チガソンの効能・用量・副作用など

チガソンの基本情報

チガソンカプセル10mg

チガソンカプセル10mg

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


スイスのホフマン・ロシュ社が開発したビタミンA誘導体です。副作用がきわめて多く,また薬剤の性質上,蓄積性があるので,常に処方医の厳重な監督下で服用することが必要です。

処方薬/市販薬 処方薬/先発品
分類 皮膚科の薬(アレルギー用薬を含む)>エトレチナート>エトレチナート
形状 カプセル剤
製造販売会社 中外
保険薬価 カプセル剤10mg 1カプセル 245.60円
カプセル剤25mg 1カプセル 626.60円

チガソンの効果・効能

諸治療が無効で,しかも重症な次の諸疾患→乾癬群(尋常性乾癬,膿疱性乾癬,乾癬性紅皮症,関節症性乾癬)/魚鱗癬(ぎょりんせん)群(尋常性魚鱗癬,水疱型先天性魚鱗癬様紅皮症,非水疱型先天性魚鱗癬様紅皮症)/掌蹠(しょうせき)角化症,ダリエー病,掌蹠膿疱症,毛孔性紅色粃糠疹(ひこうしん),紅斑性角化症/口腔白板症,口腔乳頭腫,口腔扁平苔癬(たいせん)

チガソンの用法・用量

1日10~50mgを1~3回に分けて服用,1日最大75mg。小児の場合は,処方医の指示通りに服用。

チガソンの使用上の注意と副作用

警告

 本剤には催奇形性があるので,妊婦または妊娠している可能性のある人は服用してはいけません。また,妊娠する可能性のある女性も原則として服用してはいけませんが,本剤にかわるべき治療法がなく,やむを得ず服用するときは服用中および服用中止後少なくとも2年間は避妊しなければなりません。

基本的注意

(1)服用してはいけない場合……本剤の成分に対するアレルギーの前歴/肝機能障害/腎機能障害/ビタミンA製剤の服用中/ビタミンA過剰症/妊婦または妊娠している可能性のある人
(2)特に慎重に服用すべき場合(原則禁忌,処方医と連絡を絶やさないこと)……妊娠する可能性のある人
(3)慎重に服用すべき場合……糖尿病/アルコール中毒/脂質代謝異常など高中性脂肪血症の素因がある人/肥満者/25歳以下,特に幼・小児/低出生体重児,新生児,乳児,高齢者
(4)定期検査……(1)服用すると肝機能障害をおこすことがあります。服用開始1カ月後および服用中は3カ月ごとに肝機能検査を受ける必要があります。(2)長期に服用すると過骨症や骨端の早期閉鎖(関節痛,骨痛など)をおこすことがあります。長期服用中は,定期的にX線検査や生化学的検査(AL-P,カルシウム,リン,マグネシウムなど)を受ける必要があります。
(5)男性も避妊……本剤は精子形成能に異常をおこすことがあるので,男性が服用するときは服用中および服用中止後少なくとも6カ月間は避妊をしてください。
(6)献血禁止……本剤には催奇形性があり,また副作用の発現頻度が高いので,服用中および服用中止後少なくとも2年間は献血をしないでください。
(7)25歳以下……骨の成長が終了していない25歳以下の人は,治療上の有益性が危険性を上回ると判断された場合にのみ処方されることがあります。服用する場合は,上記の定期検査をきちんと受けながら状態に十分注意してください。
(8)頭蓋内圧亢進……服用によって頭蓋内圧亢進が現れることがあります。頭痛,悪心,嘔吐,視覚異常,うっ血乳頭などの初期症状がみられたら,すぐに処方医へ連絡してください。
(9)牛乳・高脂肪食……服用中に牛乳や高脂肪食を摂取すると,本剤の吸収が増加するとの報告があります。
(10)その他……
・授乳婦での安全性:服用するときは授乳を中止。
・低出生体重児,新生児,乳児での安全性:未確立。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

(1)中毒性表皮壊死融解症(TEN),多形紅斑,血管炎。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

チガソンが気になる人向けのコラム

完治が難しい皮膚病、乾癬-生活の質が落ちるほどつらい症状とは

乾癬にかかると多くの場合、皮膚が赤くなり(紅斑:こうはん)、盛り上がり(浸潤・肥厚:しんじゅん・ひこう)、その表面に銀白色のアカ(鱗屑:りんせつ)が厚く付着して、それがフケのようにぼろぼろとはがれ落ちる(落屑:らくせつ)、といった症状が出... 続きを読む

口腔がんの基礎知識 病気の特徴と進行の仕方|主な検査方法

口腔(こうくう)とは口の中の空間のことで、ここにできるがんを総称して「口腔がん」といいます。最も多いのは舌にできる「舌(ぜつ)がん」で、口腔がん全体の50~60%を占めています。このほか、歯肉にできる「歯肉がん」、頬の内側にできる「頬(き... 続きを読む

口内炎の3つのタイプ-口内炎だと思ったらがんだった3つのケース

口の中の小さなできもの「口内炎」。たとえ小さくても、舌で触れたり、食事をするたびに痛んで、とても気になりますね。
口内炎は口の中の粘膜に起こる炎症の総称で、舌や唇、歯ぐき、頬の内側など、さまざまな場所にできます。原因もいろいろですが、代... 続きを読む

ミランダ・カーやマギーが飲んでいる「レモン白湯」の効果は?【芸能人の健康まとめ】

海外モデルのミランダ・カーが以前、オフィシャルブログに美容のための習慣として、毎朝レモン白湯を飲んでいることを明かして、レモン白湯に注目が集まりました。 モデルのマギーさんもTV番組「王様のブランチ」でレモン白湯を起床後に飲むとお話されてい... 続きを読む

2016‐2017年に流行するインフルエンザの特徴・症状・予防対策

今年もインフルエンザの季節がやってきました。 2016~2017年にかけて流行するインフルエンザの特徴と予防対策について、まとめました。 12月末から患者数が急増する見込み 年末に向けて、日に日に寒くなってくるこの時期に気をつけたいの... 続きを読む