ウブレチドの効能・用量・副作用など

ウブレチドの基本情報

重症筋無力症は,血液中にある種の抗体が過剰に存在するため,神経による筋肉のコントロールが正常に働かなくなることによりおこると考えられています。ここに分類した抗コリンエステラーゼ剤は,アセチルコリンを分解する酵素の働きを抑えて,副交感神経(迷走神経)を興奮させます。

処方薬/市販薬 処方薬/先発品
分類 その他の薬>筋無力症治療薬>ジスチグミン臭化物
形状 錠剤
製造販売会社 鳥居
保険薬価 錠剤5mg 1錠 20.70円
同じ分類の薬 先発薬: マイテラーゼ  ウブテック  メスチノン  ワゴスチグミン散  ジスチグミン臭化物   

ウブレチドの効果・効能

重症筋無力症
[ジスチグミン臭化物のみの適応症]手術後および神経因性膀胱などの低緊張性膀胱による排尿困難
[ネオスチグミン臭化物のみの適応症]消化管機能低下のみられる次の疾患→慢性胃炎,手術後および分娩後の腸管麻痺,弛緩性便秘症/手術後および分娩後における排尿困難

ウブレチドの用法・用量

1日5~20mgを1~4回に分けて服用。低緊張性膀胱による排尿困難の場合は,1日5mg。

ウブレチドの使用上の注意と副作用

警告

[ジスチグミン臭化物]本剤の服用により意識障害を伴う重篤なコリン作動性クリーゼを発現し,致命的な転帰をたどる例が報告されているので,服用に際しては下記の点に注意し,医師の厳重な監督のもと,状態に十分な注意を払ってください。
(1)本剤の服用中にコリン作動性クリーゼの徴候(初期症状:悪心・嘔吐,腹痛,下痢,唾液分泌過多,気道分泌過多,発汗,徐脈,縮瞳,呼吸困難など/臨床検査:血清コリンエステラーゼ低下)が認められた場合には,直ちに服用を中止すること。
(2)コリン作動性クリーゼが現れた場合は,アトロピン硫酸塩水和物0.5~1mg(患者の症状に合わせて適宜増量)を静脈内投与すること。また,呼吸不全に至ることもあるので,その場合は気道を確保し,人工換気を考慮すること。
(3)本剤の服用に際しては,副作用の発現の可能性について患者またはそれに代わる適切な人は十分に理解し,上記のコリン作動性クリーゼの初期症状が認められた場合には服用を中止するとともに直ちに医師に連絡し,指示を仰ぐこと。

基本的注意

*マイテラーゼ,ウブレチド,メスチノンなどの添付文書による

(1)服用してはいけない場合……本剤の成分に対するアレルギーの前歴/消化管または尿路の器質的閉塞/迷走神経緊張症/脱分極性筋弛緩薬(スキサメトニウム塩化物水和物)の使用中
(2)慎重に服用する場合……気管支ぜんそく/徐脈/消化性潰瘍/てんかん/パーキンソン症候群
[アンベノニウム塩化物]甲状腺機能亢進症/心臓障害/糖尿病
[ジスチグミン臭化物]甲状腺機能亢進症/心疾患(冠動脈疾患,不整脈)/腎機能障害/コリン作動薬やコリンエステラーゼ阻害薬の服用中/高齢者
[ピリドスチグミン臭化物]腎機能障害/冠動脈閉塞
[ネオスチグミン臭化物]甲状腺機能亢進症/冠動脈閉塞
(3)筋無力症状の悪化など……重症筋無力症の人が本剤を服用すると,ときに筋無力症状の重篤な悪化,呼吸困難,嚥下(えんげ)障害(クリーゼ)がおこることがあります。
(4)その他……
・妊婦での安全性:未確立。有益と判断されたときのみ服用。
・授乳婦での安全性:原則として服用しない。やむを得ず服用するときは授乳を中止。
・小児での安全性:未確立。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

(1)コリン作動性クリーゼ(悪心,嘔吐,腹痛,下痢,発汗,唾液分泌過多,気道分泌過多,縮瞳,徐脈,呼吸困難など)。
[ジスチグミン臭化物](2)狭心症,不整脈(心室頻脈,心房細動,房室ブロック,洞停止など)。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

ウブレチドが気になる人向けのコラム

膀胱炎は予防できるのか

膀胱炎の原因のほとんどは大腸菌だった
膀胱炎と聞くと、内部の炎症のような感じも受けますが、実は意外にもほとんどの場合は大腸菌が原因で起こります。


一般に、膀胱炎といえば急性膀胱炎のことを指します。
膀胱炎のほとんどは、尿道... 続きを読む

小顔効果がある顔ツボマッサージの方法-表情が明るくなる

パソコンや携帯メールの長時間使用で目の周りが緊張したり、人間関係のストレスなどで疲れが出た顔は、周りの人の気分も暗くしてしまいます。逆に、美人ではなくても明るく口角の上がった笑顔は、周りの人の気分も明るくしますし、若々しく見えるものです。... 続きを読む

腸管免疫

あなたの体を守るシステム、それが「免疫」です。細菌やウイルスなどの病原体の侵入を感知し、抗体を作って自分の体をガードします。その機能が、なんと腸に備わっているのを知っていますか。「免疫システムの中心を担うのは白血球中の免疫細胞“リンパ球”で... 続きを読む

希少糖

希少糖はその名の通り、自然界にごくわずかしか存在しない希少な糖。そのうちいくつかの種について、ダイエットやアンチエイジングといった健康・美容への効果と安全性がわかってきました。現在、希少糖入りの商品が次々と発売され、話題です。
「糖は大... 続きを読む

筋肉の仕組みとはたらきとは? 400種類以上ある骨格筋について

テレビのスポーツ映像で、トップアスリートたちの鍛え上げた筋肉の躍動を目にできるのは、勝敗観戦以外の魅力の1つです。人間の筋肉の分布を示す全身図には体中にすき間なく張り巡らされた筋肉が描かれていますが、そこから現実に躍り出てきたようなアスリ... 続きを読む