リーバクト配合顆粒の効能・用量・副作用など

リーバクト配合顆粒の基本情報

リーバクト配合顆粒

リーバクト配合顆粒

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


タンパク質を構成するアミノ酸のうち,体内でつくることができないものが「必須アミノ酸」で,食事からとる必要があります。

処方薬/市販薬 処方薬/先発品
分類 アミノ酸・ミネラル>アミノ酸製剤>必須アミノ酸製剤
形状 顆粒剤
製造販売会社 味の素
保険薬価 顆粒剤4.15g 1包 220.40円
同じ分類の薬 先発薬: アミユー配合顆粒  ESポリタミン配合顆粒    ジェネリック薬: ヘパアクト配合顆粒  ブラニュート配合顆粒  アミノバクト配合顆粒 

リーバクト配合顆粒の効果・効能

[ESポリタミン配合顆粒の適応症]低タンパク血症,低栄養状態,手術前後時のアミノ酸補給
[アミユー配合顆粒の適応症]慢性腎不全時のアミノ酸補給
[リーバクト配合顆粒・経口ゼリーの適応症]非代償性肝硬変患者の低アルブミン血症の改善

リーバクト配合顆粒の用法・用量

1回1包を1日3回。ゼリーは1回1個を1日3回。ESポリタミン配合顆粒は1日2~8gを1~3回に分けて服用。

リーバクト配合顆粒の使用上の注意と副作用

基本的注意

*ESポリタミン配合顆粒,アミユー配合顆粒,リーバクト配合顆粒の添付文書による

(1)服用してはいけない場合……[ESポリタミン配合顆粒]肝性昏睡または肝性昏睡のおそれのある人/重い腎機能障害,高窒素血症
[アミユー配合顆粒]重い肝機能障害
[リーバクト配合顆粒]先天性分岐鎖アミノ酸代謝異常のある人
(2)食事……(1)[アミユー配合顆粒]本剤の服用中は,腎臓の機能に応じた低タンパク食,および熱量を1,800kcal以上摂取することが必要です。処方医の指示を守ってください。(2)[リーバクト配合顆粒]本剤の服用だけでは,必要なアミノ酸のすべては満たすことはできません。服用中は,その人の状態にあった必要タンパク量(アミノ酸量)・熱量を食事などから摂取することが必要になります。特にタンパク制限を行っている人は,必要最小限のタンパク量・熱量を確保しないと本剤の効果が期待できないだけでなく,長期服用によって栄養状態の悪化を招くおそれがあります。処方医に指示された食事を摂取することが大切です。
(3)その他……
・妊婦での安全性:[アミユー配合顆粒,リーバクト配合顆粒]未確立。有益と判断されたときのみ服用。
・授乳婦での安全性:[アミユー配合顆粒]原則として服用しない。やむを得ず服用するときは授乳を中止。[リーバクト配合顆粒]未確立。有益と判断されたときのみ服用。
・小児での安全性:[アミユー配合顆粒,リーバクト配合顆粒]未確立。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

重大な副作用はありませんが,そのほかの副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

リーバクト配合顆粒が気になる人向けのコラム

肝硬変が原因で亡くなった芸能人【芸能人の健康まとめ】

肝硬変が原因で亡くなった芸能人 ・榎本健一(満65歳没) ・藤山寛美(満60歳没) ・春日八郎(満67歳没) ・乙羽信子(満70歳没) ・横山やすし(満51歳没) ・春一番(満47歳没) goo Wikipedia
より どんな病気?... 続きを読む

スポーツ選手もとっているアミノ酸を上手に活用して運動効率UP

トップアスリートなど、多くのスポーツ選手が常飲しているアミノ酸入りドリンク。アミノ酸系飲料として市販されているので私たちにもおなじみですね。
アミノ酸には、筋力、持久力を高め、運動効率をアップしてくれる作用があります。スポーツ選手にと... 続きを読む

鉄分を摂っても改善しない貧血、足りないのは「タンパク質」かも?!

女性は毎月、月経で大量の血液を失います。内科医の間では「女性を見たら貧血と思え」と言われるほど、女性にとって貧血は注意したい病気のひとつ。 貧血といえば鉄分不足というイメージがありますが、なかには非鉄欠乏性貧血、すなわちタンパク質不足に... 続きを読む

飲む点滴「甘酒」で夏バテ防止‐甘酒はダイエットや美肌効果も抜群

塩麹(こうじ)に醤油麹と麹ブームが続いていますが、この季節に注目したいのが麹を使ってつくる発酵飲料「甘酒」です。甘酒というと、寒い季節に飲む体を温める飲み物というイメージが強いかもしれませんが、実は甘酒は夏の季語。
江戸時代には、冷た... 続きを読む

クロレラ

クロレラは、湖や池で見られる緑色のプランクトンで藻の一種。1890年に発見され、ギリシャ語の緑(chloros=クロロス)と、ラテン語の小さい(ella=エラ)というコトバを組み合わせて「クロレラ」という名前になりました。 「地球の誕生時... 続きを読む