ルピアール坐剤の効能・用量・副作用など

ルピアール坐剤の基本情報

フェノバルビタールの坐薬は作用時間が長いため,効きすぎ(ふらつきなどの副作用)への注意が特に必要です。参考:内服のバルビツール酸誘導体バルビツール酸誘導体を参考にしてください。

処方薬/市販薬 処方薬/先発品
分類 催眠・鎮静薬>フェノバルビタールナトリウム>フェノバルビタールナトリウム
形状 坐剤
製造販売会社 久光
保険薬価 坐剤25mg 1個 40.00円
坐剤50mg 1個 55.10円
坐剤100mg 1個 69.40円
同じ分類の薬 先発薬: ワコビタール坐剤   

ルピアール坐剤の効果・効能

小児に対して経口服用が困難な場合→(a)催眠,(b)不安・緊張状態の鎮静,(c)熱性けいれん・てんかんのけいれん発作の改善

ルピアール坐剤の使用上の注意と副作用

基本的注意

*フェノバルビタールナトリウム(ワコビタール坐剤)の添付文書による

(1)使用してはいけない場合……本剤の成分またはバルビツール酸系薬剤バルビツール酸誘導体に対するアレルギー/急性間欠性ポルフィリン症/ボリコナゾール深在性真菌治療薬,タダラフィル(アドシルカ)肺動脈性肺高血圧症治療薬(3),リルピビリン塩酸塩エイズ治療薬(1)の服用中/妊婦
(2)慎重に使用すべき場合……呼吸機能の低下している人/頭部外傷後遺症または進行した動脈硬化症/心疾患/肝機能障害,腎機能障害/薬物アレルギー/アルコール中毒/薬物依存傾向またはその前歴/重い神経症/甲状腺機能低下症/新生児・低出生体重児/高齢者,虚弱者
(3)その他……
・授乳婦での安全性:原則として使用しない。やむを得ず使用するときは授乳を中止。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

(1)皮膚粘膜眼症候群(スティブンス-ジョンソン症候群),中毒性表皮壊死融解症(TEN),剥脱(はくだつ)性皮膚炎。(2)アレルギー症候群(初期症状:発疹,発熱,リンパ節腫脹,肝機能障害,白血球増加,好酸球増多,異型リンパ球出現など)。(3)連用による薬物依存,連用中の急激な減量・中止による離脱症状(不安,不眠,けいれん,悪心,幻覚,妄想,興奮,錯乱など)。(4)顆粒球減少,血小板減少。(5)肝機能障害。(6)呼吸抑制。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

ルピアール坐剤に効果効能が似た薬

ルピアール坐剤が気になる人向けのコラム

悪玉コレステロールのLDLコレステロール-本当は必要な存在

脂質異常症は、高血圧と同様ほとんど無症状のため自分では気づきにくく、健康診断をきっかけに見つかることが多い病気です。脂質異常症は動脈硬化のリスクを高め、心筋梗塞や狭心症などの虚血性心疾患のリスクを増加させるとされています。今回は、脂質検査... 続きを読む

チック症と発達障害の関係とは? てんかんとの違い|症状や原因

咳払いや肩をすくめることが繰り返し起こるチック症。チック症と似た症状がてんかんにもありますが、この2つの原因は異なります。症状や違いをまとめました。 チック症が慢性化しているとトゥーレット症候群と診断 4~11歳頃に発症することが多い... 続きを読む

冷えとむくみを解消する 脚のツボとマッサージ方法-イラスト解説付き

一日中立ち仕事、あるいはデスクワークで座りっぱなしという人たちに共通する悩みの一つは、脚のむくみでしょう。夕方になると脚がむくんでパンパンになり、靴がきゅうくつで痛かったり、脚全体がだるくなったりします。
このむくみの原因は、体のすみず... 続きを読む

健康診断の心電図で何がわかるの? ジグザグの波形が示す心臓の状態

心電図は不整脈や心筋梗塞などの診断に役立ち、異常の場所の特定にも役立ちます。心筋細胞の収縮による電気を皮膚の上から記録。ただし全ての心臓の異常がわかるわけではないことにも注意。 心臓細胞が発する電気によって心拍のリズムや心筋の異常がわか... 続きを読む

成人になってからでも発症するぜんそく-治療法や気をつけること

ぜんそくの発作は薬の吸入などで治まり、発作が治まると何事もなかったようにケロっとして、健康な人と変わらない生活を送ることができます。しかし、気道の炎症は静かに続いています。
前回述べたように、ぜんそくは、気道が慢性的な炎症によって狭く... 続きを読む