ノックビン原末の効能・用量・副作用など

ノックビン原末の基本情報

シアナミドおよびジスルフィラムは,ともに肝臓中のアルデヒド脱水素酵素を阻害することで体内にアセトアルデヒドを蓄積させ,吐き気などの不快な症状をおこします。その結果としてアルコール類の摂取を避けさせる,または酒量を減らす効果を示します。

処方薬/市販薬 処方薬/先発品
分類 その他の薬>断酒薬>ジスルフィラム
形状 末剤
製造販売会社 田辺三菱
保険薬価 末剤   1g 46.60円
同じ分類の薬 先発薬: シアナマイド内用液   

ノックビン原末の効果・効能

[シアナミドの適応症]慢性アルコール中毒および過飲酒者に対する抗酒療法
[ジスルフィラムの適応症]慢性アルコール中毒に対する抗酒療法

ノックビン原末の用法・用量

通常1日0.1~0.5gを1~3回に分けて服用。飲酒試験の結果により用量を調整し維持量を決める。維持量は通常1日0.1~0.2gで,毎日続けるか,あるいは1週ごとに1週間の休薬期間を設ける。

ノックビン原末の使用上の注意と副作用

基本的注意

*シアナミド(シアナマイド内用液),ジスルフィラム(ノックビン原末)の添付文書による

(1)服用してはいけない場合……[共通]重い心障害/重い肝障害/重い腎障害/重い呼吸器疾患/アルコールを含む医薬品(エリキシル剤,薬用酒など)の使用中/妊婦または妊娠している可能性のある人
[ジスルフィラムのみ]アルコールを含む食品(奈良漬など)の摂取中,アルコールを含む化粧品(アフターシェーブローションなど)の使用中
(2)慎重に服用すべき場合……肝障害/腎障害/てんかんなどのけいれん性疾患またはこれらの前歴/脳の器質障害/糖尿病/甲状腺機能低下症/本剤に対するアレルギーの前歴/ジギタリスジギタリス製剤の使用中
(3)基本的な注意……本剤を服用中に飲酒した場合,急性アルコール中毒症状(顔面潮紅,血圧降下,吐き気,頻脈,めまい,呼吸困難,視力低下)が現れる場合があります。患者さんとその家族は十分に理解できるまで医師の説明を受けてください。また,飲酒試験が終了するまでは入院することが望まれます。本剤服用中は医師の指示によらないアルコール摂取は禁止です。
(4)危険作業は中止……注意力・集中力・反射運動能力などが低下することがあるので,本剤服用中は自動車の運転など危険を伴う機械の操作は行わないようにしてください。

副作用の注意
重大な副作用

(1)AST,ALT,γ-GTP,LDH,AL-P,ビリルビンなどの上昇を伴う肝機能障害や黄疸(シアナミドのみ長期投与時に肝細胞にスリガラス様封入体が現れることがあります)。
[シアナミドのみ](2)皮膚粘膜眼症候群(スティブンス-ジョンソン症候群),中毒性表皮壊死融解症(TEN),落屑(らくせつ)性紅斑。(3)再生不良性貧血,汎血球減少,無顆粒球症,血小板減少。(4)薬剤性過敏症症候群(発疹,発熱,リンパ節腫脹,肝機能障害,白血球増加,好酸球増多,異型リンパ球出現など)。
[ジスルフィラムのみ](5)重い脳障害(見当識障害,記憶障害,錯乱など)。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

ノックビン原末 - PC

PCC  説明(別ウィンドウ表示)

ノックビン原末が気になる人向けのコラム

しゃっくりは横隔膜のけいれん-なんで起こるの?病気が原因かも

熱いものを飲んだときや大笑いをしたとき、あるいはお酒を飲みすぎたようなとき、不意にしゃっくりが起こってなかなか止まらずに困った、という経験はありませんか。自分の意思とは無関係に「ヒクッ」「ヒクッ」と続くとわずらわしいものですが、そのうち何... 続きを読む

急性アルコール中毒を予防する-周囲が気をつける9つのポイント

早いもので、今年も残すところあとわずか。忘年会に新年会と、宴会シーズンがやってきます。程よく飲む分には百薬の長となりえる酒が、実は、かなりのトラブルメーカーであることはご承知のとおりです。毎年この時期、急性アルコール中毒での救急搬送が多く... 続きを読む

増加傾向の大腸がん-16の危険度セルフチェック 食事のコツ

かつて、欧米人に比べると、日本人には大腸がんにかかる人が少ないといわれていました。ところが近年、日本人にも大腸がんにかかる人が増えてきました。
また、患者数の増加に伴い、大腸がんで亡くなる人の数も増えてきています。厚生労働省の人口動態... 続きを読む

便秘がちな女性は痔になりやすい? 予防と治療に一番良いこと

痔(じ)は「お尻のかぜ」と言われるくらい誰でも普通にかかる病気。日本人の3人に1人が「痔主」と言われています。痔の最大の原因といえば便秘ですが、女性には便秘の人が多いため、たくさんの女性が痔に悩んでいます。しかし場所が場所だけに、「もしか... 続きを読む

ストレス溜まっていませんか? こんな症状があったら要注意

新年度になって、早くも4カ月近くが経過しました。就職、転職、人事異動、昇進・昇格、転勤など、それまでの役割や仕事内容などが変わったり、職場の人間関係が変わったりなど、働く環境に変化があった人も少なくないでしょう。
新しい環境にすんなりな... 続きを読む