リバオールの効能・用量・副作用など

リバオールの基本情報

肝臓の解毒作用を増強し,脂肪肝生成を防止するといわれていますが,今ではほとんど使われません。

処方薬/市販薬 処方薬/先発品
分類 肝臓障害の薬>ジクロロ酢酸ジイソプロピルアミン>ジクロロ酢酸ジイソプロピルアミン
形状 散剤
製造販売会社 第一三共
保険薬価 散剤10% 1g 23.40円
錠剤20mg 1錠 5.80円

リバオールの効果・効能

慢性肝疾患における肝機能の改善

リバオールの用法・用量

1日20~60mg(散剤は0.2~0.6g)を2~3回に分けて服用。

リバオールの使用上の注意と副作用

基本的注意

特に注意はありません。

副作用の注意
重大な副作用

重大な副作用はありませんが,そのほかの副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

リバオールが気になる人向けのコラム

現代人に増えている脂肪肝の危険性

脂肪肝が現代人に増えている
メタボリックシンドロームという言葉を耳にしたことも多いかと思います。メタボリックシンドロームだけでなく、脂肪肝も現代人に増えている病気です。脂肪肝とはどのようなものなのでしょう。

肝臓に、中性脂肪(ち... 続きを読む

痩せるだけは危険!本当は怖い脂肪肝

痩せている人でも脂肪肝の可能性がある

肝臓内に脂肪(主に中性脂肪)が過剰に蓄積された状態。肝細胞の30%以上に脂肪の沈着が認められる場合をいう。お酒の飲みすぎが原因のアルコール性脂肪肝と、お酒を飲まない人に起こる非アルコール性脂肪肝... 続きを読む

健康診断の肝機能検査でわかること-B型・C型肝炎検査のすすめ

健康診断で一般的な肝機能検査として「AST」、「ALT」、「γ-GTP」という検査項目があります。いずれも労働安全衛生規則の健康診断の項目に入っています(1989年から40歳以上が対象)。
AST (aspartate aminotra... 続きを読む

女性に増えているダイエットが原因の「脂肪肝」てどんな病気? 予防法など

アルコール好きの男性にしか関係ないと思っていた肝臓の病気が、最近、女性にも増加中。記憶に新しいのが、肝内胆管がんを患った川島なお美さんの訃報です。ワイン好きとして知られていましたが、なんとお酒を飲まない女性にも肝臓のケアが必須なんです。... 続きを読む

知っておこう!小児慢性特定疾患医療費助成制度

小児慢性特定疾患医療費助成制度とは?
「小児慢性特定疾患医療費助成制度」は子どもの健全な育成を目的とし疾患の治療方法の確立を目指す厚生労働省の『小児慢性特定疾患治療研究事業』の一環として施行されます。親は誰でも、赤ちゃんが誕生した瞬間か... 続きを読む