(スティブンス-ジョンソン症候群),多形滲出性紅斑。
[メチクラン](11)血小板減少。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

ベハイドRA配合錠に効果効能が似た薬

ベハイドRA配合錠が気になる人向けのコラム

乳がんを予防するには-生活習慣をあらためるだけでも効果アリ

10月は乳がん月間です。国立がん研究センターがん対策情報センターの「最新がん統計」によると、2011年に日本で新たに乳がんと診断された女性は約72,500人、生涯で乳がんにかかるリスクは12人に1人と高く、現在日本人女性がかかるがんで最も... 続きを読む

希少糖

希少糖はその名の通り、自然界にごくわずかしか存在しない希少な糖。そのうちいくつかの種について、ダイエットやアンチエイジングといった健康・美容への効果と安全性がわかってきました。現在、希少糖入りの商品が次々と発売され、話題です。
「糖は大... 続きを読む

腎臓病とメタボの危険な関係‐食生活4つのポイント

いま関心の高いメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)は、内臓脂肪型肥満に、高血圧、高血糖、脂質異常などの危険因子がいくつか重なった状態です。放っておけばほぼ確実に動脈硬化に進み、それはすなわち、心筋梗塞や脳梗塞といった死につながる病気... 続きを読む

30歳以降の男性の30%は高尿酸血症‐痛風の症状や新薬治療

定期健診や人間ドックなどの血液検査のなかに、「尿酸値」という項目があるのをご存じですか。血液中に溶け出している尿酸という物質の量をみるものですが、男女とも血清1dl中に7mgを超える量が検出されると「高尿酸血症」と診断されます。日本では3... 続きを読む

気になる加齢臭-ポイントは活性酸素を抑えること|8つの対策

「お父さん、臭い!」「おばあちゃんの部屋、何か変なニオイ」
年頃のお子さんやかわいい盛りのお孫さんに、こんなふうに言われたらショックですよね。そんなニオイ、本人にはわかりづらいので、“ぬれぎぬ”のように感じてしまうかもしれません。
で... 続きを読む