dl-メチルエフェドリン塩酸塩の効能・用量・副作用など

dl-メチルエフェドリン塩酸塩の基本情報

エフェドリンは,1887年に日本人によって,麻黄(まおう)という植物から抽出されたものです。アドレナリンと同じように,気管支を拡張することによってせきを止めます。近年は,交感神経のうちでも,特にβ₂(ベーターツー)受容体のみを特異的に刺激して,せきを止めるいくつかの薬剤が合成されて臨床上使われています。
なお,クレンブテロール塩酸塩は,腹圧性尿失禁に用いられることがあります。

処方薬/市販薬 処方薬/先発品
分類 咳を鎮める薬>エフェドリン塩酸塩ほか>dl-メチルエフェドリン塩酸塩
形状 散剤
製造販売会社 三恵
保険薬価 散剤10% 1g 6.90円
同じ分類の薬 先発薬: アストモリジン配合腸溶錠  カフコデN配合錠  クロフェドリンS配合散  フスコデ配合錠    ジェネリック薬: プラコデ配合散 

dl-メチルエフェドリン塩酸塩の効果・効能

以下の疾患に伴うせきおよび気道閉塞症状→気管支ぜんそく,ぜんそく性気管支炎,感冒,急性気管支炎,慢性気管支炎,上気道炎,肺炎,肺気腫,結核など
[フェノテロール臭化水素酸塩,ツロブテロール塩酸塩,トリメトキノール塩酸塩水和物のみの適応症]塵肺症
[エフェドリン塩酸塩のみの適応症]鼻粘膜の充血・腫脹
[dl-メチルエフェドリン塩酸塩のみの適応症]じん麻疹,湿疹
[クレンブテロール塩酸塩のみの適応症]腹圧性尿失禁

dl-メチルエフェドリン塩酸塩の用法・用量

1回25~50mg(散剤0.25~0.5g)を1日3回。

dl-メチルエフェドリン塩酸塩の使用上の注意と副作用

警告

[カフコデN配合錠]
(1)本剤中のアセトアミノフェンにより重い肝機能障害をおこすおそれがあります。
(2)本剤とアセトアミノフェンを含む他の薬剤(一般用医薬品を含む)との併用で,アセトアミノフェンの過量摂取による重い肝機能障害をおこすおそれがあります。

基本的注意

*エフェドリン塩酸塩の添付文書による

(1)服用してはいけない場合……カテコールアミン(アドレナリン,イソプロテレノール,ドパミンなど)の服用中
(2)慎重に服用すべき場合……甲状腺機能亢進症/高血圧症/心疾患/糖尿病/緑内障/前立腺肥大症
(3)長期服用……不安,幻覚,妄想を伴う神経症状が現れることがあります。異常がみられたら,すぐに処方医へ連絡してください。
(4)その他……
・妊婦での安全性:有益と判断されたときのみ服用。
・授乳婦での安全性:服用するときは授乳を中止。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

(1)重い血清カリウム低下(アストモリジン配合胃・腸溶錠以外のエフェドリン塩酸塩配合剤,アストーマ配合カプセルを除く)。
[テルブタリン硫酸塩,プロカテロール塩酸塩水和物,dl-イソプレナリン塩酸塩・プロナーゼのみ](2)アナフィラキシー様症状(呼吸困難,血管のむくみ,じん麻疹など)。
[エフェドリン塩酸塩配合剤(クロフェドリンS,フスコデ,フステン,ミゼロン,ライトゲン,フスコブロン,ニチコデ,プラコデ,ムコブロチン),アストーマ配合カプセルのみ](3)無顆粒球症,再生不良性貧血。
*エフェドリン塩酸塩配合剤のカフコデN配合錠にはアセトアミノフェンが含まれているので,(1)ショック,(2)アナフィラキシー様症状,(3)皮膚粘膜眼症候群(スティブンス-ジョンソン症候群),中毒性表皮壊死融解症(TEN),急性汎発性発疹性膿疱症,(4)顆粒球減少,(5)ぜんそく発作の誘発,(6)劇症肝炎,肝機能障害,黄疸,(7)間質性肺炎,(8)間質性腎炎,急性腎不全が報告されています。
*また,アストモリジンン配合胃・腸溶錠にはフェノバルビタールバルビツール酸誘導体,プロキシフィリンカフェイン誘導体の強心薬が含まれているので,これらの薬剤の「重大な副作用」も参照してください。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

dl-メチルエフェドリン塩酸塩が気になる人向けのコラム

肺も老化する? 咳が止まらない・息切れする人は要注意! 6つのチェック診断

運動不足を解消するために階段を使ってみたら、なんだか息がゼイゼイ……。普段、呼吸する時は意識していませんが、呼吸を行っているのは「肺」。そして、肺もお肌のように、年齢とともに老化すること、知っていましたか? 風邪と診断されたのに「肺が... 続きを読む

子宮筋腫とは?30〜40代は筋腫の危険年代 大きくなると手術も

30歳以上の5人に1人が悩んでいるという子宮筋腫。筋腫ができる位置や大きさによって症状はさまざま。ときには、子宮全摘という深刻な選択を迫られることも。子宮筋腫の正体を、正しく知りましょう。 30〜40代は筋腫の危険年代
大きくなると手... 続きを読む

足の小指が痛い人は要注意 「内反小趾」を治してサンダル美人に

素足にサンダルを履くことの多い季節、足のトラブルには気をつけたいもの。普段はあまり気にしていないかもしれませんが、足の小指のつけねが痛い人は、もしかしたら内反小趾(ないはんしょうし)かもしれません。 外反拇趾に比べて知られていない内反... 続きを読む

愛川欽也さんが肺がんで死去 気をつけたい病気の実態

「キンキン」の愛称でも有名な俳優の愛川欽也さんが肺がんを患って他界されました。80歳でした。つい先日、人気番組「アド街ック天国」の司会を降板したばかりで、健康状態が心配されていました。 昨年冬より体調の不安を訴え、検査いたしましたとこ... 続きを読む

「食後高血糖」とは? 通常の検査では分からない危険因子


高血糖が長く続いた状態が糖尿病であり、そのままにしておくと目や神経、腎臓などを傷め、さらには動脈硬化から脳卒中や心筋梗塞といった命にかかわる病気も引き起こします。高血糖とは、私たちの体を動かすエネルギー源である炭水化物などの栄養素が体内... 続きを読む