セララの効能・用量・副作用など

セララの基本情報

セララ錠50mg

セララ錠50mg

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


アルドステロンは副腎皮質ホルモンの一種で,主に腎尿細管に作用してナトリウムの貯留とカリウムの排泄を促進します。過剰に分泌されると高血圧や高血糖を引きおこします。本剤は,このアルドステロンを選択的に阻害して降圧作用を発揮する全く新たな高血圧症治療薬で,選択的アルドステロン阻害薬(SAB)と呼ばれています。

処方薬/市販薬 処方薬/先発品
分類 血圧降下薬>エプレレノン>エプレレノン
形状 錠剤
製造販売会社 ファイザー
保険薬価 錠剤25mg 1錠 47.70円
錠剤50mg 1錠 91.00円
錠剤100mg 1錠 173.40円

セララの効果・効能

高血圧症

セララの用法・用量

1日1回50mgから開始し,効果が不十分なときは100mgまで増量できる。

セララの使用上の注意と副作用

基本的注意

(1)服用してはいけない場合……本剤の成分に対するアレルギーの前歴/高カリウム血症,本剤服用開始時に血清カリウム値が5.0mEq/Lを超えている人/微量アルブミン尿・タンパク尿を伴う糖尿病/中等度以上の腎機能障害/重度の肝機能障害/カリウム製剤・カリウム保持性利尿薬を服用中/イトラコナゾール・リトナビル・ネルフィナビルを服用中
(2)慎重に服用すべき場合……軽度の腎機能障害/軽~中等度の肝機能障害/高齢者
(3)セイヨウオトギリソウ(セント・ジョーンズ・ワート)含有食品……一緒に摂取すると本剤の作用が弱まるおそれがあるので,本剤の服用中はセイヨウオトギリソウ含有食品を摂取しないでください。
(4)危険作業に注意……本剤を服用すると,めまいなどをおこすことがあります。服用中は,高所作業や自動車の運転など危険を伴う機械の操作には十分に注意してください。
(5)その他……
・妊婦での安全性:未確立。有益と判断されたときのみ服用。
・授乳婦での安全性:原則として服用しない。やむを得ず服用するときは授乳を中止。
・小児での安全性:未確立。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

(1)高カリウム血症。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

セララ - PC

PCB  説明(別ウィンドウ表示)