サーカネッテン配合錠の効能・用量・副作用など

サーカネッテン配合錠の基本情報

硫黄を含む高分子ペプチド(パラフレボン)に,便秘薬のセンナ末などを混合したものです。静脈瘤内の血液凝固作用,毛細管透過性の抑制作用,抗炎症作用などによって痔核(いぼ痔)の症状を改善します。

処方薬/市販薬 処方薬/先発品
分類 痔の内服薬>サーカネッテン>パラフレボン・センナ末配合剤
形状 錠剤
製造販売会社 日本新薬
保険薬価 錠剤   1錠 14.70円

サーカネッテン配合錠の効果・効能

痔核の症状(出血,痛み,腫れ,かゆみ)の緩解

サーカネッテン配合錠の用法・用量

1回2錠を1日3回。

サーカネッテン配合錠の使用上の注意と副作用

基本的注意

・妊婦での安全性:未確立。有益と判断されたときのみ服用。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

重大な副作用はありませんが,そのほかの副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

サーカネッテン配合錠に効果効能が似た薬

サーカネッテン配合錠が気になる人向けのコラム

ボーンペップ

いま日本の骨粗しょう症の患者数は約1千万人。特にホルモンが減少する閉経後の女性がかかりやすいため、アラフォー世代から予防を心がけることが重要です。そこで、今注目されているのが骨を強くする新成分“ボーンペップ”。鶏卵からヒヨコが生まれるメカ... 続きを読む

冬に多いノロウイルスの症状と治療法|役に立つ予防対策

食中毒というと梅雨や夏をイメージしますが、これは細菌によるもの。冬場は、低温や乾燥した場所でも生きることができるウイルスによる食中毒が多く発生します。その感染ルートと予防法を学びましょう。 冬の食中毒の代表
ノロウイルス ウイルス性の... 続きを読む

風邪には抗生物質は効かない? 細菌とウイルスの違いがポイント

抗生物質が効くのは細菌だけ 「風邪をひいたから病院に行って抗生剤をもらって早く治そう」と思って病院に行ったのに、抗生物質は処方されなかった……こんな経験はありませんか? 風邪には基本的に抗生物質は不要です。その理由を知るには、細菌とウ... 続きを読む

関節リウマチ患者、女性は男性の4倍-専門医の早期診断が決め手

日本での関節リウマチの患者数は、70~100万人と推定され、30~50歳代で最も多く発症しています。10歳代や20歳代での発症もあります。女性に多く、男性の約4倍とみられています。
関節リウマチの原因は、まだ明らかではありませんが、自... 続きを読む

白血病の基礎知識 病気の特徴と症状|主な検査方法

白血病は血液のがんの一つです。かつては「死に至る病」ともいわれましたが、診断法や治療法が進歩して治癒率もかなり上がり、現在では完治が期待できる病気の一つになっています。
国立がん研究センターがん対策情報センターの「最新がん統計」による... 続きを読む