スタラシドの効能・用量・副作用など

スタラシドの基本情報

注射薬として白血病治療に用いられてきたシタラビンから導き出された誘導体で,そのものには抗腫瘍活性はほとんどありませんが,内服後肝臓で代謝を受けて有効成分のシタラビンになります。

処方薬/市販薬 処方薬/先発品
分類 代謝拮抗薬>シタラビンオクホスファート>シタラビンオクホスファート水和物
形状 カプセル剤
製造販売会社 日本化薬
保険薬価 カプセル剤50mg 1カプセル 422.30円
カプセル剤100mg 1カプセル 721.60円

スタラシドの効果・効能

成人急性非リンパ性白血病(ただし,強力な化学療法が対象となる人はその療法を優先)/骨髄異形成症候群

スタラシドの使用上の注意と副作用

基本的注意

(1)服用してはいけない場合……本剤の成分に対する重いアレルギーの前歴
(2)慎重に服用すべき場合……骨髄機能抑制/感染症の合併/薬物過敏症の前歴/肝機能障害/小児,高齢者
(3)治療の優先順位……本剤は,2~3週間連日服用することで効果が現れる薬剤です。そのため,寛解導入療法などの強力な化学療法が対象となる人は本剤の服用は避け,寛解導入療法を優先的に実施することになります。
(4)感染症,出血傾向……服用によって,感染症,出血症状の発現または悪化がおこりやすくなるので,状態に十分注意してください。
(5)頻回に検査……骨髄機能抑制などの重い副作用がおこることがあるので,頻回に血液,肝機能,腎機能などの検査を受ける必要があります。
(6)性腺への影響……小児および生殖可能な年齢の人が服用すると,性腺に影響がでることがあります。処方医とよく相談してください。
(7)その他……
・妊婦での安全性:原則として服用しない。
・授乳婦での安全性:原則として服用しない。やむを得ず服用するときは授乳を中止。
・小児での安全性:未確立。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

(1)骨髄機能抑制(白血球減少,貧血,血小板減少,汎血球減少など)。(2)間質性肺炎(発熱,呼吸困難など)。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

スタラシドが気になる人向けのコラム

医療費控除の対象になる費用、ならない費用

医療費控除の対象になるもの
医療費控除は、病気や怪我の治療にまつわるものならほとんどが対象になります。
病院の領収書はもちろんのこと、通院のタクシー代なども控除の対象ですのでレシートをしっかりとっておきましょう。
また接骨院などの領... 続きを読む

確定申告で取り戻せるお金 医療費控除

年間10万円以上の医療費なら確定申告しよう!
1月1日~12月31日の間に、10万円以上医療費がかかったら、10万円を超えた分は還付されることになります。それを医療費控除と呼びます。
医療費控除を行うことで、最高200万円までの所得税... 続きを読む

衝撃 アザで発覚する白血病の恐怖

そもそも白血病とは

血液のがんの一つ。かつては不治の病と言われたが、治療法の進歩によりタイプによっては完治が期待できるようになった。血液中の赤血球、白血球、血小板などの血液細胞のもとになる細胞を造血幹細胞と言う。造血幹細胞は一定の決... 続きを読む

白血病の基礎知識 病気の特徴と症状|主な検査方法

白血病は血液のがんの一つです。かつては「死に至る病」ともいわれましたが、診断法や治療法が進歩して治癒率もかなり上がり、現在では完治が期待できる病気の一つになっています。
国立がん研究センターがん対策情報センターの「最新がん統計」による... 続きを読む

【画像付】リンパを流してむくみ解消!リンパマッサージの正しい方法

「リンパマッサージ」って聞いたことはあるけど、どんなことをするんだろう?
と思っている人も多いはず。リンパとは、静脈に沿って全身に網の目状に張り巡らされた「リンパ管」、その中を流れる体液「リンパ液」、わきの下や太もものつけ根などにある、リ... 続きを読む