セロケンLの効能・用量・副作用など

セロケンLの基本情報

プロプラノロール塩酸塩ベーター・ブロッカー(適応症に不整脈を含むもの)と同様,交感神経のβ(ベーター)受容体を遮断(ベーター・ブロッカー)することにより血圧を下げ,またプラゾシン塩酸塩交感神経アルファ遮断薬と同様に,α(アルファ)受容体をも遮断するといわれています。
ここで取り上げた薬剤の適応症は高血圧症のみで,狭心症や不整脈を伴う高血圧症にはアテノロール・アロチノロール塩酸塩・インデノロール塩酸塩・カルテオロール塩酸塩・ナドロール・ピンドロール・プロプラノロール塩酸塩・メトプロロール酒石酸塩などベーター・ブロッカー(適応症に不整脈を含むもの)のように,狭心症や不整脈にも効果がある薬のほうがよく使われます。
また,狭心症を伴う高血圧症には,塩酸ブニトロロール・プロプラノロール塩酸塩・ニプラジロール・チリソロール塩酸塩・セリプロロール塩酸塩・ベタキソロール塩酸塩・カルベジロールなどベーター・ブロッカー(適応症が狭心症と高血圧のもの)が使われます。

処方薬/市販薬 処方薬/先発品
分類 血圧降下薬>ベーター・ブロッカー(適応症が高血圧症のみのもの)>メトプロロール酒石酸塩
形状 錠剤
製造販売会社 アストラ
保険薬価 錠剤120mg 1錠 121.30円
同じ分類の薬 先発薬: トランデート  ローガン  ミケランLA    ジェネリック薬: アスクール  レスポリート 

セロケンLの効果・効能

[ラベタロール塩酸塩,アモスラロール塩酸塩の適応症]本態性高血圧症,褐色細胞腫による高血圧症
[カルテオロール塩酸塩,ピンドロール,メトプロロール酒石酸塩の適応症]本態性高血圧症(軽症~中等症)
[ベバントロール塩酸塩の適応症]高血圧症

セロケンLの用法・用量

1日1回120mg。

セロケンLの使用上の注意と副作用

基本的注意

*ラベタロール塩酸塩(トランデート)の添付文書による

(1)服用してはいけない場合……糖尿病性ケトアシドーシス,代謝性アシドーシス/高度の徐脈(著しい洞性徐脈),房室ブロック(Ⅱ・Ⅲ度),洞房ブロック/心原性ショック,肺高血圧による右心不全,うっ血性心不全/気管支ぜんそく,気管支けいれんのおそれのある人/本剤の成分に対するアレルギーの前歴
(2)慎重に服用すべき場合……うっ血性心不全のおそれのある人/房室ブロック(Ⅰ度)/末梢循環障害/低血糖症,コントロール不十分な糖尿病,長期間絶食状態/肝機能障害/重い腎機能障害/甲状腺中毒症/小児,高齢者
(3)定期検査……本剤を長期に服用の場合は,定期的に心機能検査(脈拍,血圧,心電図,X線など),肝機能,腎機能,血液などの検査を受ける必要があります。
(4)急な服用中止……類似化合物(プロプラノロール塩酸塩)を服用中の狭心症の人が本剤の服用を急に中止すると,症状が悪化したり,心筋梗塞をおこしたとの報告があります。また,甲状腺中毒症の人が急に中止すると,症状が悪化することがあります。自己判断で服用を中止しないようにしてください。
(5)危険作業に注意……本剤を服用すると,めまい,ふらつきがおこることがあります。服用中は,高所作業や自動車の運転など危険を伴う機械の操作は十分に注意してください。
(6)白内障手術での注意……本剤と類似したα受容体遮断薬であるタムスロシン排尿障害改善α₁受容体遮断薬を服用中または服用経験のある患者で,白内障手術中に術中虹彩緊張低下症候群(縮瞳型症候群の一種)が現れたとの報告があります。このため白内障手術中の合併症が増加するおそれがあるので,本剤の服用または服用歴について手術前に執刀医に伝えてください。
(7)その他……
・妊婦での安全性:有益と判断されたときのみ服用。
・授乳婦での安全性:原則として服用しない。やむを得ず服用するときは授乳を中止。
・小児での安全性:未確立。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

(1)心不全(の誘発・悪化)。
[カルテオロール塩酸塩,メトプロロール酒石酸塩,ベバントロール塩酸塩](2)徐脈性不整脈(房室ブロック,洞房ブロック,洞不全症候群,洞機能不全など)。
[メトプロロール酒石酸塩,ピンドロール,ベバントロール塩酸塩](3)ぜんそく症状(の誘発・悪化)。
[ラベタロール塩酸塩, メトプロロール酒石酸塩](4)肝機能障害,黄疸。
[ラベタロール塩酸塩](5)SLE(全身性エリテマトーデス)様症状(筋肉痛,関節痛など),乾癬。(6)ミオパシー。
[カルテオロール塩酸塩](7)冠れん縮性狭心症。(8)失神。
[メトプロロール酒石酸塩](9)心原性ショック。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

セロケンL - PC

PCC  説明(別ウィンドウ表示)

セロケンLに効果効能が似た薬

セロケンLが気になる人向けのコラム

美肌を維持しながら痩せる塩サウナダイエット

塩サウナ
ダイエットを始めてからなんとなく肌トラブルが多くなった、という悩みを抱える人は多くいます。
美肌と痩身の両立はなかなか難しいものなのですが、そんな問題を解決してくれるのが塩サウナダイエットです。
塩サウナは、通常のサウナと... 続きを読む

むくみを改善する塩抜きダイエット

塩抜き
塩抜きダイエットをご存知でしょうか。
塩抜きダイエットとは、食事から塩を抜くことで体内の浄化を促すダイエット法です。
普段から食べ過ぎで塩分を取り過ぎていると、体内はむくみを溜め込みやすい状態になっています。
この状態では... 続きを読む

透明美肌を目指すならスクラブは塩より砂糖? 角質除去と潤い浸透効果

スクラブといえば、「塩」でしたが、アメリカでは「砂糖」なんです。肌への刺激が少なく、なによりあま~い香りがリラックスさせてくれると今大人気。最近では、シュガーをテーマにしたコスメも登場。その人気のひみつをご紹介します。 砂糖の角質除去... 続きを読む

不整脈ってどんな症状? 危険な不整脈、不整脈の治療とは?

心臓は休むことなく収縮と拡張を繰り返し、全身に血液を循環させるポンプの働きをしています。心臓の筋肉(心筋)が収縮して血液を動脈中に押し出し、拡張して静脈から血液を受け入れるという運動が、規則正しく一定のリズムでくり返されているのです。この... 続きを読む

病院の診察はなぜ待ち時間が長いのか? 緊急のときの対処の仕方

病・医院から足が遠のく理由の一つは待ち時間です。なぜ1時間も2時間も待つのでしょう。法律では外来患者40名に対し医師一人を配置するように考えられています。医師の労働時間を1日8時間労働とすると、患者さん一人に割り当てられる時間は12分。そ... 続きを読む