リビリスターの効能・用量・副作用など

リビリスターの基本情報

注射薬として使われているガベキサートメシル酸塩から導き出された内服薬ですが,内服時に分解されてしまう可能性も指摘されています。イギリスの医薬品集「マーティンデール」(37th ed.)では,ガベキサートメシル酸塩とともに補助的薬品のパートに掲載されています。

処方薬/市販薬 処方薬/ジェネリック
分類 膵臓・胆道の薬>カモスタットメシル酸塩>カモスタットメシル酸塩
形状 錠剤
製造販売会社 大正薬品=テバ製薬
保険薬価 錠剤100mg 1錠 11.30円
同じ分類の薬 先発薬: フオイパン    ジェネリック薬: カモスタットメシル酸塩  カモエント  カモスタール  カモストン 

リビリスターの効果・効能

慢性膵炎における急性症状の緩解,術後逆流性食道炎

リビリスターの用法・用量

1日600mgを3回に分けて服用。術後逆流性食道炎の場合は,1日300mgを3回に分けて服用。

リビリスターの使用上の注意と副作用

基本的注意

*カモスタットメシル酸塩(フオイパン)の添付文書による

(1)服用してはいけない場合……本剤の成分に対するアレルギーの前歴
(2)慎重に服用すべき場合……アレルギーのある人
(3)その他……
・小児での安全性:未確立。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

(1)ショック,アナフィラキシー様症状(血圧低下,呼吸困難,かゆみなど)。(2)血小板減少。(3)肝機能障害,黄疸。(4)高カリウム血症。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。