アリセプトの効能・用量・副作用など

アリセプトの基本情報

アリセプト錠5mg

アリセプト錠5mg

アリセプト細粒0.5%

アリセプト細粒0.5%

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


ドネペジル塩酸塩は,アセチルコリンを分解する酵素であるアセチルコリンエステラーゼの働きを阻害することで,脳内のアセチルコリン量を増加させ,脳内コリン作動性神経系の働きをさかんにします。日本のメーカーの開発品ですが,アメリカで先に許可されました。
ガランタミン臭化水素酸塩は,アセチルコリンエステラーゼ阻害作用とニコチン性アセチルコリン受容体に対する増強作用(APL作用)をあわせもつのが特徴です。
どちらも効果があるのはアルツハイマー型の認知症で,脳血管障害による認知症には処方されません。
また,ドネペジル塩酸塩とガランタミン臭化水素酸塩などのように,アセチルコリンエステラーゼ阻害作用をもつ薬剤同士は併用することができません。

処方薬/市販薬 処方薬/先発品
分類 脳代謝賦活薬・認知症の薬>認知症治療薬(1)(アセチルコリンエステラーゼ阻害薬)>ドネペジル塩酸塩
形状 細粒剤
製造販売会社 エーザイ
保険薬価 細粒剤0.5% 1g 318.60円
錠剤3mg 1錠 225.80円
錠剤5mg 1錠 334.70円
錠剤10mg 1錠 598.70円
ドライシロップ剤1% 1g 619.90円
同じ分類の薬 先発薬: アリセプトD  レミニール  レミニールOD    ジェネリック薬: ドネペジル塩酸塩  ドネペジル塩酸塩ODフィルム 

アリセプトの効果・効能

[ドネペジル塩酸塩の適応症]アルツハイマー型認知症における認知症症状の進行抑制
[ガランタミン臭化水素酸塩の適応症]軽度および中等度のアルツハイマー型認知症における認知症症状の進行抑制
〈注意〉(1)本剤はアルツハイマー型認知症と診断された人にのみ使用します。(2)本剤がアルツハイマー型認知症の病態そのものの進行を抑制するという成績は得られていません。(3)アルツハイマー型認知症以外の認知症性疾患に対して本剤の有効性は未確認です。

アリセプトの用法・用量

1日1回3mg(細粒剤は0.6g)から開始し,1~2週間後に1日5mg(同1g)に増量する。高度のアルツハイマー型認知症:5mgで4週間以上経過後,10mgに増量。

アリセプトの使用上の注意と副作用

基本的注意

*ドネペジル塩酸塩(アリセプト,アリセプトD)の添付文書による

(1)服用してはいけない場合……本剤の成分またはピペリジン誘導体に対するアレルギーの前歴
(2)慎重に服用すべき場合……洞不全症候群,心房内・房室接合部伝導障害などの心疾患/消化性潰瘍の前歴,非ステロイド系解熱鎮痛薬の服用中/気管支ぜんそくまたは閉塞性肺疾患の前歴/錐体外路障害(パーキンソン病,パーキンソン症候群など)
(3)服用法……アリセプトD,ドネペジル塩酸塩ODは,舌の上にのせて唾液に浸すと崩壊するため,水なしでも服用することが可能です。ただし,寝たままの状態では水なしで服用してはいけません。
(4)過量服用……本剤は医療従事者や家族などの管理のもとで服用する必要があります。過量に服用すると高度な吐きけ,嘔吐,よだれ,発汗,徐脈,低血圧,呼吸抑制,虚脱,けいれんなどのコリン系副作用をおこすことがあります。筋脱力の可能性もあり,呼吸筋の弛緩により死亡することもあるので,指示量以上は絶対に服用しないでください。
(5)悪性症候群……本剤の服用によって悪性症候群がおこることがあります。無動緘黙(かんもく)〈緘黙=無言症〉,強度の筋強剛, 嚥下(えんげ)困難, 頻脈, 血圧の変動, 発汗などが発現し,引き続いて発熱がみられたら, 服用を中止して体を冷やす, 水分を補給するなどして,ただちに処方医へ連絡してください。
(6)その他……
・妊婦での安全性:有益と判断されたときのみ服用。
・授乳婦での安全性:原則として服用しない。やむを得ず服用するときは授乳を中止。
・小児での安全性:未確立。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

(1)失神,徐脈,心ブロック(房室ブロック,洞房ブロック),QT延長,心筋梗塞,心不全。(2)胃・十二指腸潰瘍,十二指腸潰瘍穿孔(せんこう),消化管出血。(3)肝機能障害,肝炎,黄疸。(4)脳性発作,脳出血,脳血管障害。(5)原因不明の突然死。(6)運動失調やふるえ,不随意運動,歩行異常,言語障害などを伴う錐体外路(すいたいがいろ)障害。(7)悪性症候群(無動無言,強度の筋強剛,嚥下(えんげ)困難,発汗,発熱,頻脈,血圧の変動など)。(8)呼吸困難。(9)急性膵炎。(10)急性腎不全。(11)横紋筋(おうもんきん)融解症(筋肉痛,脱力感など)。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

アリセプト - PC

PCC  説明(別ウィンドウ表示)

アリセプトが気になる人向けのコラム

冬に多いノロウイルスの症状と治療法|役に立つ予防対策

食中毒というと梅雨や夏をイメージしますが、これは細菌によるもの。冬場は、低温や乾燥した場所でも生きることができるウイルスによる食中毒が多く発生します。その感染ルートと予防法を学びましょう。 冬の食中毒の代表
ノロウイルス ウイルス性の... 続きを読む

季節の変わり目に体調が悪くなるのは自律神経が原因? 解消する食事法

自律神経とは体の機能を自動的にコントロールする神経です。この自律神経の状態が四季によって変化し体調を崩すことがあります。季節ごとに自律神経に合わせた食事を摂り、体を整え美しくなる方法をご紹介します。 四季による体調変化には自律神経が関... 続きを読む

認知症-老化との違いとは? 適切な初期治療で症状緩和も

私たちの脳は日常のあらゆる活動をコントロールしている大切な司令塔です。
認知症とは、なんらかの原因で脳の神経細胞が破壊されたり働きが悪くなることによって、記憶や分析・判断、実行といった認知機能が障害され、生活上の支障をきたす状態です。 ... 続きを読む

若年性アルツハイマーの10の初期症状チェック-有効な治療は?

日本では、65歳以上の高齢者の4人に1人が認知症もしくはその予備群と言われ、高齢者人口の増加に伴って認知症患者も増加しています。今年(2014年)春には、認知症高齢者の徘徊などによる行方不明者の多いことが話題になりました。
認知症は脳の... 続きを読む

認知症の治療に効果的な方法とは-予防するための10の習慣

認知症といえば、本人の記憶力をはじめとする認知機能の変化に気をとられがちです。これに対して最近では、本人の心身の状態から生活の質(QOL)全体を見据えた対応、さらには本人だけでなく介護者をはじめとする家族のQOLまで含めた対応が重要視され... 続きを読む