リバオールの効能・用量・副作用など

リバオールの基本情報

肝臓の解毒作用を増強し,脂肪肝生成を防止するといわれていますが,今ではほとんど使われません。

処方薬/市販薬 処方薬/先発品
分類 肝臓障害の薬>ジクロロ酢酸ジイソプロピルアミン>ジクロロ酢酸ジイソプロピルアミン
形状 散剤
製造販売会社 第一三共
保険薬価 散剤10% 1g 23.40円
錠剤20mg 1錠 5.80円

リバオールの効果・効能

慢性肝疾患における肝機能の改善

リバオールの用法・用量

1日20~60mg(散剤は0.2~0.6g)を2~3回に分けて服用。

リバオールの使用上の注意と副作用

基本的注意

特に注意はありません。

副作用の注意
重大な副作用

重大な副作用はありませんが,そのほかの副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

リバオールが気になる人向けのコラム

健康診断の肝機能検査でわかること-B型・C型肝炎検査のすすめ

健康診断で一般的な肝機能検査として「AST」、「ALT」、「γ-GTP」という検査項目があります。いずれも労働安全衛生規則の健康診断の項目に入っています(1989年から40歳以上が対象)。
AST (aspartate aminotra... 続きを読む

女性に増えているダイエットが原因の「脂肪肝」てどんな病気? 予防法など

アルコール好きの男性にしか関係ないと思っていた肝臓の病気が、最近、女性にも増加中。記憶に新しいのが、肝内胆管がんを患った川島なお美さんの訃報です。ワイン好きとして知られていましたが、なんとお酒を飲まない女性にも肝臓のケアが必須なんです。... 続きを読む

慢性的な頭痛だと諦めていませんか?【イケメン脳神経外科医が語る健美ライフのすすめ】

心臓と同じリズムでこめかみがズキンズキンしたり、頭をギューッと締め付けられるように痛んだり、不意の頭痛には思わず眉根に力が入ってしまいます。軽度の頭痛なら市販薬で一時的にしのぐこともできますが、出来ればそもそも頭痛が起こらないようにした... 続きを読む

子宮頸がん検診でそのほかの婦人科疾患もチェックできる

誰もがかかるリスクを持っている「子宮頸がん」年に1度の検診をしておけば、そのほかの子宮の病気も防ぐことができます。小さなことでも相談できる、かかりつけの婦人科を見つけましょう。 30歳以上は「細胞診」と「HPV検査」の併用を 「がん... 続きを読む

食後に横になるのは体にいいって本当? 横になっても太らない方法

子どもの頃、食事のすぐ後にゴロリと横になると、お母さんなどから「牛になっちゃうよ」と言われたことはありませんか?
そう言われたのにいまだ人間をやっている(?)のですから、「行儀の悪さを直すしつけだったんだなぁ」と今ではほほえましく思い出さ... 続きを読む