エスカゾールの効能・用量・副作用など

エスカゾールの基本情報

包虫症(エキノコックス症)はキタキツネなどを宿主とするエキノコックスが原因でおこる,肝臓に嚢胞(のうほう)をおこす寄生虫病です。日本で問題となるのは北海道でみられる多包虫症で,平均潜伏期間は20年ともいわれ,肝不全などに進行することもあります。

処方薬/市販薬 処方薬/先発品
分類 寄生虫・原虫用の薬>アルベンダゾール>アルベンダゾール
形状 錠剤
製造販売会社 グラクソ
保険薬価 錠剤200mg 1錠 414.30円

エスカゾールの効果・効能

包虫症

エスカゾールの用法・用量

1日600mgを3回に分けて服用。28日間連続服用した後,14日間休薬。

エスカゾールの使用上の注意と副作用

基本的注意

(1)服用してはいけない場合……妊婦または妊娠している可能性のある人(治療終了後も1カ月は妊娠を避ける)/本剤の成分に対するアレルギーの前歴
(2)定期検査……服用中は定期的に肝機能検査・血液検査を受け,異常の有無を確認しなければなりません。
(3)服用法……のみ込みにくい場合はかみ砕いてもかまいません。薬物の血中濃度の研究から,食事(脂肪食)とともに服用することが望ましいとされています。
(4)その他……
・授乳婦での安全性:未確立。服用するときは授乳を中止。
・小児での安全性:未確立。6歳未満は原則として服用しない。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

(1)汎血球減少症。(2)皮膚粘膜眼症候群(スティブンス-ジョンソン症候群),多形紅斑。(3)肝機能障害,黄疸。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

エスカゾール - PC

PCC  説明(別ウィンドウ表示)

エスカゾールに効果効能が似た薬

エスカゾールが気になる人向けのコラム

エゾウコギ

エゾウコギとは、北海道の東部に自生する植物です。朝鮮人参と同じウコギ科で、中国やシベリア北東部など限られた寒冷地に自生しています。中国では古くから漢方薬として使われていました。
日本で研究されはじめたのは約20年前ですが、生薬として ... 続きを読む

子宮頸がん予防ワクチン

「子宮頸がん」は、子宮の入り口にできるがん。国内で毎年約2万人が診断され、約3500人が亡くなっています。つまり、毎日約10人が亡くなる計算に。「発症のピークは35歳ですが、最近では20代の罹患率が高くなっています」(今野 良先生)... 続きを読む

蚊が増えるこれからがキケン!今年もデング熱流行に注意が必要!

2014年、日本では約70年ぶりの国内感染例が確認され、大きな話題となったデング熱。国内感染の患者数は、昨年だけで162人にものぼり、感染源となった代々木公園や新宿御苑はしばらく閉鎖されたほどでした。 蚊を媒介に感染が広がるデング熱、... 続きを読む

マリンプラセンタ

ご存知「プラセンタ」は、化粧品でブームを起こした、美肌成分をたっぷり含む哺乳動物(おもに人、豚、牛)の胎盤のこと。 「マリン」は、そのお魚版ということになりますが、卵を産むお魚には胎盤はありません…。 「魚には胎盤の代わりに、卵を守り育て... 続きを読む

「手足口病」が増加中、治療方法とうつらないための対策

国立感染症研究所などのまとめによると、「手足口病」の患者が西日本を中心に増えているそうです。警報を発令した県もあり、小さなお子さんを持つご家庭では、特に注意が必要です。 手足や口に水疱ができる手足口病 手足口病の症状 口腔粘膜、手... 続きを読む