ハイボンの効能・用量・副作用など

ハイボンの基本情報

ハイボン錠20mg

ハイボン錠20mg

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


ビタミンB₂は,皮膚のビタミンと呼ばれています。湿疹,皮膚炎,眼疾患などによく処方されます。
処方目的(適応症)のうち,(3)と高コレステロール血症は再評価で「効果がないのに月余にわたって漫然と使用すべきではない」とのコメントがついています。

処方薬/市販薬 処方薬/先発品
分類 水溶性ビタミン剤>ビタミンB₂>リボフラビン酪酸エステル
形状 細粒剤
製造販売会社 田辺三菱=田辺販売
保険薬価 細粒剤10% 1g 13.80円
細粒剤20% 1g 17.30円
錠剤20mg 1錠 5.60円
錠剤40mg 1錠 6.00円
同じ分類の薬 先発薬: フラビタン    ジェネリック薬: ワカデニン  バイラブ  ミタンB₂  FAD 

ハイボンの効果・効能

(1)ビタミンB₂欠乏症/(2)ビタミンB₂の需要が増大し,食事からの摂取が不十分な場合→消耗性疾患,妊産婦,授乳婦,激しい肉体労働時など/(3)以下の疾患のうちビタミンB₂の欠乏または代謝障害が関与すると推定される場合→口角炎,口唇炎,舌炎,脂漏性湿疹,結膜炎,びまん性表層角膜炎
[フラビンアデニンジヌクレオチドのみの適応症]口内炎,肛門周囲・陰部びらん,急性・慢性湿疹,ペラグラ,にきび,酒さ,日光皮膚炎,角膜部周擁(しゅうよう)充血,角膜脈管新生
[リボフラビン酪酸エステルのみの適応症]高コレステロール血症

ハイボンの用法・用量

1日5~20mg(10%細粒・顆粒剤は0.05~0.2g,20%細粒剤は0.025~0.1g)を2~3回に分けて服用。高コレステロール血症の場合は,1日60~120mgを2~3回に分けて服用。

ハイボンの使用上の注意と副作用

基本的注意

*フラビンアデニンジヌクレオチド(フラビタン),リボフラビン酪酸エステル(ハイボン)の添付文書による

(1)服用法……[フラビンアデニンジヌクレオチド]腸で溶ける錠剤(腸溶錠)なので,噛まずにそのまま服用してください。
(2)検査前に伝達……本剤は尿を黄変させるので,臨床検査値に影響を与えることがあります。服用中に検査を受ける場合は,事前にその旨を医師に伝えてください。

副作用の注意
重大な副作用

重大な副作用はありませんが,そのほかの副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

ハイボンが気になる人向けのコラム

日光を避けすぎると不健康? がん予防のための日光浴とビタンミンD

紫外線を浴びることでシミやそばかすになることを恐れ、日光を避けた生活を送っていませんか?
確かに美白のためには紫外線は大敵ですが、日光をあまりに避けすぎると、かえって健康を害するリスクが…。健康のためにも、適度に日光に当たることは必要です。... 続きを読む

二度と腰痛にならない【正しい座り方】を身につけよう

悪い座り方が腰痛を招いている 現代人は1日の半分近くを座って過ごすと言われています。現在、日本には2800万人の腰痛患者がいると言われていますが、その大きな原因の一つが「座り方」であると指摘するのは、腰痛の専門家である伊藤和磨さんです... 続きを読む

視力が急に低下したら加齢黄斑変性症かも-重症化すると失明の危険も

ある程度年齢のいった人で、ものがゆがんで見える、見たい部分がぼやけてきた、あるいは、急に視力が低下した、というような症状があったら、それは「加齢黄斑変性症(かれいおうはんへんせいしょう)」という目の病気かもしれません。視力の悪化からQOL... 続きを読む

レーシック手術のメリットとデメリット|術後の過ごし方の注意点

「眼鏡もコンタクトレンズもわずらわしい、でも視力は矯正したい」という人に、レーザーによる手術で近視や乱視を矯正する「レーシック(LASIK)手術」が広まっています。日帰り手術の便利さと、視力回復の早さが人気となり、いまや屈折矯正手術の主流... 続きを読む

全身の骨のはたらきとは? 各部位の骨の構造と病気について

屋台骨、骨組み、骨子、バックボーン・・・。骨のつくフレーズをいくつか拾い出してみると、抽象的な意味としては、人や組織などを支えるもの、ものごとを形づくる基本的な構造、などと解説されています。人間の体にとっての骨の重要な役割の1つが体を支え... 続きを読む