アメパロモの効能・用量・副作用など

アメパロモの基本情報

パロモマイシン硫酸塩は服用時に消化管から吸収されにくいため,腸管内にて赤痢アメーバの原虫およびシスト(嚢子(のうし))に高濃度で作用し,殺アメーバ作用をもちます。国内外のガイドラインなどでは腸管アメーバ症の標準治療薬のひとつとされていて,日本でも1960~90 年代にかけて細菌性赤痢などを適応症として販売されていました。その後は承認が整理されたため国内では使用できない状況にありましたが,1998 年から国の研究班の責任においてパロモマイシン製剤が輸入され,赤痢アメーバ症の治療に使用できる体制が取られてきました。2010 年に厚生労働省からの開発要請を受けてファイザーが開発を進め,2013年2 月に保険収載されました。
なお,本剤は腸内の原虫およびシストに対してのみ活性を有するため,腸管外アメーバ症の治療には使用しません。

処方薬/市販薬 処方薬/先発品
分類 寄生虫・原虫用の薬>パロモマイシン>パロモマイシン硫酸塩
形状 カプセル剤
製造販売会社 ファイザー
保険薬価 カプセル剤250mg 1カプセル 444.20円

アメパロモの効果・効能

腸管アメーバ症

アメパロモの用法・用量

通常,1日1500mgを3回に分けて10日間,食後に服用。

アメパロモの使用上の注意と副作用

基本的注意

(1)服用してはいけない場合……イレウス(腸閉塞)/本剤の成分または他のアミノグリコシド系抗生物質およびバシトラシンに対するアレルギーの前歴
(2)慎重に服用すべき場合……便秘,消化管潰瘍などの腸病変/腎障害/重症筋無力症/前庭器官または蝸牛(かぎゅう)器官の損傷,難聴/経口摂取の不良な人,非経口栄養の人,全身状態の悪い人/妊婦または妊娠している可能性のある人,授乳婦/高齢者
(3)聴力障害……本剤は消化管からほとんど吸収されませんが,一般にアミノグリコシド系抗生物質では回転性めまい,難聴などが現れることがあるので注意が必要です。特に腎機能障害,高齢者,腸病変のある人では血中濃度が高まる可能性が考えられ,聴力障害の危険性がより大きくなるので,聴力検査を実施することが望まれます。
(4)偽膜性大腸炎……本剤による治療中または治療後に激しい下痢が続く場合には,抗生物質に関連する偽膜性大腸炎の可能性があるので直ちに処方医に相談してください。
(5)服用期間……本剤の治療効果を確実に得るためには10日間の服用が必要です。
(6)その他……
・妊婦での安全性: 未確立。有益と判断されたときのみ服用。
・授乳婦での安全性: 服用するときは授乳を中止。
・小児での安全性:未確立。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

(1)腎障害。(2)回転性めまい,難聴などの第8脳神経障害。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

アメパロモが気になる人向けのコラム

腸管免疫

あなたの体を守るシステム、それが「免疫」です。細菌やウイルスなどの病原体の侵入を感知し、抗体を作って自分の体をガードします。その機能が、なんと腸に備わっているのを知っていますか。「免疫システムの中心を担うのは白血球中の免疫細胞“リンパ球”で... 続きを読む

女性は注意すべきトキソプラズマ症の症状と予防法

トキソプラズマ症ってどんな病気ですか
トキソプラズマ症は日本人の約3割もの人が感染していると言われている感染症です。


トキソプラズマ症は自然界の動物に比較的広範囲にみられる人獣共通(じんじゅうきょうつう)感染症で、日本人でも成... 続きを読む

高齢者の暮らしを支える「地域包括ケア」とは-重要な5つの要素

現在わが国は高齢化率約25%、4人に1人が高齢者です。総人口がゆるやかに減少するなか、高齢者人口は増え続け、ますます高齢化が進んで約40年後の2055年には高齢化率約40%、2.5人に1人が高齢者になると推計されています(「平成25年版高... 続きを読む

L-92乳酸菌

現代病の代表と言われる、アレルギーに悩まされている人に朗報が。「L-92乳酸菌」が、花粉症や通年性アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎などの、つらい症状を緩和することがわかりました。 「乳酸菌というと思い浮かぶのが、ヨーグルトや乳酸菌飲料で... 続きを読む

小腸のはたらきとは? 消化・吸収・免疫の要|腸の病気について

消化管の約60~80%を占める小腸は、生体内で全長約3m(解剖時で6~7m)にも及び、体の中では最も長い管状の臓器です。胃の出口(幽門)から続く「十二指腸」、それにつながる「空腸」、「回腸」の3つの部分から成っています。
十二指腸は胃... 続きを読む