エパデールの効能・用量・副作用など

エパデールの基本情報

エパデールカプセル300mg

エパデールカプセル300mg

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


オメガ-3-トリグリセリドの一種で,魚の油から生成したものです。
EPA(イコサペント酸エチル)単剤のものは,2012年12月にOTC薬(大衆薬)としても承認されました。
DHA(ドコサヘキサエン酸エチル)も含むものは2012年9月に新規承認されましたが,成分量は異なるとはいえ,同じ組み合わせのものがサプリメントとしてすでに広く出回っています。かなり高い薬価が付けられましたが,費用に見合った効果が期待できるのか,注意する必要があります。

処方薬/市販薬 処方薬/先発品
分類 血行障害などの薬>イコサペント酸エチル>イコサペント酸エチル
形状 カプセル剤
製造販売会社 持田
保険薬価 カプセル剤300mg 1カプセル 42.20円
同じ分類の薬 ジェネリック薬: ソルミラン  アテロパン  エメラドール  エパフィール  クレスエパ 

エパデールの効果・効能

高脂血症
[イコサペント酸エチルのみの適応症]閉塞性動脈硬化症に伴う潰瘍・疼痛・冷感の改善

エパデールの用法・用量

閉塞性動脈硬化症:1回600mgを1日3回。高脂血症:1回900mgを1日2回または1回600mgを1日3回,最大1回900mgを1日3回まで増量できる。

エパデールの使用上の注意と副作用

基本的注意

*イコサペント酸エチル(エパデール,エパデールS),オメガ-3脂肪酸エチル(ロトリガ)の添付文書による

(1)服用してはいけない場合……出血している人(血友病,毛細血管脆弱(ぜいじゃく)症,消化管潰瘍,尿路出血,喀血,硝子体出血など)
[オメガ-3脂肪酸エチルのみ]本剤の成分に対するアレルギーの前歴
(2)慎重に服用すべき場合……出血の危険性が高い人(月経期間中,出血傾向,外傷,手術の予定など)/抗凝固薬・抗血小板薬の服用中
(3)服用法……本剤は噛まずに服用してください。また,空腹時に服用すると吸収が悪くなるので,食直後に服用してください。
(4)定期検査……服用中は,定期的に血液検査を受ける必要があります。
(5)その他……
・妊婦での安全性:未確立。有益と判断されたときのみ服用。
・授乳婦での安全性:原則として服用しない。やむを得ず服用するときは授乳を中止。
・小児での安全性:未確立。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

(1)肝機能障害,黄疸。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

エパデールが気になる人向けのコラム

医者が教える「ダメな医者を見分ける9つのポイント」


お医者様のお言葉にハイハイと素直にうなずき、お薬をもらって帰る。そんな“聞きわけのいい患者”でいると、病気がいつまでも治らないかもしれません。 「患者さんの不満でよく聞くのは“医者が一度も自分の顔を見てくれなかった”という話。コミュニ... 続きを読む

お腹が痛い!どこがどんな風に痛い? 痛む場所から疑われる病気をイラストで解説

「腹痛」といっても、痛みの種類や痛む場所によって原因はさまざま。ときには、その腹痛が病気の前兆の場合もあります。腹痛で疑われる病気をまとめてご紹介します。 腹痛から原因の病気が特定できる 腹部は、体の中心で重要な臓器が集まっている場所... 続きを読む

星野源、KEIKOが患った「くも膜下出血」ってどんな病気?【芸能人の健康まとめ】

どんな病気? 脳は外側から硬膜(こうまく)、くも膜、軟膜(なんまく)の3枚の膜でおおわれています。くも膜の下(内側)には脳脊髄液(のうせきずいえき)という液体がありますが、この部分に出血するのがくも膜下出血です。働き盛りの人に起こり、... 続きを読む

インフルエンザと風邪の症状の違い|うがい・手洗い・マスク選びのコツ

具合が悪い時、「風邪かなと思っていたらインフルエンザだった」という経験ありませんか?
風邪とインフルエンザの違いと、インフルエンザから身を守る方法をご紹介します。 急に高熱がでるインフルエンザ 風邪とインフルエンザの違いは、いくつかあ... 続きを読む

【スッピン美人皮膚科医の素肌対策に学ぶ】どうすればいい?「肌断食」中のUVケアとメイク

素肌がキレイになると話題の「肌断食」。化粧品を一切肌に塗らないのが原則ですが、UV対策はどうするの? メイクも絶対ダメ? 著書『化粧品に頼らない素肌美人のつくりかた』(主婦と生活社)で、「肌断食」を推奨している白金ビューティフルエイジ... 続きを読む