ゼチーアの効能・用量・副作用など

ゼチーアの基本情報

小腸には食物や胆汁に由来するコレステロールの吸収に関与する小腸コレステロールトランスポーターと呼ばれるものがあります。エゼチミブはこのトランスポーターを阻害してコレステロールの吸収を抑制する,新しいタイプの高脂血症治療薬です。現在,最も多く使用されているHMG-CoA酵素阻害薬(スタチン類)は,やはりよく使用されるフィブラート系の薬剤とは原則併用禁忌ですが,エゼチミブはそのどちらとも併用することが可能で,治療の選択の幅が広がりました。

処方薬/市販薬 処方薬/先発品
分類 脂質異常症の薬>エゼチミブ>エゼチミブ
形状 錠剤
製造販売会社 MSD=バイエル
保険薬価 錠剤10mg 1錠 199.90円

ゼチーアの効果・効能

高コレステロール血症,家族性高コレステロール血症,ホモ接合体性シトステロール血症

ゼチーアの用法・用量

1日1回10mg(1錠)。

ゼチーアの使用上の注意と副作用

基本的注意

(1)服用してはいけない場合……本剤の成分に対するアレルギーの前歴/重篤な肝機能障害(HMG-CoA還元酵素阻害薬と併用する場合)
(2)慎重に服用すべき場合……シクロスポリン使用中/肝機能障害/糖尿病
(3)その他……
・妊婦での安全性:未確立。有益と判断されたときのみ服用。
・授乳婦での安全性:原則として服用しない。やむを得ず服用するときは授乳を中止。
・小児での安全性:未確立。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

(1)過敏症(アナフィラキシー,血管神経性浮腫,発疹)。(2)横紋筋(おうもんきん)融解症。(3)肝機能障害。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

ゼチーア - PC

PCC  説明(別ウィンドウ表示)

ゼチーアが気になる人向けのコラム

悪玉コレステロールのLDLコレステロール-本当は必要な存在

脂質異常症は、高血圧と同様ほとんど無症状のため自分では気づきにくく、健康診断をきっかけに見つかることが多い病気です。脂質異常症は動脈硬化のリスクを高め、心筋梗塞や狭心症などの虚血性心疾患のリスクを増加させるとされています。今回は、脂質検査... 続きを読む

低すぎてもNG!女性の【コレステロール値】正しい見方

コレステロールの種類と役割をもう一度おさらい コレステロールには、肝臓で作られるものと、卵などの食品から摂るものがあり、体を構成する細胞の組織や、性ホルモン、副腎皮質ホルモンといった各種ホルモンを作るための原料となります。 また、コレ... 続きを読む

「かかりつけ医」とは? 街のお医者さん、家族の健康の相談もできる

「子どもが風邪気味」「なんだかお腹が痛い」など自分や家族が体調不良を感じたとき、どんな病院を受診していますか? 大人ならば近所の内科医、子どもならば小児科医を受診するのが一般的だと思いますが、どんなときでも診てもらえる「かかりつけ医」が... 続きを読む

植物ステロール

「植物ステロール」と聞いて、コレステロールと似ている、と思った人も多いのでは?名前だけでなく、植物ステロールは、コレステロールととても似た構造をしています。 「『植物ステロール』は、植物の細胞を構成する成分のひとつ。これに対し動物由来のも... 続きを読む

健康診断の検査結果から病気リスクを読み解く-高血圧と高脂血症

血液が、心臓から全身に送り出されるときに、血管に与える圧力が「血圧」です。心臓が収縮して動脈に送り出すときの圧力を収縮期血圧(最高血圧)、また、心臓がもとに戻ったときの血圧を拡張期血圧(最低血圧)といいます。血圧は、高ければ高いほど、血管... 続きを読む