セニラン坐剤の効能・用量・副作用など

セニラン坐剤の基本情報

ジアゼパムの坐薬は熱性けいれんを経験した小児に対して予防的に使用されます。37.5度以上の発熱時に使用し,8時間後に解熱していない場合に再度使用するのが標準的です。参考:内服のベンゾジアゼピン系安定薬ベンゾジアゼピン系安定薬を参考にしてください。

処方薬/市販薬 処方薬/先発品
分類 催眠・鎮静薬>ベンゾジアゼピン系薬剤>ブロマゼパム
形状 坐剤
製造販売会社 サンド
保険薬価 坐剤3mg 1個 104.00円
同じ分類の薬 先発薬: ダイアップ坐剤   

セニラン坐剤の効果・効能

[ブロマゼパムの適応症]麻酔前の鎮静・催眠
[ジアゼパムの適応症]小児における熱性けいれん・てんかんのけいれん発作の改善

セニラン坐剤の使用上の注意と副作用

基本的注意

*ジアゼパム(ダイアップ坐剤)の添付文書による

(1)使用してはいけない場合……急性狭隅角緑内障/重症筋無力症/低出生体重児・新生児/リトナビルエイズ治療薬(2)(HIVプロテアーゼ阻害薬)の服用中
(2)慎重に使用すべき場合……心障害,肝機能障害,腎機能障害/脳に器質的疾患のある人/中等度または重篤な呼吸不全/乳児/衰弱者
(3)その他……
・妊婦での安全性:有益と判断されたときのみ使用。
・授乳婦での安全性:原則として使用しない。やむを得ず使用するときは授乳を中止。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

(1)大量連用による依存性,連用・大量使用時の急激な減量・中止によるけいれん,ふるえ,不安などの離脱症状。(2)(統合失調症などの人で)刺激興奮,錯乱。(3)(呼吸器疾患で)呼吸抑制。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

セニラン坐剤が気になる人向けのコラム

意外と身近なてんかん(癲癇)とはどんな病気

てんかん(癲癇)てどんな病気
てんかんとは、突然意識を失い痙攣を引き起こす怖い病気であると誤解されることの多いてんかん(癲癇)ですが、その症状や程度は人によりさまざまで、必ずしも痙攣や意識消失を伴うわけではありません。


現在、... 続きを読む

生理日が変えられるピル-生理痛の緩和や避妊にも、けど副作用も

生理不順や生理痛に苦しむ女性の強い味方として、使う人も増えている「低用量ピル」。生理痛がある場合は保険適用になります。低用量ピルが生理をコントロールするメカニズムや、上手な利用の仕方についてご紹介します。 低用量ピルの成分とはたらき ... 続きを読む

健康と美のパーソナルアドバイザー 知って得する“相談薬局”の底力

相談薬局は病院に行くかどうか迷ったときも頼りになるアドバイザー。 不調の時、病院に行く前に利用して、地域に根付いた相談薬局をかかりつけの健康パートナーにしましょう。 実は身近にいた、健康のスペシャリスト 体が不調になった時、あなたは... 続きを読む

年齢ごとに異なる理想的な睡眠時間は? 昼寝は健康にいい?

私たちは睡眠によって脳や体の疲れを回復させています。睡眠時間が不足したり、時間は足りていても深い眠りが得られないような場合、生活習慣病やうつ病などにつながることがわかってきました。
一言で「理想的な睡眠」といっても、人によって、また世... 続きを読む

足がつるのは恐ろしい病気の前兆かも!?

足がつる原因は大きく3つ
夜中寝ているときに突然、足がつる主な原因は3つ、「筋肉疲労」「冷え」「マグネシウム不足」です。
筋肉の疲労からくることが多く、運動をして普段使わない筋肉に過度な負荷がかかり、筋肉がこわばってしまいます。
... 続きを読む