アザニンの効能・用量・副作用など

アザニンの基本情報

体外からの異物や体内で生じた物質を自分のものとは違うと判断し,それらを排除するなどして身体の恒常性を保とうとする反応を「免疫」といいます。臓器移植などで,この免疫反応が強すぎたとき,それを弱める薬です。
アザチオプリンは,体内で抗原抗体反応を抑制する6-メルカプトプリンに変換された後,核酸合成を阻害することで免疫抑制作用を発現します。

処方薬/市販薬 処方薬/先発品
分類 免疫抑制薬>アザチオプリン>アザチオプリン
形状 錠剤
製造販売会社 田辺三菱
保険薬価 錠剤50mg 1錠 148.50円
同じ分類の薬 先発薬: イムラン   

アザニンの効果・効能

腎移植・肝移植・心移植・肺移植における拒絶反応の抑制/ステロイド依存性のクローン病の緩解導入および緩解維持/ステロイド依存性の潰瘍性大腸炎の緩解維持/治療抵抗性の以下のリウマチ性疾患:全身性血管炎(顕微鏡的多発血管炎,ヴェゲナ肉芽腫症,結節性多発動脈炎,Churg-Strauss症候群,大動脈炎症候群など),全身性エリテマトーデス(SLE),多発性筋炎,皮膚筋炎,強皮症,混合性結合組織病,および難治性リウマチ性疾患

アザニンの用法・用量

処方医の指示通りに服用。

アザニンの使用上の注意と副作用

警告

(1)臓器移植を受ける人は,免疫抑制療法および移植者の管理に精通している医師のもとで服用しなければなりません。
(2)治療抵抗性のリウマチ性疾患にて服用するときは,緊急時に十分対応できる医療施設において,十分な知識と治療抵抗性のリウマチ性疾患治療の経験を持つ医師のもとで服用しなければなりません。

基本的注意

*アザチオプリン(イムラン)の添付文書による

(1)服用してはいけない場合……本剤の成分に対するアレルギーの前歴/白血球数が3,000/mm³以下の人/フェブキソスタット尿酸合成阻害薬(キサンチンオキシダーゼ阻害薬)服用中/妊婦または妊娠している可能性のある人
(2)慎重に服用すべき場合……骨髄機能抑制/感染症の合併/出血性素因/肝機能障害または肝炎の前歴/腎不全/水痘/アロプリノール尿酸合成阻害薬(キサンチンオキシダーゼ阻害薬)の服用中
(3)水痘・帯状疱疹……本剤の服用中に水痘(水ぼうそう)または帯状疱疹に感染すると,命にかかわることがあります。水痘・帯状疱疹にかかったことのない人はもちろん,かかったことのある人,予防接種を受けたことがある人でも,本剤の服用中は発症する可能性があるので十分な注意が必要です。水痘の症状(突然の発熱,全身の小紅斑・小水疱など),帯状疱疹の症状(皮膚に帯状の紅斑・小水疱,その部分の疼痛など)が現れたら,ただちに処方医へ連絡してください。
(4)避妊……本剤の服用によって,リンパ球に染色体異常のある児が出生したとの報告,また,動物実験で催奇形性が報告されています。本剤を服用中は男女ともに避妊をしてください。
(5)本剤と各種疾患……(1)動物実験で,悪性リンパ腫,外耳道の扁平上皮がんが発生したとの報告があります。(2)長波の紫外線と相乗的に作用して染色体異常をおこすとの報告があります。(3)肝中心静脈閉塞(症),結節性再生性過形成などの所見を認めたとの報告があります。(4)チオプリンメチルトランスフェラーゼ(TPMT)が遺伝的に欠損している人は,骨髄抑制が現れやすいとの報告があります。(5)副腎皮質ステロイド薬を含む免疫抑制治療を受けている臓器移植の人に,大腸炎,憩室炎,腸管穿孔(せんこう)などの重い消化器症状の発現が報告されています。
(6)定期検査……服用中は,定期的に血液や肝機能・腎機能などの検査を受ける必要があります。
(7)皮膚がん……免疫抑制薬の治療を受けた人では,本剤の服用で悪性腫瘍(特に皮膚がんなど)の発生率が高くなるとの報告があります。服用中は,UVカット素材の衣類の着用やサンスクリーンを使用し,直射日光を避けてください。
(8)その他……
・授乳婦での安全性:未確立。服用するときは授乳を中止。
・低出生体重児,新生児~幼児での安全性:未確立。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

(1)再生不良性貧血,汎血球減少,貧血,巨赤芽球性貧血,赤血球形成不全,無顆粒球症,血小板減少,出血。(2)ショック様症状(悪寒,戦慄,血圧降下など)。(3)感染症。(4)肝機能障害,黄疸。(5)悪性新生物(リンパ腫,皮膚がん,肉腫,子宮頸がん,急性骨髄性白血病,骨髄異形成症候群など)。(6)ひどい下痢。(7)進行性多巣性白質脳症(意識障害,認知障害,片麻痺,四肢麻痺,言語障害など)。(8)間質性肺炎(発熱,せき,呼吸困難など)。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

アザニン - PC

PCD  説明(別ウィンドウ表示)

アザニンが気になる人向けのコラム

難病指定されたクローン病とはどんな病気

クローン病は消化器の病気
クローン病は10代~20代の若者で多く発症し、口腔から肛門までの消化管のいたるところに潰瘍ができる病気です。潰瘍は特に小腸や肛門付近に多発する場合が多く、縦走潰瘍と呼ばれる細長い潰瘍が特徴的です。潰瘍が見られる... 続きを読む

ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク

外見からはわからない障害を抱えている人がつけるマークを知っていますか?杖をついていたり、車椅子に乗っているなど、障害が見た目に明らかであれば、電車などで席を譲ってもらうなどの配慮を受けやすいのですが、障害が目に見えにくいために人知れず困って... 続きを読む

イケメンを襲う肺気胸とは

イケメンの病気という噂は本当か
肺気胸はイケメン病とも呼ばれるほど、かっこいい人がなりやすい傾向があるらしいのです。


2007年11月1日、左自然気胸(肺気胸)のため約10日間の安静と通院を診断され加療
佐藤健 (俳優)とは... 続きを読む

見た目年齢に関係あり!血管を若く保つ5つのポイント

日本人の死因の1位はがんですが、2位は男女とも「心疾患」で、女性の3位は「脳血管疾患」(平成25年人口動態統計より)。心疾患も脳血管疾患も血管の老化が引き起こす病気で、女性の場合、この2つをあわせると1位のがんよりも多くなっています。 ... 続きを読む

インフルエンザや感染症の予防に役立つ食べ物とは?

新型インフルエンザの流行に加え、季節性インフルエンザや一般的なかぜの流行期でもあるこの季節。これらの感染症予防には「こまめな手洗い・うがい」がすすめられ、多くの人々が実行しています。
新型インフルエンザについては、予防ワクチンの接種が可... 続きを読む