チャンピックスの効能・用量・副作用など

チャンピックスの基本情報

本剤は,日本初となる飲み薬の禁煙補助薬です。これまでわが国の禁煙治療では,ガム製剤や貼付剤が使用されていて経口剤は存在しませんでした。ガム製剤や貼付剤の主成分はニコチンで,苦しい禁煙時のニコチン離脱状態を和らげることによって禁煙達成を補助するのに対し,本剤はニコチンを含みません。
主成分はバレニクリン酒石酸塩で,大脳皮質にあるα₄β₂ニコチン受容体にニコチンに代わって結合することで禁煙に伴う離脱症状を軽減する作用をもっています。また,ニコチンに先んじて受容体を占有することで,再喫煙した場合にも満足感が得られにくくなり,禁煙を持続しやすくなる効果が期待されています。

処方薬/市販薬 処方薬/先発品
分類 その他の薬>バレニクリン酒石酸塩>バレニクリン酒石酸塩
形状 錠剤
製造販売会社 ファイザー
保険薬価 錠剤0.5mg 1錠 136.40円
錠剤1mg 1錠 244.20円

チャンピックスの効果・効能

ニコチン依存症の喫煙者に対する禁煙の補助

チャンピックスの用法・用量

1~3日目:1日1回0.5mg。4~7日目:1回0.5mgを1日2回。8日目以降:1回1mgを1日2回。

チャンピックスの使用上の注意と副作用

警告

 禁煙の治療にあたっては,さまざまな症状が現れることを自覚しておかなければなりません。特に,身体が元来もっている精神疾患の悪化を伴うことへの注意が必要です。本剤との因果関係は明らかでありませんが,抑うつ気分,不安,焦燥,興奮,行動または思考の変化,精神障害,気分変動,攻撃的行動,敵意,自殺念慮および自殺などの症状が出た場合は主治医に連絡してください。

基本的注意

(1)使用してはいけない場合……本剤の成分に対するアレルギーの前歴
(2)慎重に服用すべき場合……重度の腎機能障害/統合失調症,双極性障害,うつ病などの精神疾患/血液透析患者
(3)禁煙治療プログラム……本剤は医師の指導のもと,禁煙治療プログラムに基づいて適切に服用してください。
(4)服用上の注意……本剤は他の禁煙補助剤と併用してはいけません。
(5)保険給付上の注意……本剤の薬剤料は,「ニコチン依存症管理料」の算定に伴って処方された場合のみ保険が適用になります。また,処方箋による投薬の場合には,備考欄に「ニコチン依存症管理料に伴う処方である」との記載が必要です。保険適用施設については,いろいろな条件が付随していますので,すべての医療機関で保険が適用になるとは限りません。「禁煙外来のある施設」でネット検索するか,地域の医師会・薬剤師会にお問い合わせください。
(6)危険作業は中止……本剤を服用すると,傾眠,意識障害などをおこすおそれがあり,自動車事故に至った例も報告されています。服用中は,高所作業や自動車の運転など危険を伴う機械の操作は行わないようにしてください。
(7)その他……
・妊婦での安全性:未確立。有益と判断されたときのみ服用。
・授乳婦での安全性:服用するときは授乳を中止。
・小児での安全性:未確立。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

(1)皮膚粘膜眼症候群(スティブンス-ジョンソン症候群),多形紅斑。(2)血管浮腫(顔面,舌,口唇,咽頭,喉頭などの腫れ)。(3)意識障害(意識レベルの低下,意識消失など)。(4)肝機能障害,黄疸。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

チャンピックス - PC

PCC  説明(別ウィンドウ表示)

チャンピックスに効果効能が似た薬

チャンピックスが気になる人向けのコラム

湿疹やじんましんとは違う!実は怖い多形滲出性紅斑

湿疹やじんましんの原因は?
湿疹の主な原因は、刺激物に肌が触れることです。

刺激物とは、アクセサリー類などに使われている金属(ニッケルなど)や、ぎんなんなどの植物、服に使用されているゴム、洗剤や化粧品などに配合されている界面活性剤... 続きを読む

タバコをやめたい、やめられない! あなたに-保険適用できる禁煙補助

タバコをやめたい……喫煙者の中には、そう思っている人も少なくありません。タバコは肺ガンや虚血性心臓病、脳血管障害などのリスクを高め、健康面でのデメリットは多大です。この7月からタバコの価格が値上げになったこともあり、「今こそやめ時!」と思... 続きを読む

タバコとお口の健康‐受動喫煙による子どもの虫歯や色素沈着

人は生まれたときには、タバコを吸うことを知りません。しかし、からだへの害について何となく知りながら、多くの子どもたちが、20歳になれば合法であるタバコを20歳になる前に吸い始めます。「タバコは害になる」、「タバコはからだによくない」という... 続きを読む

親の喫煙が子どもの健康に与える恐い影響

毎年5月31日は、WHO(世界保健機関)が定める世界禁煙デーです。2008年は、若者がタバコの常習使用者になることを防ぐために、「若者へのタバコの売り込みをやめさせよう」というテーマが掲げられました。
わが国では、未成年者の喫煙防止の... 続きを読む

働く世代の喫煙率は下げ止まり-妊娠中、出産後の喫煙が問題

喫煙が肺がんだけでなく全身のがんのリスクを高め、脳卒中や心筋梗塞をはじめとするさまざまな病気の原因となることは広く知られるようになっています。しかし、喫煙率は一頃より減ってはいるものの、働く世代の男性ではまだまだ喫煙する人の多いことが、国... 続きを読む