エブランチルの効能・用量・副作用など

エブランチルの基本情報

エブランチルカプセル15mg

エブランチルカプセル15mg

エブランチルカプセル30mg

エブランチルカプセル30mg

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


交感神経のα(アルファ)受容体を遮断して末梢血管を拡張させ,血圧を下げます。チアジド系利尿降圧薬チアジド系薬剤やベーター・ブロッカーベーター・ブロッカー(適応症に不整脈を含むもの)ベーター・ブロッカー(適応症が狭心症と高血圧のもの)と併用することが多い薬剤です。
なお,ウラピジル,ブナゾシン塩酸塩のデタントールRは徐放製剤になります。また,ウラピジルは,β₁(ベーター・ワン)受容体遮断作用を併せ持っているといわれています。

処方薬/市販薬 処方薬/先発品
分類 血圧降下薬>交感神経アルファ遮断薬>ウラピジル
形状 カプセル剤
製造販売会社 科研=三和
保険薬価 カプセル剤15mg 1カプセル 18.20円
カプセル剤30mg 1カプセル 33.00円
同じ分類の薬 先発薬: ハイトラシン  バソメット  カルデナリン  ミニプレス    ジェネリック薬: ダウナット 

エブランチルの効果・効能

高血圧症(本態性,腎性など)
[テラゾシン塩酸塩,ドキサゾシンメシル酸塩,ブナゾシン塩酸塩(徐放剤を除く),ウラピジル]褐色細胞腫による高血圧症
[テラゾシン塩酸塩,プラゾシン塩酸塩,ウラピジル]前立腺肥大症の排尿障害
[ウラピジルのみ]神経因性膀胱に伴う排尿困難

エブランチルの用法・用量

高血圧症の場合は,1日30mgより開始し,効果が不十分なときは1~2週間の間隔をおいて1日120mgまで徐々に増量(2回に分けて服用)。その他の適応症では,処方医の指示通りに服用。

エブランチルの使用上の注意と副作用

基本的注意

*ドキサゾシンメシル酸塩(カルデナリン)の添付文書による

(1)服用してはいけない場合……本剤の成分に対するアレルギーの前歴
(2)慎重に服用すべき場合……ホスホジエステラーゼ5阻害作用を有する薬剤の服用中/肝機能障害
(3)足高仰臥位(ぎょうがい)……(1)本剤の服用初期や用量を急に増量したときなどに,立ちくらみ,めまい,脱力感,発汗,動悸・心悸亢進などが現れ,意識を失うこともあります。これらの症状がみられたら,しばらく足を高くした仰臥位(あお向け)になって安静にして,落ち着いたら処方医へ連絡してください。
(4)危険作業に注意……本剤を服用すると,めまいなどが現れることがあります。服用中は,高所作業や自動車の運転など危険を伴う機械の操作は十分に注意してください。
(5)その他……
・妊婦での安全性:未確立。有益と判断されたときのみ服用。
・授乳婦での安全性:服用するときは授乳を中止。
・小児での安全性:未確立。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

(1)失神,意識喪失。(2)不整脈。(3)脳血管障害,心筋梗塞,狭心症。(4)無顆粒球症,白血球減少,血小板減少。(5)肝炎,肝機能障害,黄疸。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

エブランチルが気になる人向けのコラム

画期的!婦人科検診が恥ずかしくなくなる「検査用パンツ」

子宮頸がんは乳がんと並んで、早期発見すれば治癒できる病気です。にもかかわらず、日本の子宮頸がん検診率は38%弱と、米国の85%などと比べるととても低く、2013年には約2700人が死亡しています。 子宮頸がん検診などの婦人科検査はショ... 続きを読む

季節の変わり目に体調が悪くなるのは自律神経が原因? 解消する食事法

自律神経とは体の機能を自動的にコントロールする神経です。この自律神経の状態が四季によって変化し体調を崩すことがあります。季節ごとに自律神経に合わせた食事を摂り、体を整え美しくなる方法をご紹介します。 四季による体調変化には自律神経が関... 続きを読む

動く赤ちゃんの姿がリアル! 妊娠8ヶ月妊婦が3D/4D撮影に挑戦!

検診時にもらえる赤ちゃんの2Dエコー写真。正直モヤッとした画像でわかりづらいことも多いです。そこで、【アラフォー妊娠ライフ】を連載中のフリーライター五十嵐ななが、他院の妊婦でもOKという東京・恵比寿の「広尾レディース」で「3D/4D胎児... 続きを読む

風邪を引きやすい人は体が冷えている? 風邪と冷えの関係|4つの改善法

体が冷えている人は風邪をひきやすい。これには、体にもともと備わっている免疫力が関係しています。冷えの改善法とともにご紹介します。 冷え性の人は免疫力が弱い傾向が 寒いところに長時間いた翌日、風邪をひいたという経験ありませんか。冷えは、... 続きを読む

生理周期が乱れやすくなる原因は? 生理不順のおもな6つの原因

「生理周期が25~38日の範囲内で、生理周期のズレが7日以内」が理想の生理周期ですが、実はちょっとしたことで乱れやすくなるもの。生理周期が乱れやすくなる原因について、ウィミンズ・ウェルネス銀座クリニック院長の対馬ルリ子先生に教えていただきま... 続きを読む