アルキサの効能・用量・副作用など

アルキサの基本情報

古くからヨーロッパでは,ムラサキ科のヒレハリ草の地下茎が傷や潰瘍の治療に用いられてきましたが,その後,有効成分がアラントインであることがわかりました。アルジオキサはその誘導体で,消化管の組織を修復する・粘膜をおおう・胃酸の分泌を抑えるなどの防御因子を増強する薬剤です。
しかし,アメリカではアラントイン,アルジオキサはいずれも使われていません。イギリスではアラントインが外用薬として使われているのみで,アルジオキサの製剤はありません。

処方薬/市販薬 処方薬/ジェネリック
分類 胃炎・消化性潰瘍の薬>アルジオキサ>アルジオキサ
形状 錠剤
製造販売会社 小林化工
保険薬価 錠剤100mg 1錠 5.60円
同じ分類の薬 ジェネリック薬: イサロン  アスコンプ  アランタSF  アランタSP  アルジオキサ 

アルキサの効果・効能

胃潰瘍,十二指腸潰瘍,胃炎

アルキサの用法・用量

1日300~400mgを3~4回に分けて服用。

アルキサの使用上の注意と副作用

基本的注意

*アルジオキサ(アランタSP,SF)の添付文書による

(1)服用してはいけない場合……透析療法を受けている人
(2)慎重に服用すべき場合……腎機能障害
(3)定期検査……腎機能障害のある人が長期服用すると,アルミニウム脳症,アルミニウム骨症がおこることがあるので,定期的に血中アルミニウム,リン,カルシウム,AL-Pなどを測定する必要があります。

副作用の注意
重大な副作用

重大な副作用はありませんが,そのほかの副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

アルキサに効果効能が似た薬

アルキサが気になる人向けのコラム

もしかして胃潰瘍?心配な人のための症状まとめ

胃潰瘍の原因は「ストレス」だけではない

日本の20歳までの若い人たちのピロリ菌の感染率は低く、20%以下の低い値を示しています。
これに対して50歳以上の世代では、感染率が80%と極めて高い状態を示しています。
ヘリコバクター・... 続きを読む

胃潰瘍の原因がピロリ菌-胃潰瘍を予防・改善する5つの生活習慣

日本人の胃潰瘍(かいよう)の最大の原因は、ピロリ菌感染です。ピロリ菌に感染すると、それだけで胃の粘膜が赤く充血してきます(表層性胃炎)。この状態が長く続くと、胃の粘膜が萎縮し(萎縮性胃炎)、喫煙や過度なストレス、強いアルコール・大量飲酒、... 続きを読む

バレリアン

「 最近、よく眠れない…」と感じたことありませんか?
でも、睡眠薬はちょっとイヤ、そんな時には、バレリアンというハーブがおすすめです。 「 バレリアンは、古代ギリシャ・ローマ時代から重宝されてきた薬草。名前の由来は、ラテン語で“健康になる”... 続きを読む

αGG

美肌を作る作用から、いま化粧品などで話題に。正式には「α-グルコシルグリセロール」といい、もともとは日本酒に含まれる旨み成分です。「清酒白鹿」で知られる辰馬本家酒造の研究者が独自に抽出、その機能性の応用が注目されています。 「日本酒はお米... 続きを読む

ピロリ菌やがんから胃を守る-こんな不調があったら要注意?

食欲の秋なのに、なんとなく胃の調子がすぐれず「食べたいのに食べられない」と憂うつな気分になっている人はいませんか?
「日本人は胃が弱い」とはよくいわれます。がんの部位別死亡率をみると、最近は肺がんにトップの座を譲ったものの、長い間、胃が... 続きを読む