ミニリンメルトODの効能・用量・副作用など

ミニリンメルトODの基本情報

デスモプレシン酢酸塩水和物は,脳の下垂体から分泌されて尿量を調節する抗利尿ホルモン(バソプレシン)の類似物質です。これまで外用薬デスモプレシン酢酸塩水和物として販売されていましたが,ミニリンメルトODは日本ではじめての内服薬(口腔内崩壊錠)で,ICCS(国際小児禁制学会)において夜尿症治療の第一選択薬に位置づけられています。

処方薬/市販薬 処方薬/先発品
分類 その他のホルモン剤・抗ホルモン剤>夜尿症治療薬>デスモプレシン酢酸塩水和物
形状 錠剤
製造販売会社 フェリング=協和キリン
保険薬価 錠剤60μg 1錠 120.70円
錠剤120μg 1錠 202.70円
錠剤240μg 1錠 340.70円

ミニリンメルトODの効果・効能

尿浸透圧あるいは尿比重の低下に伴う夜尿症,中枢性尿崩症

ミニリンメルトODの用法・用量

夜尿症:1日1回120~240μgを就寝前に服用。中枢性尿崩症:1回60~240μgを1日1~3回服用。

ミニリンメルトODの使用上の注意と副作用

警告

 本剤の服用によって,重い低ナトリウム血症(水中毒)によるけいれんがおこることがあるため,医師の指示を守って水分摂取の管理を行わなければなりません。

基本的注意

(1)服用してはいけない場合……本剤の成分に対するアレルギーの前歴/低ナトリウム血症/習慣性または心因性多飲症/心不全の前歴またはその疑いがあり,利尿薬による治療を要する人/抗利尿ホルモン不適合分泌症候群/中等度以上の腎機能障害(クレアチニンクリアランスが50mL/分未満)
(2)慎重に服用すべき場合……高血圧を伴う循環器疾患,高度動脈硬化症,冠動脈血栓症,狭心症/下垂体前葉不全/軽度の腎機能障害(クレアチニンクリアランスが50~80mL/分)
(3)水中毒を予防……本剤の服用中に過度に飲水すると,脳浮腫,昏睡,けいれんなどを伴う重い水中毒がおこることがあります。以下のことを守って水分の管理を行い,水中毒を予防することが大切です。(1)服用の2~3時間前(夕食後)から翌朝までの飲水は極力避けること。過度に飲水してしまった場合は本剤を服用しないこと。(2)就眠前の排尿を徹底し,指示された服用量を厳守すること。(3)他院や他科を受診する際には,本剤を服用中である旨を担当医師に報告すること。(4)水中毒を示唆する症状(倦怠感,頭痛,悪心・嘔吐など)が現れた場合には直ちに服用を中断し,速やかに処方医に連絡します。
(4)6歳以上に使用……[夜尿症のみ]本剤は原則として6歳以上の患者に使用します。6歳未満に対しては使用経験がなく,安全性は確立されていません。
(5)定期的に休薬……[夜尿症のみ]本疾患は年齢とともに自然に軽快,治癒する傾向がみられます。定期的(3カ月前後)に治療を1~2週間中止して夜尿状況を観察するなどして,漫然と服用を継続しないようにします。
(6)その他……
・妊婦での安全性:有益と判断されたときのみ服用。
・授乳婦での安全性:服用中は授乳を中止することが望ましい。
・小児での安全性:6歳未満は未確立。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

(1)脳浮腫,昏睡,けいれんなどを伴う重い水中毒。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

ミニリンメルトOD - PC

PCB  説明(別ウィンドウ表示)

ミニリンメルトODが気になる人向けのコラム

ノロウイルスと牡蠣の関係 食中毒を起こしやすい牡蠣は生食用or加熱用?

ノロウイルスは牡蠣に蓄積している場合がありますが、適切に処理されたものなら安心して食べられます。牡蠣鍋に牡蠣フライと、冬は牡蠣のおいしい時期。正しい情報を身につけて、安全に楽しみましょう。 「生食用=新鮮=安全」ではない 冬になるとニュ... 続きを読む

コレルテロールには善玉と悪玉が-動脈硬化を防ぐコツ

「コレステロール」というと、「体によくないもの」「できるだけ少ないほうがいい」といったように、ひとくくりにした超悪役のイメージを持っている人が少なくないかもしれません。しかし実は、コレステロールには体内で代謝の違う、「善玉コレステロール」... 続きを読む

市販薬でも要注意!かぜ薬や解熱剤の副作用で重症化のキケン

薬局などで売られている市販薬(一般医薬品)は誰でも手軽に買えるため、「用量・用法さえ正しければ大丈夫」だと考えられています。しかし、市販薬であっても重篤な副作用の危険があることを知っていますか? 消費者庁では、4月8日に市販薬の副作用... 続きを読む

その痛み【うつ病】が原因かも?4つのチェックポイントで確認

頭痛、便秘、肩こり、吐き気、動悸、体重減少、腹痛、腰痛、下痢、背部痛、しびれ、筋肉痛、胸痛、歯痛、呼吸困難……これはうつ病によって引き起こされる、身体症状の一部です。 うつ病によって、痛みをはじめ、これほどさまざまな身体症状が現れること... 続きを読む

発達障害とは? 症状や原因-子どもの1割弱は発達障害?

脳の発達が通常と違っているために起こる特性が発達障害。学校だと1クラスあたり2~3人の割合と身近な存在です。生まれつきの特性で「病気」とは異なり、その特性を家族や周囲がよく理解することが大切です。 症状の現れ方に個人差が大きい発達障害... 続きを読む