エピナスチン塩酸塩の効能・用量・副作用など

エピナスチン塩酸塩の基本情報

本剤は,アレルギー反応に関与する生理活性物質のロイコトリエンに対する拮抗作用があるという報告もありますが,確定したものではありません。ヒスタミンH₁受容体に対する遮断作用(抗ヒスタミン作用)は認められています。
アゼラスチン塩酸塩,エピナスチン塩酸塩は気管支ぜんそくにも使われます。この両薬とケトチフェンフマル酸塩ケトチフェンフマル酸塩との二重盲検試験では,改善度,安全性,有用度に有意差はないと報告されています。なお,ケトチフェンフマル酸塩と同様,この両薬もぜんそく発作をその場で抑える薬剤ではありません。
エピナスチン塩酸塩は,2012年に第一類医薬品のOTC薬(アレルギー専用鼻炎薬)として発売されました。

処方薬/市販薬 処方薬/ジェネリック
分類 皮膚科の薬(アレルギー用薬を含む)>アゼラスチン塩酸塩ほか>エピナスチン塩酸塩
形状 錠剤
製造販売会社 ファイザー
保険薬価 錠剤10mg 1錠 21.10円
錠剤20mg 1錠 33.00円
同じ分類の薬 先発薬: アゼプチン  レミカット  ダレン    ジェネリック薬: アドメッセン  ラスプジン 

エピナスチン塩酸塩の効果・効能

[アゼラスチン塩酸塩の適応症]アレルギー性鼻炎,じん麻疹,湿疹・皮膚炎,アトピー性皮膚炎,皮膚掻痒症,痒疹/気管支ぜんそく
[エピナスチン塩酸塩の適応症]アレルギー性鼻炎,じん麻疹,湿疹・皮膚炎,皮膚掻痒症,痒疹,かゆみを伴う尋常性乾癬/気管支ぜんそく
[エメダスチンフマル酸塩の適応症]アレルギー性鼻炎,じん麻疹,湿疹・皮膚炎,皮膚掻痒症,痒疹
[ベポタスチンベシル酸塩の適応症]アレルギー性鼻炎,じん麻疹,皮膚疾患に伴うかゆみ(湿疹・皮膚炎,痒疹,皮膚掻痒症)

エピナスチン塩酸塩の用法・用量

アレルギー性鼻炎:1日1回10~20mg。じん麻疹:1日1回20mg。その他の適応症・小児の場合:処方医の指示通りに服用。

エピナスチン塩酸塩の使用上の注意と副作用

基本的注意

*エピナスチン塩酸塩(アレジオン)の添付文書による

(1)服用してはいけない場合……本剤の成分に対するアレルギーの前歴
(2)慎重に服用すべき場合……肝機能障害またはその前歴
(3)服用目的……本剤は,気管支ぜんそくにも使われます。ただし,気管支拡張薬や全身性ステロイド薬などと異なり,すでにおこっている気管支ぜんそく発作を速やかに抑える薬ではありません。
(4)季節性アレルギー疾患……本剤(錠剤)を季節性アレルギー性疾患の人が服用するときは,発作の出やすい季節の直前から服用を開始し,その季節が終了するまで続ける必要があります。
(5)危険作業に注意……本剤を服用すると,眠けを催すことがあります。服用中は,高所作業や自動車の運転など危険を伴う機械の操作は十分に注意してください。
(6)その他……
・妊婦での安全性:未確立。有益と判断されたときのみ服用。
・授乳婦での安全性:原則として服用しない。やむを得ず服用するときは授乳を中止。
・小児での安全性:未確立。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

(1)肝機能障害,黄疸。(2)血小板減少。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

エピナスチン塩酸塩 - PC

PCC  説明(別ウィンドウ表示)

エピナスチン塩酸塩に効果効能が似た薬

エピナスチン塩酸塩が気になる人向けのコラム

美肌を維持しながら痩せる塩サウナダイエット

塩サウナ
ダイエットを始めてからなんとなく肌トラブルが多くなった、という悩みを抱える人は多くいます。
美肌と痩身の両立はなかなか難しいものなのですが、そんな問題を解決してくれるのが塩サウナダイエットです。
塩サウナは、通常のサウナと... 続きを読む

むくみを改善する塩抜きダイエット

塩抜き
塩抜きダイエットをご存知でしょうか。
塩抜きダイエットとは、食事から塩を抜くことで体内の浄化を促すダイエット法です。
普段から食べ過ぎで塩分を取り過ぎていると、体内はむくみを溜め込みやすい状態になっています。
この状態では... 続きを読む

長引く咳に要注意!あなたも咳ぜんそくかも

こんな時は咳ぜんそくを疑ってみよう

ぜんそくというと子どもに多いと思われるかもしれませんが、実は大人のぜんそく患者が増えています。
大人のぜんそくが増えている(1) - goo ヘルスケア

風邪が治った後も1カ月以上頑固な... 続きを読む

湿疹やじんましんとは違う!実は怖い多形滲出性紅斑

湿疹やじんましんの原因は?
湿疹の主な原因は、刺激物に肌が触れることです。

刺激物とは、アクセサリー類などに使われている金属(ニッケルなど)や、ぎんなんなどの植物、服に使用されているゴム、洗剤や化粧品などに配合されている界面活性剤... 続きを読む

成人になってからでも発症するぜんそく-治療法や気をつけること

ぜんそくの発作は薬の吸入などで治まり、発作が治まると何事もなかったようにケロっとして、健康な人と変わらない生活を送ることができます。しかし、気道の炎症は静かに続いています。
前回述べたように、ぜんそくは、気道が慢性的な炎症によって狭く... 続きを読む