プロマックDの効能・用量・副作用など

プロマックDの基本情報

プロマックD錠75mg

プロマックD錠75mg

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


ポラプレジンクは,L-カルノシンという物質に亜鉛が含まれている化合物です。防御因子増強型の薬剤で,胃粘膜の損傷部位に特異的に付着・浸透し,胃潰瘍の治癒を促進するとされています。1日2回の服用です。保険適応外ですが,味覚障害にも用いられます。D錠,OD錠は口腔内崩壊錠で,舌の上にのせて唾液で浸せば舌でつぶせますが,口腔粘膜からは吸収されないので,唾液または水でのみ込みます。ただし,寝たままの状態では,水なしで服用しないでください。

処方薬/市販薬 処方薬/先発品
分類 胃炎・消化性潰瘍の薬>金属錯化合物>ポラプレジンク
形状 錠剤
製造販売会社 ゼリア
保険薬価 錠剤75mg 1錠 35.40円
同じ分類の薬 先発薬: プロマック    ジェネリック薬: ポラプレジンク  ポラプレジンクOD 

プロマックDの効果・効能

胃潰瘍

プロマックDの用法・用量

1回75mg(顆粒剤は0.5g)を1日2回。

プロマックDの使用上の注意と副作用

基本的注意

*ポラプレジンク(プロマック,D)の添付文書による

・妊婦での安全性:未確立。有益と判断されたときのみ服用。
・授乳婦での安全性:服用するときは授乳を中止。
・小児での安全性:未確立。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

(1)肝機能障害,黄疸。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

プロマックDが気になる人向けのコラム

お腹が痛い!どこがどんな風に痛い? 痛む場所から疑われる病気をイラストで解説

「腹痛」といっても、痛みの種類や痛む場所によって原因はさまざま。ときには、その腹痛が病気の前兆の場合もあります。腹痛で疑われる病気をまとめてご紹介します。 腹痛から原因の病気が特定できる 腹部は、体の中心で重要な臓器が集まっている場所... 続きを読む

胃潰瘍の原因がピロリ菌-胃潰瘍を予防・改善する5つの生活習慣

日本人の胃潰瘍(かいよう)の最大の原因は、ピロリ菌感染です。ピロリ菌に感染すると、それだけで胃の粘膜が赤く充血してきます(表層性胃炎)。この状態が長く続くと、胃の粘膜が萎縮し(萎縮性胃炎)、喫煙や過度なストレス、強いアルコール・大量飲酒、... 続きを読む

性病を治療せず放置してはいけない4つの理由-性病は自然治癒しない?

性病(性感染症)の中には、症状が軽かったり、出ないものもあります。「そのまま放置すれば完治するのでは?」と思いがちですが、それは大きな間違いなのです。 自然治癒しない、性感染症の怖さ ごく普通のカップルも感染する可能性があり、感染者の... 続きを読む

口臭の原因になるドライマウスが若者に増えている-症状や予防法

口の中が乾く、ネバネバする、舌がヒリヒリする、唾液が出ない、食べ物が飲み込みにくい、舌がもつれて話しづらい、口臭が気になる、食べ物の味がよくわからない、急にむし歯が増えたといった症状はありませんか?
このような症状は「ドライマウス」によ... 続きを読む

ピロリ菌やがんから胃を守る-こんな不調があったら要注意?

食欲の秋なのに、なんとなく胃の調子がすぐれず「食べたいのに食べられない」と憂うつな気分になっている人はいませんか?
「日本人は胃が弱い」とはよくいわれます。がんの部位別死亡率をみると、最近は肺がんにトップの座を譲ったものの、長い間、胃が... 続きを読む