カルボシステインシロップの効能・用量・副作用など

カルボシステインシロップの基本情報

気道の粘液の分泌をさかんにさせると同時に,たんや膿(うみ)の成分であるムコ多糖類を細断することにより,たんの切れをよくするといわれています。

処方薬/市販薬 処方薬/ジェネリック
分類 痰の切れをよくする薬>システイン誘導体>カルボシステイン
形状 シロップ剤
製造販売会社 テバ製薬=田辺三菱=田辺販売
保険薬価 シロップ剤5% 1mL(小児用) 2.60円
同じ分類の薬 先発薬: チスタニン  ペクタイト  ムコダイン  ムコダインDS    ジェネリック薬: ゼオチン 

カルボシステインシロップの効果・効能

[L-エチルシステイン塩酸塩]急性・慢性気管支炎,肺結核のたんの除去/手術後の喀痰喀出困難/慢性副鼻腔炎の排膿
[L-メチルシステイン塩酸塩]感冒,気管支ぜんそく,急性・慢性気管支炎,気管支拡張症,肺結核,上気道炎(咽頭炎,喉頭炎),けい肺のたんの除去/慢性副鼻腔炎の排膿
[カルボシステイン]上気道炎(咽頭炎、喉頭炎),気管支ぜんそく,急性・慢性気管支炎,気管支拡張症,肺結核のたんの除去/慢性副鼻腔炎の排膿
[フドステイン]気管支ぜんそく,慢性気管支炎,気管支拡張症,肺結核,じん肺症,肺気腫,非定型抗酸菌症,びまん性汎細気管支炎のたんの除去

カルボシステインシロップの用法・用量

1回500mg(細粒剤・ドライシロップは1g)を1日3回。幼・小児は処方医の指示通りに服用。

カルボシステインシロップの使用上の注意と副作用

基本的注意

*L-エチルシステイン塩酸塩(チスタニン),L-メチルシステイン塩酸塩(ペクタイト),カルボシステイン(ムコダイン,DS),フドステイン(クリアナール)の添付文書による

(1)服用してはいけない場合……[L-メチルシステイン塩酸塩,カルボシステイン]本剤に対するアレルギーの前歴
(2)慎重に服用すべき場合……肝機能障害,心機能障害
(3)服用法……[L-エチルシステイン塩酸塩,L-メチルシステイン塩酸塩]本剤は腸で溶けて吸収されるように工夫されている(腸溶剤)ので,噛まずに服用してください。
(4)その他……
・妊婦での安全性:[カルボシステイン]未確立。原則として服用しない。[フドステイン]未確立。有益と判断されたときのみ服用。
・授乳婦での安全性:[フドステイン]服用するときは授乳を中止。
・小児での安全性:[フドステイン]未確立。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

[カルボシステイン,フドステイン](1)肝機能障害,黄疸。
[カルボシステイン](2)皮膚粘膜眼症候群(スティブンス-ジョンソン症候群),中毒性表皮壊死融解症(TEN)。(3)ショック,アナフィラキシー様症状(呼吸困難,むくみ,じん麻疹など)。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

カルボシステインシロップに効果効能が似た薬

カルボシステインシロップが気になる人向けのコラム

「シミ・そばかす」はもう隠さなくて大丈夫! L-システインの効果とは?

最近、シミやそばかすが気になるという人に。美容ライターの間でも人気の高い、エスエス製薬の「ハイチオール」シリーズから、飲んで内側からシミ・そばかすを治療する医薬品「ハイチオールCホワイティア」が新発売になりました。 ハイチオールCホワイ... 続きを読む

イケメンを襲う肺気胸とは

イケメンの病気という噂は本当か
肺気胸はイケメン病とも呼ばれるほど、かっこいい人がなりやすい傾向があるらしいのです。


2007年11月1日、左自然気胸(肺気胸)のため約10日間の安静と通院を診断され加療
佐藤健 (俳優)とは... 続きを読む

4月9日は子宮の日、子宮頸がんを予防しよう-NPOの取り組み

最近、子宮頸がんの予防啓発を呼びかける市民活動や企業活動などが活発になっています。「NPO法人 子宮頸がんを考える市民の会」(以下、「市民の会」)も、その一つ。「オレンジクローバー」をシンボルマークに2004年に発足し、2005年にNPO... 続きを読む

目やにが大量にでるのは病気? 目やにの原因とケアの正しい仕方

「目くそ鼻くそを笑う」ということわざがあります。自分の欠点には気づかずに、他人の欠点を見下すことの例えです。確かにいますよね、こういう人。なぜ目くそ(目やに)と鼻くそが例えに用いられるのかというと、元は一緒で汚さではどっちもどっち、同じよ... 続きを読む

肺も老化する? 咳が止まらない・息切れする人は要注意! 6つのチェック診断

運動不足を解消するために階段を使ってみたら、なんだか息がゼイゼイ……。普段、呼吸する時は意識していませんが、呼吸を行っているのは「肺」。そして、肺もお肌のように、年齢とともに老化すること、知っていましたか? 風邪と診断されたのに「肺が... 続きを読む