ロンミールの効能・用量・副作用など

ロンミールの基本情報

防御因子増強型の抗潰瘍薬です。

処方薬/市販薬 処方薬/先発品
分類 胃炎・消化性潰瘍の薬>ベネキサート塩酸塩ベータデクス>ベネキサート塩酸塩ベータデクス
形状 カプセル剤
製造販売会社 ナガセ=ファイザー
保険薬価 カプセル剤200mg 1カプセル 9.10円
同じ分類の薬 先発薬: ウルグート   

ロンミールの効果・効能

胃潰瘍/急性胃炎・慢性胃炎の急性増悪期の胃粘膜病変(びらん,出血,発赤,むくみ)の改善

ロンミールの用法・用量

1回400mg(2カプセル)を1日2回。

ロンミールの使用上の注意と副作用

基本的注意

*ベネキサート塩酸塩ベータデクス(ウルグート)の添付文書による

(1)服用してはいけない場合……妊婦または妊娠している可能性のある人
(2)慎重に服用すべき場合……血栓のある人(脳血栓,心筋梗塞,血栓性静脈炎など)/消費性凝固障害
(3)その他……
・小児での安全性:未確立。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

重大な副作用はありませんが,そのほかの副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

ロンミールに効果効能が似た薬

ロンミールが気になる人向けのコラム

大人のぜんそくが増えている-激しいせきはぜんそく?8つの症状

なかなか止まらない激しいせき、呼吸のたびにゼーゼー、ヒューヒューと鳴るのど、そして息苦しさ。このようなぜんそくの発作は、空気の通り道である気道の粘膜がちょっとした刺激に過敏に反応し、気道が狭くなることで起こります。
刺激に反応した気道で... 続きを読む

腎臓病とメタボの危険な関係‐食生活4つのポイント

いま関心の高いメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)は、内臓脂肪型肥満に、高血圧、高血糖、脂質異常などの危険因子がいくつか重なった状態です。放っておけばほぼ確実に動脈硬化に進み、それはすなわち、心筋梗塞や脳梗塞といった死につながる病気... 続きを読む

毎日のむくみ解消が美脚への近道-寝る前のストレッチでデトックス

毎日リセットして老廃物をためないことが、美脚への近道 「いくら筋肉を鍛えても、老廃物がたまったままでは効果が出ません」と、ベリーダンサーで美脚のプロ、内藤未映さん。 ほどよく筋肉がついた内藤さんのカモシカ脚も、むくみケアをせずにそのま... 続きを読む

炭水化物なのにヤセられる!「さつまいもダイエット」 むくみ解消にも効く

寒くなると、あったかくて、甘いものが欲しくなりますよね。でも太るからと我慢していませんか。そんな我慢は、この冬は不要!
冬のおやつの定番“さつまいも”でダイエットができちゃうんです。 食物繊維だけじゃない。ヤセるパワーがギュッ! 美... 続きを読む

胃潰瘍の原因がピロリ菌-胃潰瘍を予防・改善する5つの生活習慣

日本人の胃潰瘍(かいよう)の最大の原因は、ピロリ菌感染です。ピロリ菌に感染すると、それだけで胃の粘膜が赤く充血してきます(表層性胃炎)。この状態が長く続くと、胃の粘膜が萎縮し(萎縮性胃炎)、喫煙や過度なストレス、強いアルコール・大量飲酒、... 続きを読む