オラペネム小児用細粒の効能・用量・副作用など

オラペネム小児用細粒の基本情報

世界初の経口カルバペネム系抗菌薬です。小児の肺炎や急性中耳炎,急性副鼻腔炎は,肺炎球菌やインフルエンザ菌が主な起炎菌であり,今まではペニシリン系グラム陽性菌用ペニシリン広域感性ペニシリングラム陰性桿菌用ペニシリン,セフェム系セフェム系抗生物質,マクロライド系マクロライドといった経口抗菌薬が使用されていました。
しかし,これらの抗菌薬は耐性菌の増加のため,効きめが悪くなってきました。本剤は,小児感染症で問題になっている耐性菌にも有効性が確認されています。本剤の使用に際しては,他の抗菌薬による治療効果が期待できないときに限り使用することとなっています。

処方薬/市販薬 処方薬/先発品
分類 その他の広域感性抗生物質>テビペネム ピボキシル>テビペネム ピボキシル
形状 細粒剤
製造販売会社 MeijiSeika
保険薬価 細粒剤100mg 1g 597.50円

オラペネム小児用細粒の効果・効能

肺炎,中耳炎,副鼻腔炎
[有効菌種]黄色ブドウ球菌,レンサ球菌属,肺炎球菌,モラクセラ(ブランハメラ)・カタラーリス,インフルエンザ菌

オラペネム小児用細粒の用法・用量

1回4mg/kg(体重)を1日2回,最大1回量6mg/kg。

オラペネム小児用細粒の使用上の注意と副作用

基本的注意

(1)服用してはいけない場合……本剤の成分に対するショックの前歴/バルプロ酸ナトリウムの服用中
(2)特に慎重に服用すべき場合(原則禁忌)……本剤の成分に対するアレルギーの前歴
(3)慎重に服用すべき場合……カルバペネム系,ペニシリン系およびセフェム系抗生物質に対するアレルギーの前歴/本人または両親,兄弟に気管支喘息,発疹,じん麻疹などのアレルギー症状を起こしやすい体質を有する人/重い腎機能障害/経口摂取の不良な人または非経口栄養の人,全身状態の悪い人/てんかんなどのけいれん性疾患の前歴
(4)下痢・軟便……3歳未満の小児では下痢・軟便がおこる頻度が高いので,これらの症状がみられた場合には速やかに処方医へ連絡してください。
(5)その他……
・妊婦での安全性:有益と判断されたときのみ服用。
・低出生体重児,新生児での安全性:未確立。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

(1)(小児,とくに乳幼児で)低カルニチン血症に伴う低血糖(けいれん,意識障害など)。
[他のカルバペネム系抗生物質において](2)ショック,アナフィラキシー様症状(不快感,口内異常感,喘鳴,めまい,便意,耳鳴り,発汗など)。(3)けいれん,意識障害などの中枢神経症状。(4)偽膜性大腸炎などの血便を伴う重篤な大腸炎(腹痛,頻回の下痢)。(5)急性腎不全などの重い腎機能障害。(6)無顆粒球症,溶血性貧血,汎血球減少症。(7)皮膚粘膜眼症候群(スティブンス-ジョンソン症候群),中毒性表皮壊死融解症(TEN)。(8)間質性肺炎,PIE症候群。(9)劇症肝炎などの重い肝機能障害,黄疸。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

オラペネム小児用細粒に効果効能が似た薬

オラペネム小児用細粒が気になる人向けのコラム

実は「うがい」は不要だった?【インフルエンザの予防法】最新情報

2011-2012年の冬シーズンから、国の公的機関におけるインフルエンザ予防法の中にあった「うがいの励行」が消えました。最近アップされた首相官邸のホームページにある「(季節性)インフルエンザ対策」にも、マスクや手洗いの励行はあっても、「... 続きを読む

腸内の招かざる客?!太る原因は「デブ菌」だった! 撃退法はある?

最近、テレビ番組でも特集されるなど、一躍注目を浴びている「デブ菌」を知っていますか?なんともストレートなネーミングですが、腸内で消化されたものを排出せず体内に溜め込む菌のことをいうそうです。「食べる量は人並みなのに太ってしまう…」、「運... 続きを読む

目やにが大量にでるのは病気? 目やにの原因とケアの正しい仕方

「目くそ鼻くそを笑う」ということわざがあります。自分の欠点には気づかずに、他人の欠点を見下すことの例えです。確かにいますよね、こういう人。なぜ目くそ(目やに)と鼻くそが例えに用いられるのかというと、元は一緒で汚さではどっちもどっち、同じよ... 続きを読む

高齢者に致命的になる肺炎-予防のための生活改善6カ条

日本では1年間に12万人近くもの人が肺炎で亡くなっており、肺炎はがん、心疾患、脳血管疾患に次いで日本人の死因の第4位となっています(「2010年人口動態統計(確定数)の概況」より)。しかも肺炎による死亡率は増え続け、近い将来、横ばいから減... 続きを読む

デブ菌までわかる! 郵送で簡単【腸内細菌検査キット】

腸内環境が私たちの体質や病気のなりやすさに関係していることがわかり、熱い注目を集めています。腸内環境は、腸の中に住んでいる何百兆もの腸内細菌の集団=腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう)の状態によって左右され、例えば「デブ菌」として話題の... 続きを読む