カモスタットメシル酸塩の効能・用量・副作用など

カモスタットメシル酸塩の基本情報

注射薬として使われているガベキサートメシル酸塩から導き出された内服薬ですが,内服時に分解されてしまう可能性も指摘されています。イギリスの医薬品集「マーティンデール」(37th ed.)では,ガベキサートメシル酸塩とともに補助的薬品のパートに掲載されています。

処方薬/市販薬 処方薬/ジェネリック
分類 膵臓・胆道の薬>カモスタットメシル酸塩>カモスタットメシル酸塩
形状 錠剤
製造販売会社 テバ製薬
保険薬価 錠剤100mg 1錠 11.30円
同じ分類の薬 先発薬: フオイパン    ジェネリック薬: カモスタットメシル酸塩  カモエント  カモスタール  カモストン 

カモスタットメシル酸塩の効果・効能

慢性膵炎における急性症状の緩解,術後逆流性食道炎

カモスタットメシル酸塩の用法・用量

1日600mgを3回に分けて服用。術後逆流性食道炎の場合は,1日300mgを3回に分けて服用。

カモスタットメシル酸塩の使用上の注意と副作用

基本的注意

*カモスタットメシル酸塩(フオイパン)の添付文書による

(1)服用してはいけない場合……本剤の成分に対するアレルギーの前歴
(2)慎重に服用すべき場合……アレルギーのある人
(3)その他……
・小児での安全性:未確立。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

(1)ショック,アナフィラキシー様症状(血圧低下,呼吸困難,かゆみなど)。(2)血小板減少。(3)肝機能障害,黄疸。(4)高カリウム血症。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

カモスタットメシル酸塩に効果効能が似た薬

カモスタットメシル酸塩が気になる人向けのコラム

女性にも急増! 自覚症状なく進む「膵臓」の病気 7つの危険な症状

地味ながら、消化液を作りインスリンを分泌する重要な消化器 膵臓と聞いて、どこにあるかすぐにわかる人は少ないのではないのでしょうか。膵臓は長さ15cmぐらいのタラコのような形をした臓器で、胃の裏側にあります。触診が難しい位置で、異常があ... 続きを読む

女性の下腹部の痛みは注意が必要‐考えられる7つの原因と対処法

女性にとって、子宮がある下腹部の痛みは慎重に対処したいもの。下腹部に痛みがある場合に考えられる病気についてご紹介します。 腹痛の種類と痛みの強さに注目を 生理痛や排卵痛で下腹部の痛みを感じたことがある女性は多いもの。ただ、いつもの痛みと... 続きを読む

たびたび起こる胸やけ、逆流性食道炎かも? 脂っこい食生活が原因

食べすぎ、飲みすぎで胸やけすることはよくあることでしょう。胸やけはみぞおちから胸、または背中にかけて感じる熱く焼けるような不快感のこと。胃酸が胃から食道に逆流することで起こります。単に二日酔いや食べすぎで起こることも多く、一時的なものなら... 続きを読む

膵臓がんの基礎知識 7つの危険因子|膵臓がんの主な検査方法

国立がん研究センターがん対策情報センターの「最新がん統計」によると、わが国で1年間に新しく膵臓がん(「膵がん」ともいう)にかかる人は約24,800人(2005年データ)、1年間に膵臓がんで亡くなる人は約26,800人(2009年データ)と... 続きを読む

胸焼けやゲップの原因は胃食道逆流症かも? 8つのセルフケア術

食事の後に胸焼けが起こる、酸っぱいものがこみ上げてくる、げっぷが出やすい──などという不快な症状にたびたび見舞われるようなら、それは「胃食道逆流症」かもしれません。この病名、あまりなじみがないかもしれませんが、以前は「逆流性食道炎」と呼ば... 続きを読む