トリノシン顆粒の効能・用量・副作用など

トリノシン顆粒の基本情報

アデノシン3リン酸2ナトリウム水和物は「ATP」と呼ぶほうがわかる人が多いほどで,組織内における高エネルギー源としてよく知られています。内服した場合に期待どおりの効果が出るかというと,はなはだ疑わしいといえます。
日本的な薬の典型で,もちろん英米ではアデノシン3リン酸2ナトリウム水和物の内服薬はありません。

処方薬/市販薬 処方薬/先発品
分類 代謝性薬剤>アデノシン3リン酸2ナトリウム水和物>アデノシン3リン酸2ナトリウム水和物
形状 顆粒剤
製造販売会社 トーアエイヨー=アステラス
保険薬価 顆粒剤10% 1g 19.20円
同じ分類の薬 先発薬: アデホスコーワ顆粒  ATP腸溶錠  アデホスコーワ腸溶錠  トリノシン腸溶錠    ジェネリック薬: アデタイド腸溶錠 

トリノシン顆粒の効果・効能

頭部外傷後遺症に伴う諸症状の改善/心不全/調節性眼精疲労における調節機能の安定化/消化管機能低下のみられる慢性胃炎
[アデホスコーワ顆粒,トリノシン顆粒のみ]メニエール病や内耳障害にもとづくめまい

トリノシン顆粒の用法・用量

1回40~60mg(顆粒剤は0.4~0.6g)を1日3回。メニエール病や内耳障害にもとづくめまいの場合は,1回100mgを1日3回。

トリノシン顆粒の使用上の注意と副作用

基本的注意

*アデノシン3リン酸2ナトリウム水和物(アデホスコーワ顆粒)の添付文書による

・妊婦での安全性:未確立。原則として服用しない。
・小児での安全性:未確立。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

重大な副作用はありませんが,そのほかの副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

トリノシン顆粒が気になる人向けのコラム

女性にも急増! 自覚症状なく進む「膵臓」の病気 7つの危険な症状

地味ながら、消化液を作りインスリンを分泌する重要な消化器 膵臓と聞いて、どこにあるかすぐにわかる人は少ないのではないのでしょうか。膵臓は長さ15cmぐらいのタラコのような形をした臓器で、胃の裏側にあります。触診が難しい位置で、異常があ... 続きを読む

GENKINGや今井翼が患った「メニエール病」ってどんな病気?【芸能人の健康まとめ】

めまいといえばメニエール病といわれるほど有名ですが、実際にはそれほど多い病気ではありません。メニエール病は内耳の病気で、繰り返すめまいに難聴や耳鳴りを伴うものです。一般に、片側の内耳の障害ですが、時には両側とも障害されることもあります。 メ... 続きを読む

頭痛・吐き気の原因は眼精疲労が原因? 眼精疲労の解消法

長時間パソコンを使ったり、本を読んだりしているとき、頭痛が起きたことはありませんか?
それ、眼精疲労から頭痛が発生しているかもしれません。その解消法をまとめました。 眼精疲労が頭皮まで固くして頭痛に 頭痛にはたくさんの種類がありますが、... 続きを読む

急に耳が聞こえなくなる難病-突発性難聴は早めの治療が大事

昨日まで健康には何の不安もなかったのに、朝起きたら片方の耳が詰まった感じであまり聞こえなくなっていた……。こんなふうに、全く突然に耳が聞こえなくなるのが突発性難聴(とっぱつせいなんちょう)。昨秋、シンガー・ソングライターのスガシカオさんが... 続きを読む

統合失調症ってどんな病気? 罹りやすい人の傾向があるって本当?

「統合失調症」という病名を聞いて、「どんな病気?」と首をひねる人は少なくないでしょう。実は、日本ではつい最近まで「精神分裂病」と呼ばれていました。この病名なら聞いたことがある人が多いと思いますが、ではどんな病気かと尋ねられたら、これまた首... 続きを読む