オルルの効能・用量・副作用など

オルルの基本情報

米の胚芽油から抽出される物質ですが,日本以外の国では全く使われていません。脂質異常症には1日300mgが処方されますが,有効な薬剤が多い今日では意味のない使い方かもしれません。

処方薬/市販薬 処方薬/ジェネリック
分類 その他の婦人科の薬>ガンマ-オリザノール>ガンマ-オリザノール
形状 細粒剤
製造販売会社 東和
保険薬価 細粒剤20% 1g 6.20円
錠剤50mg 1錠 5.60円
同じ分類の薬 先発薬: ハイゼット    ジェネリック薬: γ-パルトックスン  ガンマオリザノール 

オルルの効果・効能

脂質異常症(高脂質血症)/心身症(更年期障害,過敏性腸症候群)における身体症状・不安・緊張・抑うつ

オルルの用法・用量

脂質異常症の場合は1日300mg(細粒剤は1.5g)を3回に分けて服用。心身症の場合は1日10~50mg,過敏性腸症候群には1日最大50mg。

オルルの使用上の注意と副作用

基本的注意

*ガンマ-オリザノール(ハイゼット)の添付文書による

(1)慎重に服用すべき場合……肝機能障害またはその前歴/妊婦または妊娠している可能性のある人,授乳中の人
(2)定期検査……脂質異常症の人が本剤を服用するときは,定期的に血中脂質の検査を受ける必要があります。
(3)発がん性……動物実験において,ガンマ-オリザノールを0.2%以上の濃度で飼料に混ぜて与えたところ,肺腫瘍発生頻度を上昇させたとの報告があります。0.04%の濃度では,肺腫瘍発生頻度は上昇しなかったことが報告されています。
(4)その他……
・妊婦での安全性:有益と判断されたときのみ服用。
・授乳婦での安全性:服用するときは授乳を中止。
・小児での安全性:未確立。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

重大な副作用はありませんが,そのほかの副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

オルルが気になる人向けのコラム

その症状、自律神経失調症かも? 主な症状と自律神経を整える方法

急に動悸がしたり、なんとなくだるかったり。原因はわからないけど、不定愁訴が多くなってきたら、自律神経失調症を疑ってみた方がいいかもしれません。 生理機能がうまく操作できない
自律神経失調症とは 私たちの体に備わっている自律神経は、体を無... 続きを読む

女性にも急増! 自覚症状なく進む「膵臓」の病気 7つの危険な症状

地味ながら、消化液を作りインスリンを分泌する重要な消化器 膵臓と聞いて、どこにあるかすぐにわかる人は少ないのではないのでしょうか。膵臓は長さ15cmぐらいのタラコのような形をした臓器で、胃の裏側にあります。触診が難しい位置で、異常があ... 続きを読む

香酢ダイエットで脂質と糖質を燃焼させる!

香酢
ダイエットには様々な食品が用いられますが、大切な事は脂肪の燃焼と糖質の燃焼を促進させる事だと言われています。

今回ご紹介する「香酢ダイエット」は、脂質や糖質の燃焼を促進させるクエン酸と脂肪分解酵素のリパーゼを活性化させるBC... 続きを読む

脂質異常症とは? 原因は生活習慣に、主な治療法

内臓脂肪の蓄積から、糖代謝異常(高血糖)や脂質代謝異常(脂質異常)、血圧の異常(高血圧)が複合的に起こった状態をメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)といい、ここ数年、非常に注目されています。メタボリックシンドロームは動脈硬化を発症し... 続きを読む

ストレスによる腹痛や下痢は過敏性腸症候群かも? 対処法と改善法

重要なミーティングの前など、ストレスを感じると、いつもお腹が痛くなり、冷や汗をかきながらトイレに駆け込む……。「お腹が弱い体質だから」と思いがちですが、それは「過敏性腸症候群」という病気かもしれません。 ストレスにより下痢や便秘になる ... 続きを読む