ルフレン配合顆粒の効能・用量・副作用など

ルフレン配合顆粒の基本情報

ゲファルナートテルペン系抗潰瘍薬同様,潰瘍の防御因子(胃壁を強化する,胃壁に膜をはる)を強めるグルタミン酸が効果の主体です。

処方薬/市販薬 処方薬/ジェネリック
分類 胃炎・消化性潰瘍の薬>アミノ酸系抗潰瘍薬>L-グルタミン配合剤
形状 顆粒剤
製造販売会社 日医工=三和
保険薬価 顆粒剤   1g 6.50円
同じ分類の薬 先発薬: マーズレンS配合顆粒    ジェネリック薬: セダガストン配合顆粒  アズクレニンS配合顆粒  アズレミン配合細粒  アズレン・グルタミン配合細粒 

ルフレン配合顆粒の効果・効能

胃潰瘍,十二指腸潰瘍
[L-グルタミン配合剤のみの適応症]胃炎

ルフレン配合顆粒の用法・用量

[エピサネートG配合顆粒]1回1gを1日3回。[マーズレンS配合顆粒]1日1.5~2gを3~4回に分けて服用。[マーズレン配合錠]1.0ES錠は1日3錠,0.5ES錠は1日6錠を3回に分けて服用。0.375ES錠は1日6~8錠を3~4回に分けて服用。

ルフレン配合顆粒の使用上の注意と副作用

基本的注意

*L-グルタミン配合剤(マーズレンS配合顆粒,エピサネートG配合顆粒)の添付文書による

(1)服用してはいけない場合……[エピサネートG配合顆粒]緑内障/前立腺肥大による排尿障害/重い心疾患/麻痺性イレウス/ナトリウム摂取制限を必要とする人(高ナトリウム血症,浮腫,妊娠高血圧症候群など)/透析療法を受けている人
(2)慎重に服用すべき場合……[エピサネートG配合顆粒]前立腺肥大/甲状腺機能亢進症/うっ血性心不全,不整脈/潰瘍性大腸炎/腎機能障害/心機能障害/肺機能障害/高温環境にある人/便秘のある人/低クロル性アルカローシスなどの電解質失調のある人
(3)危険作業に注意……[エピサネートG配合顆粒]本剤を服用すると視調節障害,眠けをおこすことがあります。服用中は自動車の運転などの危険を伴う機械の操作には注意してください。
(4)その他……
・妊婦での安全性:未確立。有益と判断されたときのみ服用。
・小児での安全性:未確立。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

[エピサネートG配合顆粒](1)(長期連用で)偽アルドステロン症(低カリウム血症,血圧上昇,ナトリウム・体液の貯留,浮腫,体重増加など)。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

ルフレン配合顆粒が気になる人向けのコラム

「シミ・そばかす」はもう隠さなくて大丈夫! L-システインの効果とは?

最近、シミやそばかすが気になるという人に。美容ライターの間でも人気の高い、エスエス製薬の「ハイチオール」シリーズから、飲んで内側からシミ・そばかすを治療する医薬品「ハイチオールCホワイティア」が新発売になりました。 ハイチオールCホワイ... 続きを読む

お腹が痛い!どこがどんな風に痛い? 痛む場所から疑われる病気をイラストで解説

「腹痛」といっても、痛みの種類や痛む場所によって原因はさまざま。ときには、その腹痛が病気の前兆の場合もあります。腹痛で疑われる病気をまとめてご紹介します。 腹痛から原因の病気が特定できる 腹部は、体の中心で重要な臓器が集まっている場所... 続きを読む

胸の痛みから考えられる13の病気と対処法 緊急を要する症状は?

心臓や肺など、大きな臓器がある胸部。胸が痛くなると、大きな病気では?と不安になります。どんな痛みの時が危険なのか、受診する科についてまとめました。 どんな痛みか医師に説明できるとベスト 胸や胸の近くが痛い時に考えらえるのは、心臓や肺の... 続きを読む

生理が長い、8日以上は要注意!量が多すぎるのも病気の疑いが?

毎月訪れる生理。いっそ1日で終わってくれたら……と思うことはありませんか。そもそも、なぜ生理は何日にもわたって続くのでしょうか。また、生理期間が短い場合や長い場合は、どのような原因が考えられるのでしょうか。 20~140ミリリットルの... 続きを読む

L-92乳酸菌

現代病の代表と言われる、アレルギーに悩まされている人に朗報が。「L-92乳酸菌」が、花粉症や通年性アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎などの、つらい症状を緩和することがわかりました。 「乳酸菌というと思い浮かぶのが、ヨーグルトや乳酸菌飲料で... 続きを読む