プロスタグランジンE₂の効能・用量・副作用など

プロスタグランジンE₂の基本情報

内服により妊娠末期の陣痛促進に使用されるプロスタグランジンの誘導体です。

処方薬/市販薬 処方薬/先発品
分類 女性用ホルモン剤>陣痛誘発・促進ホルモン剤>ジノプロストン
形状 錠剤
製造販売会社 科研=富士製薬
保険薬価 錠剤0.5mg 1錠 277.10円

プロスタグランジンE₂の効果・効能

妊娠末期の陣痛誘発・促進

プロスタグランジンE₂の用法・用量

1回0.5mg(1錠)を1時間ごとに6回,1日最大3mgを1クールとし,開始後効果が認められたら服用中止。

プロスタグランジンE₂の使用上の注意と副作用

警告

 過強陣痛や強直性子宮収縮により胎児仮死,子宮破裂,頸管裂傷,羊水塞栓などがおこることがあり,母体または児が重篤な転帰に至ったとの報告があります。医師から本剤を服用する必要性および危険性の十分な説明を受け,納得した場合にのみ服用してください。

基本的注意

(1)服用してはいけない場合……骨盤狭窄・児頭骨盤不均衡・骨盤位などの胎位異常/前置胎盤/常位胎盤早期剥離/胎児が仮死状態にある人/オキシトシン,ジノプロスト(PGF₂α)の使用中
(2)慎重に服用すべき場合……緑内障,眼圧亢進のある人/ぜんそく,またはその前歴/帝王切開・子宮切開などの前歴/多胎妊娠,経産婦
(3)服用法……本剤は経口剤のため調節性に欠けるので,処方医が常に監視できる条件下で服用する必要があります。
(4)妊婦……本剤は,動物実験で催奇形性が認められています。妊娠末期以外の妊婦は服用しないでください。

副作用の注意
重大な副作用

(1)過強陣痛(子宮破裂,頸管裂傷)。(2)胎児仮死徴候(仮死,徐脈,頻脈,羊水の混濁など)。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

プロスタグランジンE₂に効果効能が似た薬

プロスタグランジンE₂が気になる人向けのコラム

【アラフォー妊娠ライフ】臨月・陣痛が来ませんように…!

ついに臨月。お腹はズシーンと重みが増し、いよいよ赤ちゃんが出てくる準備を始めているんだなと実感します。37週から41週は「正期産」。赤ちゃんの身体機能が発育し、もういつ産まれてもおかしくないという時期に入りました。 陣痛、難しすぎる ... 続きを読む

【医者が教える】高齢者の在宅医療‐ある末期がん患者さんの例

「できれば最期までの日々は、思い出深いわが家で、自分らしく過ごしたい」在宅医療は、そのような患者さんの想い、ご家族の想いから始まります。しかし「自宅で急に容態が変化したときにはどうすればいいのか」など不安も大きいことと思います。患者さんが... 続きを読む

人工透析が必要になる病気とは?-5つの腎機能低下リスク

日本では人工透析(透析療法)を受ける人が増え続けています。1990年には約10万人だったのが、2000年には約20万人になり、現在は30万人にものぼります(日本透析医学会調べ)。そのため最近は、人工透析を専門に行う病院をよく見かけるように... 続きを読む

高齢出産のデメリットとメリット-無痛分娩は本当に痛くない?

担当していた38歳の妊婦さんが無事に出産しました。かわいい赤ちゃんを抱いて、とてもうれしそうです。この女性は37歳の子宮がん検診のときに、「40歳が近くなると妊娠が難しくなる」ということをお話ししたら、すぐに気持ちを切り替えて妊娠に向かっ... 続きを読む

【医者が教える】高齢者の在宅医療‐家族の負担への配慮の大切さ

超高齢社会を迎えて、高齢者の不安が増していると聞きます。
全国の60歳以上の男女に聞き取った内閣府の調査「高齢者の日常生活に関する意識調査」(平成21年)によると、将来の日常生活に対して「不安を感じる」人が7割を超えました。その要因とし... 続きを読む