デラキシー配合顆粒の効能・用量・副作用など

デラキシー配合顆粒の基本情報

処方目的(適応症)のうち,アスコルビン酸の(3),およびアスコルビン酸・パントテン酸カルシウム配合剤の処方目的については,再評価で「効果がないのに月余にわたって漫然と使用すべきではない」とのコメントがついています。

処方薬/市販薬 処方薬/ジェネリック
分類 水溶性ビタミン剤>ビタミンC>アスコルビン酸・パントテン酸カルシウム配合剤
形状 顆粒剤
製造販売会社 丸石
保険薬価 顆粒剤   1g 6.20円
同じ分類の薬 先発薬: ハイシー  シナール配合顆粒  シナール配合錠  アスコルビン酸    ジェネリック薬: シーピー配合顆粒 

デラキシー配合顆粒の効果・効能

[アスコルビン酸の適応症](1)ビタミンC欠乏症(壊血病,メルレル・バロー病)/(2)ビタミンCの需要が増大し,食事からの摂取が不十分な場合→消耗性疾患,妊産婦,授乳婦,激しい肉体労働時など/(3)以下の疾患のうち,ビタミンCの欠乏または代謝障害が関与すると推定される場合→毛細管出血(鼻出血,歯肉出血,血尿など),薬物中毒,副腎皮質機能障害,骨折時の骨基質形成・骨癒合促進,しみ・そばかす・炎症後の色素沈着,光線過敏性皮膚炎
[アスコルビン酸・パントテン酸カルシウム配合剤の適応症](1)アスコルビン酸やパントテン酸カルシウムの需要が増大し,食事からの摂取が不十分な場合(消耗性疾患,妊産婦,授乳婦など)/(2)炎症後の色素沈着

デラキシー配合顆粒の用法・用量

1回1~3g(錠剤は1~3錠)を1日1~3回。

デラキシー配合顆粒の使用上の注意と副作用

基本的注意

*アスコルビン酸・パントテン酸カルシウム配合剤(シナール配合顆粒)の添付文書による

(1)検査前に伝達……アスコルビン酸(ビタミンC)は,尿糖検査で尿糖の検出を妨害,また尿検査(潜血,ビリルビン,亜硝酸塩)や便潜血反応検査で,偽陰性を呈することがあります。服用中に検査を受ける場合は,事前にその旨を医師に伝えてください。

副作用の注意
重大な副作用

重大な副作用はありませんが,そのほかの副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

デラキシー配合顆粒に効果効能が似た薬

デラキシー配合顆粒が気になる人向けのコラム

ウエストのくびれは腹筋では作れない? 憧れのくびれの作り方とは

ウエストシェイプは肋骨と骨盤上部の距離を意識することから。腹筋を一生懸命やってもウエストのくびれはできない。くびれ作りに必要なのは伸ばすことと意識すること。 くびれが女性だけにあって、男性にないのはなぜ? 女性らしさのカギともいえるウ... 続きを読む

人生が輝く休日の過ごし方【イケメン脳神経外科医が語る健美ライフのすすめ】

休日はどのように過ごしていますか。たっぷりと寝て過ごす休日も悪くはないのですが、昨今は丸一日動かずに過ごすよりも、適度に身体を動かす方が健康的に休息できると言われています。『死ぬまで健康でいられる5つの習慣』の著者である脳神経外科医の菅... 続きを読む

お腹が痛い!どこがどんな風に痛い? 痛む場所から疑われる病気をイラストで解説

「腹痛」といっても、痛みの種類や痛む場所によって原因はさまざま。ときには、その腹痛が病気の前兆の場合もあります。腹痛で疑われる病気をまとめてご紹介します。 腹痛から原因の病気が特定できる 腹部は、体の中心で重要な臓器が集まっている場所... 続きを読む

素敵なスタイルは骨からつくられる-カルシウムの正しい取り方

身体を支えているのは骨。いつまでも素敵なプロポーションで健康美人でいるためには、骨の健康を維持することが大切です。
とくに、女性は骨粗しょう症になりやすいといわれています。骨粗しょう症とは骨からカルシウムが溶け出し、骨がスカスカになって... 続きを読む

日本人にはカルシウムが足りない? カルシウムの効果的なとり方

「飽食の時代」と言われるようになって久しい日本ですが、長年「カルシウム不足」が指摘され続けています。日本人のカルシウム摂取量は、1970年代からほとんど増えていないばかりか、近年少しずつ減ってきていることが国の調査でわかりました。
カル... 続きを読む